けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

糖質を取り過ぎると肝臓の脂質代謝のリズムが乱れる
「肝臓 画像 無料」の画像検索結果 







食品によって体内のリズムは変化する

名古屋大学のグループによる研究では、糖質を取り過ぎると、肝臓の脂質代謝のリズムが乱れて、
中性脂肪を蓄積しやすくなることが解明された

2型糖尿病や高血圧の前段階であるメタボリックシンドロームの主な原因は、食べ過ぎや運動不足などだが、糖質の取り過ぎも影響している

世界保健機関(WHO)は1日の糖質の摂取量を摂取エネルギー総量の5%未満にすることを推奨している

名古屋大学大学院生命農学研究科の小田裕昭准教授らの研究グループは、ラットの実験で、
糖質の取り過ぎにより脂質代謝異常(脂肪肝、高中性脂肪)を発症するメカニズムを詳しく調べた

その結果、糖質(ショ糖)の取り過ぎにより、肝臓の脂質代謝の概日リズムが乱され、
中性脂肪が蓄積されやすくなることを解明した

ショ糖を構成する果糖とブドウ糖は、わずかな構造上の違いがあるだけにもかかわらず、
代謝におよぼす影響が大きく異なり、それに体内時計が関係していることも分かった

脂質が過度に合成されると、肝臓に中性脂肪がたまりやすくなる

この脂肪肝が進行すると非アルコール性の脂肪性肝炎になり、
さらに進行すると肝硬変などに移行しやすくなる

また、脂肪肝はインスリン抵抗性を引き起こす

小田准教授らは「デザートは別腹と言うように甘味には特別な魅力がある。ショ糖や果糖の取り過ぎによるメタボリックシンドロームの予防への手がかりになると期待される」としている
 

高カロリー飲料は内臓脂肪も増やす

高カロリー飲料を飲み過ぎると、
内臓脂肪が増えるという研究も発表されている

内臓脂肪が過剰になると、ホルモン分泌に異常があらわれ、
血糖を下げるインスリンの効きが悪くなる

「インスリン抵抗性」

が起こりやすくなる

これは2型糖尿病と心臓病のリスクを高める原因になる

米国で実施されている「フラミンガム心臓研究」は、
心筋梗塞や脳卒中の効果的な予防策を調べるための大規模研究

米国国立心臓・肺・血液研究所の研究チームは、1,003人(平均年齢45歳)の参加者を対象に、
6年間追跡して調査した。参加者は内臓脂肪の変化を測定するためにCTスキャンによる検査を受けた

その結果、高カロリー飲料を飲む頻度の高い人ほど、内臓脂肪が増えることが明らかになった

内臓脂肪の体積の増加は、高カロリー飲料を月に1回または週に1回未満しか飲まない人では649cm³、
1週間に1回または1日1回未満の人では707cm³、毎日1杯以上飲む人では852cm³になった

「高カロリー飲料の摂取量の増加と、内臓脂肪の増加との間に、直接的な相関関係があることが明らかになりました。食事ガイドラインにしたがい、高カロリー飲料の飲み過ぎには注意が必要です」と、フラミンガム研究に携わったキャロライン フォックス氏は言う

高カロリー飲料が糖尿病リスクを上昇
「高カロリー 画...」の画像検索結果 







ハーバード公衆衛生大学院の研究によると、
ジュースやコーラなどの高カロリーの清涼飲料を多く飲む人は、2型糖尿病のリスクが高い

研究チームは、3件の長期研究――看護師健康研究(Nurses' Health Study)、
看護師健康研究II(Nurses' Health Study II)、
医療従事者追跡研究(Health Professionals' Follow-up Study)に参加した、
19万2,000人の男女の22〜26年分のデータを解析した

その結果、高カロリーの飲料を1日に約114g(4オンス)、4年間飲み続けると、
2型糖尿病の発症リスクが16%上昇することが分かった

ジュースやコーラは350mL(12オンス)で売られることが多く、
この3分の1の量で糖尿病リスクは上昇することになる

糖尿病のリスクは100%フルーツジュースであっても上昇するという

一方、1日に1杯の高カロリー飲料を、水や、無糖のコーヒーやお茶に置き換えると、
糖尿病リスクは2~10%減少した

米国心臓学会(AHA)は、高カロリーの清涼飲料を1日に85g(3オンス)未満に抑え、
摂取カロリーが1週間に450kcalを超えないようにすることを勧めている

これは週に350mL入りの缶2本に相当する

このページのトップヘ