けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

社会的時差ぼけを防ぐための6ヵ条
 
社会的時差ぼけを防ぐために、
概日リズム(体内時計)に狂いが生じないように生活スタイルを工夫することが必要だ

米国睡眠医学会によると、次のことを実行すると体内時計のずれを解消しやすいという――

6 寝る前にスマートフォンを使わない


人物 女性 日本人 若い 20代   セーター ニット カジュアル モデル かわいい   キュート ポーズ おすすめ 屋内 白バック   白背景 上半身 仕草 表情 笑顔 携帯 スマホ スマートフォン 電話 メール OK 了解 大丈夫 サイン 合図 ジェスチャー 笑顔 mdjf005 


スマートフォンやタブレット端末、パソコンの画面にも注意が必要だ

スマートフォンなどの画面に含まれるバックライトには波長の短いブルーライトが含まれており、
体内時計に影響を与えやすい

スマートフォンは目のすぐ近くで操作するので特に影響が強い

寝る前にはスマートフォンを操作しないようにしよう

社会的時差ぼけを防ぐための6ヵ条
 
社会的時差ぼけを防ぐために、
概日リズム(体内時計)に狂いが生じないように生活スタイルを工夫することが必要だ

米国睡眠医学会によると、次のことを実行すると体内時計のずれを解消しやすいという――

5 光で体内時計を整える

 
朝に太陽光を浴びると体内時計が24時間周期にリセットされる

起きたらまずカーテンを開けて、自然の光を部屋の中に取り込むと効果的だ

反対に夜に強い光を浴びると睡眠が妨げられる

夜の光には体内時計を遅らせる作用があり、時刻が遅くなるほどその力は強まる

照度が100~200ルクスの家庭照明であっても、長時間浴びると体内時計が乱れる原因になる

社会的時差ぼけを防ぐための6ヵ条
 
社会的時差ぼけを防ぐために、
概日リズム(体内時計)に狂いが生じないように生活スタイルを工夫することが必要だ

米国睡眠医学会によると、次のことを実行すると体内時計のずれを解消しやすいという――

4 入浴して深部体温を上げる


 

寝る少し前に体の奥の体温である「深部体温」をいったん上げると、
その後に下がって、眠りに入りやすくなる

入浴には加温効果があり、運動と同じように体温を一時的に上げる

就寝1~2時間前に入浴すると深部体温が上がり、その後に睡眠に入りやすくなる

このページのトップヘ