けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!







独身女性からしたらバツイチ子持ちのシングルファーザーは結婚対象として有り得んらしいですわ
バツイチ子持ちシングルファーザーの宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

グーグルが涙で血糖を測定するスマート・コンタクトレンズを開発

米国のインターネット産業の大手であるグーグルは、涙のブドウ糖値を1秒ごとに測定する、
医療用コンタクトレンズを開発していると発表した

糖尿病患者が装着することで、涙の成分から血糖値の変化を測定するというものだ

研究は、ワシントン大学電気工学科のブライアン オーティス准教授と、
ババク パルヴィズ客員教授が共同で行っているもので、開発したコンタクトレンズは、
2枚のレンズを貼り合わせた構造になっており、直径1cmのコンタクトレンズに、
涙のグルコース値を測定する微小センサーLEDライト毛髪より細い無線アンテナ
電源を管理する小型のチップを、カプセルのように封じ込めている
涙のグルコース値と血糖値は相関があり、涙から血糖値を測定する技術は以前より考えられていたが、
正確な測定値を得る技術の開発は難しく、涙液の血糖レベルは血液に比べ30~50倍希釈であり、
少量の涙液から感知する高感度のセンサーを開発しなければならなかったが、
新たに開発された針センサーは涙液中のグルコース値を1.8ミクロンの精度で読み取る高感度なものだ
 

開発したコンタクトレンズは、1秒ごとに涙のグルコース値を測定し、低血糖や高血糖が起きている場合には、
微小なLEDライトで知らせる機能も付ける予定で、実用化に成功すれば血糖自己測定を補完するものになる

まだ技術開発の段階だが、これまでに試作品で行った動物実験では良好な結果を得ていて、
ヒトを対象とした臨床試験は食品医薬品局と話し合っている段階で実用化にはまだしばらくかかるとしている
 

グーグルは、特に未来的な技術の開発に取り組む「グーグル Xラボ」という部門をもっており、
これまでヘッドマウント型コンピュータの「グーグル グラス」や自動車の無人運転技術などを開発している
 

グーグルのサイトでは、コンタクトレンズの製品化を共同で行うパートナー企業を探している








「私は・・・グスッ・・・今日で・・・ヒック・・・週刊少年ジャンプを・・・卒業します!」
AKB4・・・じゃなかった、宅配食サービスけんたくん岡山店の前田敦…じゃなくて横山貴光です

食品の「飽和脂肪酸」と「食物繊維」の表示を推奨
加工食品の表示基準を検討する内閣府・消費者委員会の「栄養表示に関する調査会」は、
とりすぎると脳卒中や心筋梗塞などのリスクが高まる「飽和脂肪酸」と、
国民の半数以上が目標量を摂取できていない「食物繊維」の2成分を、
「義務表示」と「任意表示」の中間として新設する「推奨表示」とする方針を決めた

食品表示をめぐっては今年6月、JAS(日本農林規格)法、食品衛生法、健康増進法と、
複数に分かれていたルールを一元化した食品表示法が成立し、2年以内に施行されることになった

ホテルやデパートでメニュー・食材の偽装表示が相次いだ事を受け、景品表示法の改正も検討されている
 

食塩の主成分の「ナトリウム」については、日本人は7割以上が目標量以上をとっており、
高血圧予防の観点で健康・栄養政策としての重要度が高い

消費者からみると、ナトリウムの表示だけでは「食塩相当量」を理解するのが難しく、
栄養指導で食塩量が用いられる事から消費者に馴染み深い食塩相当量の表示を義務付ける方針を示した
 

現行では、表示すべき栄養成分の優先度は、(1)「エネルギー」、(2)「タンパク質」、(3)「脂質」、
(4)「炭水化物」、(5)「ナトリウム」の順とされており、
これらは「健康・栄養に関する基本的な知識として全ての国民が知っておくべきもの」と位置付けられている
 

しかし、健康への影響が大きいにもかかわらず、目標量よりも多く摂取している栄養成分については、
表示の優先度を見直すべきとの見解を示した
 

その他の栄養成分については、「国内外の科学的根拠等をもとに、引き続き検討すべき」とされており、
このうち、「食物繊維」と「飽和脂肪酸」については、「栄養摂取状況から欠乏や過剰等問題がある」と定め、
「必要に応じて義務表示化を目指したい」としている

飽和脂肪酸はバター肉類などの食品に含まれる脂肪酸で、摂取量が少なくても多くても、
生活習慣病リスクが高まることが示唆され、成人の摂取基準は4.5%以上7.0%未満とされているが、
半数近くは目標量から外れている
 

また、食物繊維の摂取不足は、とくに心筋梗塞の発症につながる為、生活習慣病一次予防の観点から、
1日の摂取基準は男性19g以上・女性17g以上とされているが国民の半数以上が目標量を摂取できていない









初めまして
療養食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

現代人は笑いが少ない もっと笑いましょう!

英国バーミンガム大学とオックスフォード大学の研究者が、1946~2013年に発表された785件の研究を解析し、笑いのメリットを検討した結果、専門家が考える笑いの効果として、次のことがあるという
 

・笑いが血糖値を下げる
筑波大学名誉教授の村上和雄氏らが行った実験で、笑うことで血糖値を下げられることが明らかになった
糖尿病患者が吉本新喜劇のお笑いステージを見て大笑いをした後で、血糖値を測定したところ、
食後血糖値は下がっていた
 

・笑うと免疫力がアップ
笑うと生命活動を維持する為に必要な自律神経に変化をもたらし、体内の様々な器官に刺激が与えられる
この刺激が「神経ペプチド」という免疫機能活性ホルモンの分泌を促し、
このホルモンの影響で免疫力をアップさせるナチュラルキラー細胞が活性化したり、
鎮静作用と快感作用のある「エンドルフィン」などのホルモンが分泌される
 

・笑いが血圧を下げる
笑うことで副交感神経が活発になり、
自律神経系中枢がある大脳辺縁系から放出されるノルアドレナリンの放出が抑制される
ノルアドレナリンは血圧を上昇させるので、結果として血圧の改善にもつながる
 

・よく笑う人は身体活動が高い傾向がある
笑うことで、リラックスしたまま筋肉が動かされるので横隔膜が刺激され、腹筋を引き締められる
よく笑う人は身体活動によるカロリー消費が多い傾向がある
 

・笑いは対人関係にも影響
「笑いは伝染する」と言われている通り、笑うことで周囲のムードは協調的になるため、
対人関係のストレスが減り、社会的な相互作用も改善する傾向がある
 

健康な子供は1日に平均で約400回笑うが、成人になると笑う回数は15回に減るという

現代人は笑いが少ない。もっと笑いましょう」と研究者はアドバイスしている
 

欧米の病院には、入院中の子供や高齢者たちの前でパフォーマンスをするホスピタル・ピエロがいて、
子供たちや老人の緊張を解き、大笑いさせるだけではなく、笑いには痛みに対する耐性を強め、
痛みを感じにくくする効果もあるという

このページのトップヘ