けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!





あなたは自分の体で心配なことはありませんか?
痛むところはありませんか?
調子が悪いなって思うところはありませんか?
体は大丈夫だけど心が不安定だったりしませんか?

そんな悩めるアナタへ救いの手、その名も「玄米酵素」!

まるで清流のように体を内側からキレイにしてくれるので体の悩みを元から排除!
健康を肌で感じることができれば心もキレイにしてくれます!

今なら手軽に体験できるトライアルキットがございます!
騙されたと思ってぜひ一度お試し下さい!

なぜか玄米酵素を宣伝する健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

ほな今日のテーマは厚着を繰り返さないで、吸湿・速乾性の素材を上手に使うです
  • 体が温まるにごとに1枚ずつ脱げるように、重ね着をする
  • 衣類内に湿気がこもるのを避ける
服装の寒さ対策の基本はレイヤリング(重ね着)を上手に行うことです

厚い服を1枚着るよりも、薄めの服を重ね着する方が、
衣類と衣類の間の空気が断熱材の役目を果たしてを蓄えてくれます

最近のアウトドアウェアなどには機能的な素材を使ったものも多いので、上手に取り入れてみてもいいですね
 

運動中に着用する衣服の役割は
・寒さなどの外部環境の変化から体を保護する
・体から出る熱や湿気などの変化に対して、衣服内環境を快適に保つ
冬の衣服には、防寒の機能と、吸湿性放湿性の機能が求められます
 

多くの人は防寒対策として、温度を維持するために空気を通さない上着を着て、
外部の冷たい空気が入り込まないようにし、さらに内部に空気をためられるようにセーター等を着込みます

こうして厚着をすればするほど体温は上がっていくんです
 

体温が上がると、服の中の空気の温度も上がっていくので最初のうちはそれで暖かさを感じるが、
そのうち温度が上がりすぎて、体表からは温度調節をしようとが出てきます

汗は衣服の中で蒸発した後で、衣服や体表にとなって付いてしまい、
その水分が体温で暖まりふたたび蒸発するので、そのときに皮膚の温度を奪っていきます
 

いくら厚着をしてもなかなか暖かさを感じないのはこの現象によるものですが、
これに気がつかずにどんどん厚着を繰り返す人も少なくありません
 

そうしたときの対策として、汗をかいた場合はアンダーウェアに防寒・保温性があり、
汗をすばやく吸収する速乾性機能をもつ素材のものを着用する方法があるんです

最近では色んな種類が出ていて、運動中に汗をかいてしまうという人は、試してみることをオススメします







とても仲が良い娘から「結婚した」という報告の年賀状が送られてきました
以前から聞いてはいたのですが、実際に結婚式の写真を見ると、僕自身に恋心があったせいか、
素直に祝福できない自分がいました
想い自体は伝え済みだったので後悔はありませんけど・・・
自分に幸せは来ないなんて思うつもりは全く無いのですが・・・今だけはそう思わせてほしいかなぁ
明日には僕にできる精一杯の作り笑顔で「幸せになれよ」と伝えようと思います

吟遊詩人の横山貴光・・・じゃなく宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

此度は糖尿病運動療法補完計画と題してブログります

冬に発症しやすい病気のうち、最も重大なものとして血管障害があげられます

原因として低温環境・室内外の気温差が刺激になって脳や心臓へ負担がかかることです
 

寒さで交感神経は緊張し、全身と心臓の血管が収縮し、血圧が高くなりやすくなり、
さらに血圧が高くなれば心臓に負荷がかかり、狭心症心筋梗塞が誘発される危険性が高くなります
 

血圧は季節によって変動するが、特に冬場は血圧が上昇しやすい理由として次のようなことがあります
・寒さを感じると、体温の発散を防ごうとして血管は収縮し、血圧が上昇する
・冬は運動不足になりがちで、肥満になりやすく、高血圧に影響する
・冬場はクリスマスや忘年会など、食べすぎや飲酒の機会も増えることも、血圧を上げる要因となる
 

寒い冬の運動は、時間の余裕をもって、ウォーミングアップをし、楽しみながらやることが大切です

特に雪かきのような激しく力む運動をするときは、血圧や心拍数が上昇しやすいので、
ウォーミングアップを十分に行い、いきなり寒い屋外に出ないようにすることが重要となります
 

首、手首、足首が外気にふれると、肌から熱が逃げて体温が下がるので、
風の侵入を許さないよう手袋マフラーレッグウォーマーなども活用しましょう
 

また、冷たい空気をいきなり肺に吸い込むと気管支が収縮するので、マスクをして外に出るようして、
いきなり冷たい空気を吸わないようにする工夫も必要となります
 

寒いから運動をできない事はないが、心臓病のリスクが高い人は、冬の運動には危険が伴う場合があるので、事前に主治医に相談すれば、コンディションに合わせて、飲み薬を調整してくれる可能性があります







互いに好き合ったまま別れたが惚れた女だということに変わりはない。
ならば全力で尽くしたい、守りたいという想いにも変わりはない。
だが見返りは何もない・・・それは正直切ない・・・でも止めることはない。
なぜなら「今の私には何もしてあげられなくて・・・ゴメン」と涙ながらに漏らした彼女の言葉は僕の心を満たすには十分なのだから。

詩人の横山貴光です
違います、宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

今宵は腎不全とは何ぞや最終回用語解説3どす

は行

ビタミンD・・・食事で体内に取り込まれたり、皮膚でも作られ、その後、肝臓及び腎臓を通って活性型のビタミ
        ンD
となり、腸管からのカルシウムの吸収を促進する薬としてアルファロールワンアルファ
        ロカルトロールなどがあります

フィブリン・・・血液が凝固する時には色々な物質が関与しており、フィブリンは最終段階で産生する物質で、
        血小板と一緒になって血液を固め、出血を防ぐ

不均衡症候群・・・透析によって老廃物を除去した場合、体内の血液に比べて脳内の血液中の老廃物は除去
           されにくい仕組み
なっている
           その為、水分が脳内に流れ込み、結果として脳がむくんで内圧が上がってしまう
           症状としては頭痛むかつき嘔吐などで、総称して不均衡症候群と呼んでいる
           透析導入時にとくに多くみられる

ま行

慢性腎不全・・・腎不全で尿毒症状が強くなった場合に透析が必要となる

このページのトップヘ