けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

日本の糖尿病患者の平均BMIは23
 
体格指数(BMI)は、その人がどれくらい痩せているか、太っているかを示す指数で、
体重と身長から算出される

日本では18.5未満がやせ、18.5~25が普通体重、25以上が肥満と判定される

従来は2型糖尿病のリスクが高まるのはBMI25以上とされていたが、
順天堂大学の研究グループの調査で、
青年期のBMIが22以上あると将来の糖尿病発症リスクが高まることが明らかになった

近年、日本人をはじめとするアジア人の糖尿病患者数の急激な増加が問題となっている

そして、最近の日本人の糖尿病患者の平均BMIは23程度であり、
肥満とされるBMI25以上でなくても、2型糖尿病を発症しやすいと考えられている

欧米では、小児や若年期における肥満が将来の糖尿病発症リスクを高めていると報告されているが、日本人における青年期の体格と、
将来の糖尿病発症リスクとの関連についてはよく分かっていなかった

そこで、研究グループは、
青年期の体格とその後の糖尿病発症リスクとの関連を明らかにするために、
大学の卒業生を対象とした追跡調査研究に着手した

研究は、順天堂大学大学院医学研究科スポートロジーセンターの染谷由希特任助教と、
同大学スポーツ健康科学部・体力体格累加測定研究グループによるもの

詳細は学術誌「PLOS ONE」に掲載された

運動を続ければ健康に長生きできる
 
運動テストを実施し、実年齢よりも体力テストにもとづく推定年齢の方が寿命を予測する因子としての精度が高いことが、クリーブランド クリニックが12万人超の患者を対象に行った調査で明らかになった

研究グループは、心臓病の検査のために1991~2015年に受診した12万6,356人の患者に対し、
トレッドミルで心臓に負荷を与えて体力を測定する運動テストを行った

テストでは、運動による心拍数の上昇と、そこからの回復を調べた

運動能力を調べる体力テストを行うことで、
実際の体の状態を示す「体力年齢(A-BEST)」を算出した

参加者の平均年齢は53.5歳で、検査から平均8.7年追跡したところ、8%(9,929人)が死亡した

解析した結果、登録時の実年齢よりも体力年齢の方が、
死亡の予測因子としてより精度が高いことが明らかになった

糖尿病や喫煙習慣、高血圧など、影響の大きい因子を調整してもこの傾向は変わらなかった

「実年齢が45歳でも、体力年齢が55歳であると、若死する危険性が上昇します。逆に、実年齢が65歳でも、体力年齢が50歳であれば、同年齢よりも長生きできる可能性が高まるのです」と、
クリーブランド クリニックのサージ ハーブ氏は言う

欧州心臓病学会(ESC)の治療ガイドラインでは、喫煙習慣、コレステロール値、高血圧、
2型糖尿病などの危険因子をチェックし、心血管疾患の発症しやすさを考慮し、
推定年齢にもとづき治療を行うことを推奨している

「運動は健康に長生きするために必須であることが明らかになりました。運動パフォーマンスにもとづく推定年齢を患者に教えることが、患者の気付きを促すことにつながります。健康寿命を延ばすためにも、運動は欠かせません」と、ハーブ氏は強調している

自分の体重を利用して筋力を維持・アップ
 
ウエイトマシンなどを利用して筋力トレーニングを行うのは効果的だが、
スポーツジムに通う必要があり、専門のスタッフによる指導も必要となる

そうした余裕がないという人が多い

「体重負荷運動」は、自分の体重を利用して効果的な筋力維持・アップをはかる運動

とくに下半身の筋力を向上させると、
椅子から立ち上がる、歩く、階段を昇るといった日常の生活運動をスムーズに行えるようになる

大腿四頭筋は、膝の曲げ伸ばしに関わる太ももの筋肉で、
歩行や椅子からの立ち上がりなど日常生活を行うのにもっとも必要だが、
加齢とともに萎縮が生じやすい

自分の体重をかけて行うスクワットなどの運動をすると大腿四頭筋を鍛えられる
 

スクワットのやり方
(1) 足を肩幅に広げて、つま先をやや外側に向けて立つ。背筋を伸ばし、手は腰に当てる。
(2) 前傾姿勢で息を吸いながらゆっくり腰を下げていく。太ももが床と並行になるのが理想的だが無理はしない。
(3) 息を吐きながらゆっくり立ち上がるが、ひざは完全には伸ばさない。
(4) (2)~(3)を繰り返す。


 

家庭でも行いやすい「貯筋運動」

 
健康・体力づくり事業財団は、家庭でも行いやすい体重負荷運動として、
「貯筋運動」を提唱している

貯筋運動は

▽いす座り立ち、もも上げ
▽カーフレイズ(ふくらはぎの筋トレ) 
▽立位での横への脚上げ
▽上を向いて寝た状態での上体起こし

などで構成される

大腿四頭筋や腓腹筋、腹直筋など、体を支える重要な筋肉を鍛えることができる

このページのトップヘ