けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

多くの医療機関で診療でき、
インフルエンザ予防接種を受けられる体制に
協力体制|仲間|人物 - ピクトグラム 無料イラスト 

10月からの体制移行の基本的な考え方は以下の通り――

I. 外来・検査体制の整備
地域の実情に応じて、多くの医療機関で発熱患者を診療できる体制を整備する

II. インフルエンザワクチンの接種
インフルエンザワクチンの供給量を確保・効率的なワクチン接種を推進するとともに、
優先的な接種対象者への呼びかけを実施する

III. 「新しい生活様式」の徹底をはじめとする公衆衛生対策
3密(密閉、密集、密接)の回避や手洗いの励行などの感染症対策を徹底する


高齢者や糖尿病などの基礎疾患をもつ人には、とくにインフルエンザの予防接種が勧められている

糖尿病の人は血糖コントロールが良くない状態が続くと、
インフルエンザなどの感染症に対する体の免疫機能が低下している場合がある

出典:厚生労働省、2020年

 
これまで、主な相談先となっていた、保健所などに設置された帰国者・接触者相談センターは、
機能を基本的に縮小し、「受診・相談センター(仮称)」として主に医療機関の案内を担う

地域によっては、自治体のホームページで、検査できる医療機関名を見られるようになる

地域の医師会などが設ける検査センターなどでも引き続き検査を受けられる

第1波では保健所で検査の要望が集中し、検査にたどりつけない患者が出た反省をふまえ、
保健所の負担を軽減する狙いもある

新型コロナとインフルエンザ同時流行に備える
厚生労働省の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ... 

今年の冬は、季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症が同時に流行することが予想されている

しかし、この2つの感染症を臨床的に鑑別するのは困難だ

またCOVID-19の流行が懸念されるなか、インフルエンザワクチンの需要も高まると見られている

そこで厚生労働省は、COVID-19に備えた外来や検査の体制を強化する対策として、
10月中に、発熱症状があり、新型コロナウイルス感染症が疑われる場合は、
地域の医療機関で迅速に検査を受けられるようにすることを発表した

相談・受診の前に心がけたいこと

 発熱などの風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える

 発熱などの風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく

 基礎疾患(持病)を持っていて症状に変化がある場合、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な人は、まずは、かかりつけ医などに電話で相談する


新しい体制では、感染が疑われる人は、身近な医療機関に電話で相談するのが基本となる

検査ができる診療所などを「診療・検査医療機関(仮称)」として自治体が指定する

相談先が検査可能であれば、そのまま予約して検査を受けられる

相談先が検査を行っていない場合は、検査可能な医療機関を紹介してもらう

新型コロナについて「かかりつけ医」に相談する時の目安

(1) 糖尿病などの基礎疾患を持っていて、発熱など症状に変化がある人は、まずは、かかりつけ医に電話で相談する

(2) かかりつけ医より、「どの医療機関を受診すればよいか」「どのタイミングで受診すればよいか」といった指示を受ける

(3) 相談する医療機関に迷った場合には、「受診・相談センター(仮称)」に電話で相談する

10月から新型コロナについての相談先を地域のかかりつけ医などが担う

出典:厚生労働省、2020年

多目的ホールでは観客がマスクを付け間を空けて座ることが必須
とぎつカナリーホール1階席の写真|フリー素材は「ぱくたそ」写真を ... 

コロナでイベント開催の自粛を求められている多目的ホールでの飛沫拡散のシミュレーションも実施した

川崎市にある1万4,000平方メートルの多目的ホールで2,000人が着席した状態を想定した

多目的ホールは換気を考え、客席の下部にエアコンが取り付けられた設計になっており、
仮に汚れた空気であっても、客席では数分、全体では10分で空気が入れ替わった

観客がマスクを付けて間を空けて座れば、
エアロゾルによる感染リスクは、ほぼ問題ないレベルだという

客席で連続して強い咳をした場合のシミュレーションも実施した

マスクをしないでいると、飛沫は前列の人たちまでが広がるが、
マスクをした場合は、小さな飛沫はまわりに漂うものの拡散は抑えられることが分かった

舞台上の演者がせきをした場合は、小さな飛沫が2~3メートル飛散し、エアコンの風で拡散する

そのため、観客は舞台から一定の距離を取って座ることが望ましいという

観客がマスクを付けてて間を空けて座れば感染リスクは抑えられる
出典:理化学研究所、2020年


「エアコンの併用や窓開けなどによる換気を徹底した上で、観客を半分程度にして、全員にマスク着用を求めることが大切。今後の制限については、地域でクラスターが発生していないかを見極めながら、徐々に緩めていくことになるだろう」と、坪倉氏は指摘している

研究グループは今後は、公共交通機関での評価にも取り組む予定だ

すでに通勤列車での検討は発表しているが、
タクシー、バス、飛行機などでもシミュレーションを実施するという

スーパーコンピュータ「富岳」記者勉強会
室内環境におけるウイルス飛沫感染の予測とその対策

このページのトップヘ