けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

加齢にともなう筋肉の減少を抑える
 パンチ ぱんち グー グー 後光 ボクシング 殴る くそー 怒る 怒り 破壊 突破 やったー じゃんけん ジャンケン 筋肉 手 男性 合格 優勝 応援 指 手の素材 拳 チラシ素材 人物素材 合成 ファイト 運動 仕草

「ウォーキングなどの有酸素運動は、内臓脂肪を減らす効果は高いのですが、それだけでは加齢にともなう筋肉の減少を抑えることはできません。筋肉に負荷をかけて行う筋力トレーニングを加えることをお勧めします」と、ハイネ氏は言う

米国スポーツ医学会は、筋力トレーニングを週に2回以上行うことを勧めている

階段の昇降だけでも筋肉を鍛える効果を期待できる

毎日2~3階分程度を目安に階段の上りを習慣にすると良い

肥満はあるが筋肉は少ないという状態になると、体を安定して支えづらくなるため、
関節に負担をかけたり、転倒しやすくなる

高齢者の場合は加齢により筋肉量がとくに低下しやすく、骨折や寝たきりになる危険性が高まる

「意識して筋肉を使うようにしないと、40歳を過ぎると自然に減ってしまいます。それを防ぐために効果的なのは、自身の体重に少し負荷を増やして行う"体重負荷運動"です」

筋肉量は10年ごとに3~5%減少
 筋肉 マッスル ボディビルダー ボディ 体 人間 人体 男性 男 漢 強い 屈強 頑丈 スポーツ 筋力 筋トレ ボクシング ボクサー トレーニング スポーツジム アスリート ストイック ビルドアップ 憧れ ダイエット ムキムキ 腕 二の腕 上腕筋 血管 ポーズ ガッツポーズ 力こぶ

「30歳を過ぎると、対策をしないと、筋肉量は10年ごとに3~5%も減少してしまいます。筋肉減少は代謝に大きな影響を及ぼし、肥満や2型糖尿病のリスクを上昇させます」と、
クリーブランド クリニック 機能医療センターのケヴィン ハイネ氏は言う

ハイネ氏は米国スポーツ医学会(ACSM)認定の運動生理学者(エクササイズ フィジオロジスト)だ

中年以降になると、若い頃よりも基礎代謝量が減っていく

1日の消費エネルギー量は、基礎代謝量と、活動や運動による消費エネルギー量の合計だ

筋肉はエネルギーの貯蔵庫でもあり、血糖値の調整を行う働きもする

食事をすると、血液中に増えた糖の一部は筋肉に取り込まれる

筋肉の量が減ると、血糖値が上昇したときに糖をためる場所が少なくなり、
糖を調節する力が低下してしまう

筋肉が増やすことができれば、基礎代謝が向上し、
体を動かしていないときのエネルギー消費も増やせるので、
結果として1日の消費エネルギー量を増やすことができる

脳卒中・心不全・心筋梗塞も起こりやすくなる
 
腎臓病を防ぐために、なによりも大切なのは良好な血糖コントロールを保つこと、
高血圧のコントロールをすることも重要だ

肥満、不健康な食事、運動不足、飲酒、喫煙、ストレスなども、腎臓病の発症に大きく関わる

糖尿病は腎臓病の主な原因であり、
米国では糖尿病をもつ成人の4人に1人が腎臓病をもっているという

米国糖尿病学会は3月27日に「糖尿病のスタンダード・メディカル・ケア 2019年版」を発表した

糖尿病患者の合併症、とくに心疾患と腎臓病の予防に焦点をあてて、最新の研究の成果を取り入れ、治療の標準化により糖尿病患者のQOL(生活の質)の向上を目指している

「慢性腎臓病が進行すると、透析などの治療が必要になることがありますが、それだけでなく脳卒中・心不全・心筋梗塞なども起こりやすくなります。あなたが腎臓病のリスクが高いかそうでないかに関わらず、ふだんから腎臓の健康について、医療者をはじめとして、家族や友人とも話しておくことが大切です」と、米国糖尿病学会はアドバイスしている

このページのトップヘ