けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!








首が回らなくなりました・・・いや、借金はしてないですが
健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

今日はヒヤリハットを防ぎ安全衛生の品質向上も改善という村〇製作所的な事をブログります
院内用グルコース分析装置(POCT)で初めてのBluetoothを搭載した「アントセンス デュオ」は、
ワイヤレスで電子カルテに自動で記録でき、配線による煩わしさを解消することで、
安心安全で効率的な作業環境づくりに貢献する
 

特に診察室や病床に持ち運ばれる血糖値測定器では、通信エリアを拡張し、配線接続の手間を減らすことが、作業効率の改善に役立ち、さまざまな物品や設備がある院内で、配線を引きずったり、
物が配線にひっかけたりするヒヤリハットを防ぎ、安全衛生の品質向上も改善できる
 

Bluetoothは電波干渉に強く、周囲の医療機器への影響が少なく、医療現場での無線通信に適しており、
院内で迅速かつ的確に情報共有できる仕組みを導入する事で、糖尿病の早期発見・より良い治療に繋がる








確定申告ぼっけぇめんどくせぇ
宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

申告書を書きながら電子カルテによる横断的な情報共有について語ります
診断記録は従来は手書きで記録され、回覧によって情報共有されてきたが、
現在はIT技術の発展により電子カルテが普及している

診察結果や検査結果は電子カルテに記録され、診断記録は院内ネットワーク上で管理され、
包括的な治療の検討に役立てられている
 

糖尿病治療では薬剤投与食事療法等を組織的に実施するチーム医療による、
継続した包括的な対処が重要で「アントセンス デュオ」はBluetooth(ブルートゥース)を搭載し、
血糖値を自動的に電子カルテに記録する

電子カルテは医師や看護師、薬剤師、栄養士などで共有でき、迅速かつ的確な糖尿病治療に役立つ








この豪雪の中、ノーマルタイヤで配達行ってましたヾ(´ω`=´ω`)ノ
かなり無謀な高齢者食・治療食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光ですv( ̄∇ ̄)v

ほな運動をするのとしないのとでは大きな差が出るという至極当たり前なことを叫びますφ(.. )

適度・活発な運動を週1回以上行っていて、それを続けられた人では、
運動をしてこなかった人に比べて、健康的なエイジングを実現する可能性が3~4倍になることが明らかになったΣ('◇'*)エェッ!?
 

また、8年間活発な運動をずっと続けた人は、健康的な高齢者になる可能性が7倍に上昇したオオーw(*゚o゚*)w
 

はじめは運動習慣をもっていなかったが、途中で週に1回以上の運動を始めたという人でも、
運動がもたらす恩恵は大きく、健康的なエイジングを実現する可能性が3倍に上昇したε=ε=(;´Д`)
 

参加者は、英国の高齢者を対象とした大規模なコホート研究である「英国高齢者縦断研究」に参加しており、
全員が1952年2月29日以前に出生した( ´_ゝ`)
 

心疾患や脳卒中、糖尿病、肺気腫、アルツハイマー病などの深刻な健康障害については、
医療記録より確認した
 

「運動不足は、大量の飲酒や肥満に並んで、平均寿命を縮める主な要因です。健康のために運動を習慣として行うことが必要です。研究では、年齢が高くなってから運動を始めた人でも、運動がもたらす恩恵は大きいことが確かめられました」と研究者は述べている
 

「高齢の人にも運動に取り組んでもらうことが必要です。保健指導でそれを支援する体制づくりが求められます」と研究者らは結論づけている

このページのトップヘ