けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

P1010296






















(稲川淳二風に)
仕事中にね、ヒザをぶつけたんですよ

それでね、消毒してたのはいいんですけどね、

なんかヘンだな~

な~んかヤだな~

って思ってケガした部分を見てみたらね・・・浮かび上がってたんですよ・・・






人の顔が・・・






偶然が生んだ産物のお弁当配達サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です


足の神経障害と動脈硬化は要注意!

足病変とフットケアの情報ファイル


足病変を悪化に招く大きな原因は、神経障害動脈硬化です

この2つを併せて持ちやすいのが糖尿病患者さん
 

糖尿病の3大合併症である神経障害が進むと、足の感覚がにぶり、痛みや痒みを感じにくくなるので、
キズや火傷に気づきにくくなります

また、高血糖の状態が続くと身体の抵抗力が弱くなるため、
細菌や真菌(水虫)などの感染症に対する抵抗力が低下、キズの治りも遅くなります

このような状態を放置していると悪化して潰瘍(かいよう)になったり、足の形が変形したり、
爪がボロボロになったりと、様々な「足病変」が起こります
 

例えば、糖尿病のある男性が、床でホットプレートを使いひとり焼き肉パーティ

お腹いっぱいになってその場でウトウトし、はっと目覚めたらホットプレートの上に足が乗っていて、
なんと自分の足が焼かれていた!

足の感覚がにぶると、こんな事態でも気づかないことが実際にあるのです
 

また、閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化で足の血管が詰まり、初期はしびれや冷感、
だるさや痛みなどの症状が現れます

新鮮な血液が末端に届けられないためにキズが治らず、感染を起こし潰瘍化

悪化すると壊疽(えそ)が起こり、足の切断にまで至るおそろしい病気です

神経障害があると、そんな変化にも気づかなくなり、いつのまにか足の指が真っ黒になっていた!
という例も後を絶ちません
 

現在、糖尿病や維持透析などによる足病変の重症化で、
下肢切断となる人は年間1万人以上と言われています

これは、膝下、膝上から、あるいは股関節から下を切る大切断の人数ですので、
足の指だけといった部分的な小切断数は入っていません

足を切断する人は毎年どんどん増え続けているのです






車を運転していて、停留所からバスが出ようとしていたので先に行かせると、ハザードランプを点滅させて、
お礼をしてくれました

しばらくそのまま走行していると信号が、ちょうどバスと私の車の間で赤に変わり、
バスは信号に引っ掛かりませんでしたが、私は引っ掛かりました

すると、前を行くバスがなんとハザードを点滅させてくれたんです

「停留所から出る時、先に行かせてくれたのに信号で引っ掛からせてしまってゴメンな」

というドライバーさんの心の声が聞こえてきたようでした

ドライバーさんの気持ちは分かるけど女の気持ちは分からない宅配食サービス
「けんたくん岡山店」の横山貴光です

サラッと始まりましたが、ブログ休んでる間、心配して連絡くれたみなさん、
ブログ休んでるのにアクセスしてくれたみなさん、本当にありがとうございました

ブログというものは色んな方が見てくれていることを念頭におき、再開させて頂きます

ビタミンB群

ビタミンB群は全部で8種類のビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)があります

8種類のビタミンB群はそれぞれ性質や働きが異なります

ビタミンB群はそれぞれ助け合いながら、様々な代謝に関わっているため、
人間の体には必要不可欠な栄養素です

体にためておくことができないため、毎日食事から摂取する必要があります

では、それぞれの性質を簡単に説明します

■ビタミンB1 「疲労回復のビタミン

糖質をエネルギーに変える働きをする
玄米や胚芽米などに豊富に含まれる
疲労回復に役立ち、脳神経の働きを助けます

■ビタミンB2 「美容のビタミン」「発育のビタミン

脂質を燃焼させてエネルギー代謝や細胞の新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜の機能維持や成長に関わる

■ナイアシン(ビタミンB3) 「皮膚や粘膜を健康に保つビタミン

糖質、脂質、たんぱく質の代謝に欠かせないビタミン
アルコールの分解にも関わる
また、脳神経を正常に働かせる効果もある

■葉酸(ビタミンB9) 「女性の健康を保つビタミン

細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせないビタミン
妊娠中の女性は必要量が増える

■パントテン酸(ビタミンB5) 「抗ストレスビタミン

ストレスに対抗するホルモンを作るビタミン
体内のエネルギー代謝を助け、免疫力の維持にも重要

■ビタミンB6 「女性の味方となるビタミン

たんぱく質の分解・合成を助け、皮膚や粘膜の健康維持に働く
ホルモンのバランスを整える働きや、精神状態の安定にも役立つ

■ビタミンB12 「造血のビタミン

赤血球を生成する時に働く
悪性貧血の予防DNAの合成神経の働きに必要不可欠なビタミン

■ビオチン(ビタミンB7) 「髪と皮膚のためのビタミン

皮膚や髪の毛を健康に保ったり、筋肉痛をやわらげたりする
三大栄養素の代謝過程で補酵素として働く

ビタミンB群は、私たちの体の代謝に欠かせない栄養素だということがわかりますよね

このページのトップヘ