けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

コレステロールは体にとって必要不可欠
 
コレステロールというと悪者のようにとらえる人も多いが、実は体にとって必要不可欠な栄養素だ

卵に含まれるコレステロールは、全身の細胞の成分になるのに加え、
ホルモンの原料になり、ビタミンDや胆汁酸の原料にもなる

これらは生命の維持になくてはならない物質で、
細胞の働きの調節や栄養素の吸収などにも関わっている

 コレステロールの多くは肝臓で作られており、
体内のコレステロールの70~80%は体内で作られている

これに対し、20~30%は食事で摂取され小腸で吸収される

つまり、食事によるコレステロール摂取量が、
そのまま血中コレステロール値に反映されるわけではない

日本人は1日に200~400mgのコレステロールを摂取しており、平均的な1日の摂取量はおよそ300mgだ

なお、コレステロールはエネルギー源として使用されることはなく、血糖値も上げない

日本動脈硬化学会によると、肉の動物性脂肪には、
飽和脂肪酸が多く含まれていて、
これが悪玉のLDLコレステロールを増やす

飽和脂肪酸がとくに多いのは、
牛や豚のバラ肉、鶏肉の皮、加工肉、バターなどだ

2型糖尿病や肥満、メタボリックシンドローム、
中性脂肪値が高くなっている人では、
食事の摂取カロリーをコントロールする必要がある

これに加え、LDLコレステロール値が高くなっている人は、
飽和脂肪酸やコレステロールの摂取量により注意する必要がある

わずかな体重増加が糖尿病の発症と関連
 
これまでに、日本人は欧米人と比較して、同じBMIであっても脂肪を皮下脂肪として蓄えられない、
脂肪肝になりやすいといった脂肪分布の異常や、インスリン分泌が低いことが分かっている

こうしたことから、「青年期のごくわずかなBMI上昇が、その後の2型糖尿病の発症と関連すると推測される」と研究者は結論している

体重の増加は、2型糖尿病だけでなく、脂質異常症や心血管疾患などさまざまな疾患にも結びつく

中高年期だけでなく、青年期からの早期の体重管理が重要だ

「ただ体重を減らすのではなく、適切な運動や食事に心がけ、筋肉量を維持することも肝心。そのためにも、体重の測定だけでなく、身長や体脂肪率も測定するなどして、体格を管理することが重要となる」と、研究グループは指摘している

ただし、青年期のBMIと糖尿病発症との直接的な関連については不明な部分もある

研究グループは「今後は青年期の体脂肪率や腹囲などの指標を用いて、さらなる検証を進めていく」としている

BMIが増加するにつれ糖尿病の発症率は上昇
 
順天堂大学が進めている「体力体格累加測定研究(J-Fit+ Study)」は、
順天堂大学体育学部(現スポーツ健康科学部)で、
1969年より実施されている体力体格累加測定のデータを用いた研究プロジェクト

この研究の一環として、卒業生を対象とした調査研究を実施

男性661人(平均55歳)に、卒業以降の糖尿病の有無および糖尿病と診断された年齢を聴取した

また、同大学が50年以上にわたり蓄積した体格や体力のデータから、在学時のBMIを算出し、
卒業から糖尿病発症または調査研究までを追跡期間(27~36年)としたコホート研究を実施した

大学在学時(平均22歳)のBMIを4つの群(BMI21.0未満、21.0~22.0、22.0~23.0、23.0以上)に区分し、各群での糖尿病発症率を比較したところ、
BMIが増加するにつれ発症率が上昇することが分かった(各群4.4%、7.6%、10.5%、11.3%)

さらに、糖尿病の発症リスクはBMI22.0~23.0から上昇しており、
さらに、青年期である20歳代前半のBMIが22以上の場合に将来の発症リスクが高くなることが明らかになった


このページのトップヘ