けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2013年10月






私の半分は切なさで出来ています
宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

みなさんはカリウムが調理によって減らせることをご存知ですか?

血中カリウム濃度が高い時、タンパク質と共にカリウムの摂取を制限します

カリウムは魚介類大豆果物野菜などに多く含まれますが水に溶けやすく、
調理により減らすことができます

野菜類は茹でこぼし、青菜などは水にさらします
芋類などは乱切りにし、表面積を大きくして茹でこぼす
・キャベツやネギなどは千切りにして流水にさらす
・大根おろしの汁は切る
皮をむいたり種を取ったりする

茹で・水煮え除去できるカリウム量
穀類
そうめんなどの乾麺・・・・・・・・・約85%
うどん生麺・・・・・・・・・・・・・・・・・約70%
豆類
・煮豆用の乾物豆類・・・・・・・・・・約35%
野菜
ゼンマイなどの山菜・・・・・・・・・・約70%
法蓮草等の葉茎菜類・・・・・・・・・約45%
菜の花などの花菜類・・・・・・・・・・約35%
さやいんげんなどの未熟豆類・・・約30%
とうもろこしなどの未熟穀類・・・・・約30%






オレ・・・何してるんだろ・・・何がしたいんだろ・・・
療養食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です。

では腎臓病のエネルギーコントロールのコツを伝授します

腎機能低下を防ぐ為にタンパク質を減らすと、どうしても総摂取エネルギーが減ります

必要なエネルギーを糖質脂質で捕捉しないと、
エネルギーを作り出すために体のタンパク質が分解されることがあります

すると口から摂取していなくても、尿素窒素などの老廃物が増えて腎臓へ負担がかかります

ただし、肥満脂質異常症などがある場合は、補足する必要がないこともあります

上手にエネルギーを補うには砂糖デンプン(タンパク質が含まれていないので腎臓に負担はかかりません)、
お菓子(タンパク質の少ない穀物・小豆・卵などを含まないものにしましょう)で、
油脂に関しては、少量で高エネルギーなので、揚げ物や炒め物は1日1回くらい摂りましょう






わんばんこ
宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

これより慢性腎臓病について告ります

慢性腎臓病は尿異常や腎機能を表すGFR(糸球体濾過値)の低下が3ヵ月以上持続する場合をいい、
様々な腎臓病を統括した病名です

代表的なものに糖尿病性腎症慢性糸球体腎炎lgA腎症ネフローゼ症候群などがあります

慢性腎臓病の初期は自覚症状がなく、多くの場合は尿検査によって見つかります

進行すると腎機能が低下して人工透析に至ってしまうだけでなく、最近ではタンパク尿や腎機能低下により、
心臓病脳卒中などを引き起こすことも分かっていますので、早期発見・早期治療が重要です






マジ忙しいッス
宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

今夜は塩分コントロールのコツをお送りします

高血圧やむくみ対策として塩分を控えます

高血圧がある、または少し進んだ慢性腎臓病では1日6g未満の摂取量を基本としますが、
治療は個人差がありますので必ず主治医の指示に従ってください

塩分の摂り過ぎを防ぐには

酸味、香り、辛味を上手に利用
 酢・レモン・ダシ・胡椒・唐辛子・カレー粉・ニンニク・ネギ・ハーブ類・焼き物の香ばしさを利用しましょう

加工食品を減らしましょう
 料理には新鮮な材料を使うのが理想的なので食べる時に表面に味をつけましょう

汁物、麺の汁に注意
 汁物は1日1杯以下、麺の汁は全部飲まないようにしましょう






寝不足だと頭痛がします
宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

本日は腎臓病食事療法「タンパク質コントロールのコツ」です

腎機能に合わせてタンパク質の摂取制限をすることがあります
タンパク質を摂取すると老廃物となる尿素窒素クレアチニンなどが増えて腎臓へ負担がかかるためです

上手くタンパク質制限を守るには
主菜はボリュームアップ
  骨付き殻つきで盛る、薄切りの肉や魚は野菜類を芯にして巻いて調理する、
  をつけて揚げるなどでボリュームアップしましょう
特殊食品を利用
  タンパク質の含有量を通常の10分の1から20分の1に減らしたごはん麺類パン
  デンプン製品を利用すると便利です

このページのトップヘ