けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2013年08月







スシロー安いっすね
宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

では前回の続きで歯周病・虫歯を語りますわ

現代人は加工された食品や柔らかい食品など、あまり咀嚼をしなくてもよいものを食べる機会が増えとんよ

柔らかい食品は、歯にこびりついてプラークを形成し易くなる

食べ物を良く噛むと、唾液の分泌が増えて消化・吸収がが良くなり、免疫力も高まるけん

また、良く噛むことでカルシウムが歯に定着し、虫歯になりにくくなる

玄米野菜など、日本人が昔から食べてきたものをなるべく食卓に取り入れて、
1口に20~30回は噛むようにせえよ

満腹中枢が働いて食べ過ぎを防ぎ、ダイエットにも効果的なんじゃけん







ただ見守るだけがその人にとって最良の対応だとしても、オレには無理みたいです。
助けになりたい、困難や悩みを共有したい、頼ってほしい・・・自己満かもですが、何かせずにはいられません。
治療食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

私は3ヵ月に1度は歯科にて口腔内清掃虫歯チェックをしてもらっとんよ

目的はもちろんカワイイ歯科衛生士のお姉さんがオレの口に指を入れた時、その指を舐め・・・
ってオレはヘンタイか!?
もちろん歯の病気予防じゃし

まあ、私の場合、歯の治療の時に口を開けたままだとウェッと餌付くのがイヤってのもあるんじゃけどね

っつーか、マスクして歯科衛生士の服を着た女性はカワイさ3割増しだよ~ズルイよ~<まだ言ってる

というわけで、虫歯は食べカス等が歯にこびりついてプラーク(歯垢)を作り、
その中の細菌が口中に残った糖を分解して酸を作り出し、歯を溶かしてしまうことによって起こるんじゃ

言ってみれば感染症じゃな

そして歯周病は肉や歯槽骨という歯を支える組織に起こる病気なんじゃ

そのほとんどは虫歯と同じようにプラークが原因じゃけん

虫歯や歯周病を予防するには、食後や甘いものを食べた後に歯磨きをすることなんで

口腔内を清潔にして食べカスを残さないことが一番大事ぃ~♪

歯磨きができないときは緑茶で口をゆすぐだけでも効果あるんよ

なんたって緑茶には歯周病を予防するカテキンが含まれとるんじゃけーな

次回へ続くぞい







明日が夏休み最後のラジオ体操です
お菓子とジュースがもらえるので今から楽しみです
健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

今日はなんか関節痛について語りたい気分じゃわ

関節には骨と骨をつないでスムーズに動かす役割があるんじゃって

んで関節自体には神経がないから、関節痛は周辺の神経が感知する痛みらしいわ

関節軟骨がすり減って骨同士が擦れたり、関節の周囲で炎症が起きたり、靭帯が伸びて切れたりと、
関節の痛みは色々な原因が重なって起こるんよ

あと、ヒザヒジとか、関節痛は様々な部位で生じるで
中でも多いヒザの痛みは、肥満老化が原因で起こることが多い関節痛じゃ

ヒザ関節痛の予防として
①太るな
②歩け
③正座すんな
④洋式トイレ使え
⑤厚着しろ
⑥ずっと立つな
⑦重いもん持つな

に注意して生活しましょう







能年玲奈にバトンを渡した途端に大ヒットされた夏菜の心中はどうなん?
療養食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

いや~シビレたね~
で、おなじみのシビレですが(違う)、シビレの症状には重大な病気が潜むケースもあるんで

正座した時の足のシビレは一時的な神経障害で、動くと回復します

一方シビレが長期間続いたり頻繁に起こる場合は甲状腺機能障害椎間板ヘルニアなどが考えられるんよ

また、右半身と左半身のいずれかにシビレがある場合は脳卒中の可能性があるけん

大ごとになる前に、早めに受診してな







オレの股間のイプシロンも発射され・・・言わせねーよ!?
高齢者食・治療食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

「いや~だぁ、こんなトコにシワができてるぅ」
「このシミすっごく気になるんだけどぉ~」
という独り言を言ってる夢を見た朝は自分自身を信じられなくなります

ってなワケで肌トラブルってイヤよな~

皮脂分泌が盛んになって酸化した皮脂や古くなった角質が毛穴に詰まってできるニキビ

紫外線による日焼けなどがキッカケで色素沈着するシミソバカス

加齢によるたるみくすみ

乾燥などで起こるカサつきシワ

肌トラブルには様々な症状がありんす

肌に悪影響を及ぼす活性酸素生活習慣の乱れ紫外線ストレス、ハードな運動などで増加するんよ

生活が不規則になると睡眠が不足しがちじゃし

肌作りは睡眠中に分泌されるホルモンによって促されるから、美肌を保つ為には早寝早起きは必須よ

また、たるみやシワの代表的な口元にできるほうれい線の改善策として、
左右の口角と頬の筋肉を交互に引き上げるような運動1日20回程度行う事で多少改善されるけん

顔のマッサージで血行を良くしたり、表情筋という顔の筋肉を鍛えるような運動もエエらしいで

このページのトップヘ