けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!






ウチのお弁当は誤表示してませんからね
宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

今日は女性の脂質異常症についてです

閉経前の女性は男性に比べて脂質異常症にかかる割合が低いのですが、
更年期を過ぎると男性と逆転します

これは女性ホルモン脂質異常症動脈硬化を防ぐように働いているからです

その為女性も閉経したら生活改善を中心に脂質異常症の対策を取るように心掛けましょう






それでも、何度も何度もダメな経験を重ね続けて行きたいと思うのは、
人生、思い通りにいかないから必死になれるんでしょうね
療養食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

高脂血症の食事療法として、肉類のオカズより魚介類大豆製品のオカズを食べるよう心掛けましょう

LDLコレステロールを減らし、HDLコレステロールを増やすには、
主菜の材料として肉類より魚介類や大豆製品の割合を多めにするとよいです

また、コレステロールを多く含む食品に注意が必要です

特にLDLコレステロールが高い人は、内臓類に気を付けましょう

例・・・鶏卵(50g=約210mg)、鶏レバー1串(30g=約110mg)、牛肩ロース脂身付(100g=約90mg)






遊んで、服が汚れたらお母さんに怒られるとか気にしなくていいんです
療養食・治療食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

脂質異常症においては、エネルギーを摂り過ぎず、バランスよく摂ることが大事です

適正なエネルギー量を摂るということは、体が必要とするエネルギーより多く摂らないことが大切で、
肥満がある場合はエネルギー摂取量を見直して肥満を解消しましょう

1日に必要なエネルギーの目安
標準体重(身長(mの2乗)×22)×25~30㎉

身長(cm)   目安のエネルギー(㎉)
140       1100~1300
145       1200~1400
150       1200~1500
155       1300~1600
160       1400~1700
165       1500~1800
170       1600~1900
175       1700~2000
180       1800~2100
185       1900~2300
190       2000~2400

このページのトップヘ