けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

健康・長寿のための食事は万国共通
「ヒント 画像 無...」の画像検索結果 







世界保健機関(WHO)は、各国の食文化の違いを超えて共通している、
より健康的に生きるために必要な「5つの食事のヒント」を提案している

栄養バランスが良く、エネルギー摂取量を適正にコントロールした食事は、
肥満、2型糖尿病、心臓病、さまざまな種類のがんなどを予防・改善するために不可欠だ

健康的な食事により免疫も改善し、体が感染症と闘う能力を高めるのにも役立つ

「健康的な食事の内容や、必要なエネルギー量は、年齢や身体活動レベル、在住している地域で利用できる食品などによって変わってきます。しかし、国や文化を超えて、健康で長生きするために勧められる食事には共通する特徴があります」としている

4 糖質を摂り過ぎない 

糖質を摂り過ぎは、体重増加や肥満につながり、2型糖尿病のリスクを高める

糖質は食塩と同じように、加工食品に多く含まれ、見ただけではどれだけ含まれるのかは分からない

実際には、1缶の清涼飲料に小さじ10杯の砂糖に相当する糖質が含まれる

加工食品や清涼飲料を利用するときは栄養表示をよく見るようにする

エネルギードリンクやスポーツドリンク、缶コーヒー、
フレーバーミルクなどの甘い食品を摂るときには注意が必要だ

低カロリー甘味料は、血糖を上げることがなく、体重管理に有用で、
肥満や2型糖尿病の改善に役立つという報告がある

しかし、摂り過ぎると味覚が甘味に慣れてしまい、結果として食べ過ぎにつながるおそれもあるので、
過剰摂取にはやはり注意が必要

健康・長寿のための食事は万国共通
「ヒント 画像 無...」の画像検索結果 







世界保健機関(WHO)は、各国の食文化の違いを超えて共通している、
より健康的に生きるために必要な「5つの食事のヒント」を提案している

栄養バランスが良く、エネルギー摂取量を適正にコントロールした食事は、
肥満、2型糖尿病、心臓病、さまざまな種類のがんなどを予防・改善するために不可欠だ

健康的な食事により免疫も改善し、体が感染症と闘う能力を高めるのにも役立つ

「健康的な食事の内容や、必要なエネルギー量は、年齢や身体活動レベル、在住している地域で利用できる食品などによって変わってきます。しかし、国や文化を超えて、健康で長生きするために勧められる食事には共通する特徴があります」としている

3 脂肪の摂り方に注意する

特定の脂肪は体に悪いことが明らかになっている

なかでも、マーガリンやドーナッツなどの洋菓子、揚げ物など、
工業生産された食品に含まれるトランス脂肪酸は、肥満、心臓病、脳卒中のリスクを高めるので、
なるべく摂らないようにする

油の多い肉類、ラード、バターなど、主に動物性食品に含まれる飽和脂肪酸も、
摂り過ぎると動脈硬化を進行させる

油というと、炒めたり揚げたりする目に見えるものをイメージしがちだが、
菓子やパン類、カレールーなどの加工食品にも含まれる

一方、不飽和脂肪酸は、サケ・ニシン・イワシなどの魚の脂や、植物性食品に多く含まれ、
動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、悪玉のLDLコレステロールを減らすなど、
さまざまな効果を期待できる

飽和脂肪酸を控えて魚介類、ナッツ類、豆類、オリーブ油・キャノーラ油・大豆油等の植物油を摂取することで、脂肪酸のバランスを整えられる

肉を調理するときは、油を揚げるのではなく、蒸したり煮たりして、なるべく脂肪を摂り過ぎないようにする

健康・長寿のための食事は万国共通
 「ヒント 画像 無...」の画像検索結果








世界保健機関(WHO)は、各国の食文化の違いを超えて共通している、
より健康的に生きるために必要な「5つの食事のヒント」を提案している

栄養バランスが良く、エネルギー摂取量を適正にコントロールした食事は、
肥満、2型糖尿病、心臓病、さまざまな種類のがんなどを予防・改善するために不可欠だ

健康的な食事により免疫も改善し、体が感染症と闘う能力を高めるのにも役立つ

「健康的な食事の内容や、必要なエネルギー量は、年齢や身体活動レベル、在住している地域で利用できる食品などによって変わってきます。しかし、国や文化を超えて、健康で長生きするために勧められる食事には共通する特徴があります」としている

2 食塩を減らす

食塩の摂り過ぎは高血圧の原因になり、心臓病や脳卒中の危険因子になる

世界中のほとんどの人が食塩を摂り過ぎており、
WHOが推奨する1日の摂取量である5g(小さじ1杯に相当)の2倍を平均して摂取している

食塩は加工食品や清涼飲料にも含まれており、
見ただけではどれくらい含まれるのかが分からないので注意が必要だ

栄養表示をよく見ることが大切となる
 

食塩の摂取量を減らすためのアドバイス

▼料理や調理では、塩を控えめに使い、醤油や塩辛いソースなどの調味料も少なめにする
▼料理では、ハーブ、スパイス、果物の酸味などを利用する
▼加工食品を利用するときは、栄養表示をよく見て、食塩(ナトリウム)の多いスナックなどを避ける
▼乾燥野菜やドライフルーツ、ナッツ、缶詰を使用するときは、塩と砂糖を加えずに食べる
▼テーブルには塩などの調味料を置かないようにする

このページのトップヘ