けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2012年12月






大晦日、みなさん豪華な食事を召し上がってることでしょう
健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山です

というわけで、今回は

合併症予防のための食事

についてです

血糖を正常にコントロールする
  合併症の多くは動脈硬化性の血管病変によるものですから、血管障害を起こさないように注意します
  ですので、食事のコレステロールを制限しないといけません

普段の食事を基本に、糖尿病に見合った食事に変えてゆく
  糖尿病のための特別な食事があるわけではなく、健康維持のための食事と大差ありませんので、
  考えすぎないようにしましょう

量を多く食べ過ぎない
  
何を食べてもよいのですが、栄養素のバランスを考えて種類を多くとるようにしましょう

の3点について心掛けてやってください

ちなみに今夜はウチはカニ鍋です
好きなものを食べたい気持ちを抑えて、バランスよく食べたいと思います







Good evening
健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山です
今日は、日本の古き良き伝統「七草粥」についてです

~七草粥の由来~

毎年1月7日の朝に一年の無病息災を祈り、七草粥を食べる風習があります
清少納言の「枕草子」にも出てきますが、この習慣は平安時代からあったようです
またお正月のご馳走で、疲れた胃を休めるために七草粥を食べるとの説もあります

~それぞれの特徴と効能~

せり(セリ科)・・・田んぼや小川などの湿地に生えていて、カリウムビタミンAK鉄分
            葉酸が豊富に含まれています
            貧血便秘予防風邪予防に有効です

なずな(アブラナ科)・・畑や土手などの日当たりの良い所に生えています
                別名:ぺんぺんぐさ
                セリと同じようにビタミンが豊富で、止血効果貧血予防に有効です

ごぎょう(キク科)・・・畑や土手などの日当たりの良い所に生えています
              別名:ははこぐさ
              昔は草餅の材料として使われており、痰きりの効果があります

はこべ(ナデシコ科)・・・ハコベラともいい、道端に良く生えていて、小鳥が好んで食べます
                たんぱく質ビタミンBビタミンCが豊富で、昔はよく食べられていました

ほとけのざ(キク科)・・・本当の名前は、コオニタビラコ(ここテストにでるよ♪)
                ホトケノザという同名のシソ科の植物がありますが、
                そちらは食用ではないのでご注意

すずな(アブラナ科)・・(カブ)です
               葉にはビタミンAビタミンKカルシウム葉酸が豊富に含まれています

               消化酵素のジアスターゼを含み、食物繊維も豊富なので、胃腸の働きを助けます

すずしろ(アブラナ科)
・・・大根です
                 ビタミンCと消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれています
                 根に含まれるオキシターゼという酵素は焦げなどに含まれる発がん性物質を分解                                                         
                 する働きがあるので、焼き魚の薬味などに大根おろしが添えられます
                 有害物質を排出する働きもありますので二日酔いにも良いとされています
                 胃腸の働きを助け、咳止め効果毛細血管を強くする働きもあります

駄文・長文、失礼致しましたm(__)m
ここまで読んで下さった貴方ご自身を自分で自分を褒めてあげてください^m^







こんばんわ
健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山です

今回は
合併症がある時の注意
についてです

糖尿病性腎症のある人では、むくみが起こりますので、水の飲み過ぎに注意しましょう
食塩の取り過ぎは浮腫を誘発し、血圧にもよくありませんので1日5~8gに制限しなければなりません

糖尿病網膜症のある人では視力が低下しますので、失明は最も避けたいことです
といっても、理由もなく眼底出血を繰り返すことはないので、神経質になる必要はありません

視力と関係する目の合併症は、網膜症のほかに白内障があります

普通の眼底検査では白内障を見つけることはできませんので、眼科で診断してもらう必要があります
年に1回は眼科に行かれることをオススメします

糖尿病性神経障害があって不快な症状が続くときは、足の血流が増加していることが多いです

人間は立位で運動し、仕事をするので、糖尿病で循環障害があると、
余計に重力の影響を受けて下肢の血流が増えるのです

壊疽になってからでは遅いので、手足の衛生には注意してくださいね







おはようございます、健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山です
今日のテーマは・・・

感染症にかかりやすくなる!!!

糖尿病の患者さんは感染を起こしやすいことが知られています
特に注意したいのは
足の壊疽です
壊疽は神経障害血管障害血液の循環が悪い上に細菌の感染が加わって起こります

手や足を不潔にすると感染しやすいので、下肢の衛生に注意し、足を観察する習慣をつけましょう

・いつも足を清潔にする
機械的圧迫がかからないようにする
血液の流れが止まらないようにする
・小さなケガを放置しない
・早めに処置する

などが大切です

肺炎結核などの呼吸器の感染や、尿路の感染も起こりやすいです
腎症や神経障害があると、膀胱から尿が尿管の方へ逆流しやすくなり、
膀胱炎から腎盂炎を起こします

さて、次回のサザエさんは
「波平、糖尿病になる」
「サザエ、介護の苦労を知る」
「マスオ、生活習慣病の予防」

の3本です
次回もまた、見てくださいね~ ンガッ ング                                                                                                                    


P1010142

メリークリスマス
健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山です

今日はクリスマスイブですので、お客様にささやかなプレゼントを差し上げました

お客様はお年寄りが多いので、さすがにケーキなどはお好みじゃないかと思い、
七福神様を模した人形焼きをお渡ししました

本当にもうビックリするくらいのささやかなプレゼントなのですが、
これが思ったより好評で

「物の値段より、こういうことをしてくれる気持ちが嬉しい」

という言葉を頂きました

やっぱ人生のプロは見るところが違いますなぁ・・・

私自身も、こうありたいものです


このページのトップヘ