けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2014年02月







結論として、一緒にいて自分が自然で居られる相手がそばにいてくれる方がいいのかなって思います
療養食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

今日は健康な食事世界ランキング」をお送りします
 

「健康な食事」の世界ランキングが発表され、1位はオランダであることが判明した

日本は食料インフラが安定してることが評価されたが、物価が高いことや、糖尿病の増加などが足を引っ張り、米国と並ぶ21位だった

調査を発表したオックスファムは、世界90ヵ国以上で活動するNPO活動団体で、今回の調査では、
食糧農業機構世界保健機関国際労働機関の発表をもとに、125ヵ国の食料事情を解析した
 

1位になったオランダは、食料自給率が高く、インフラが整備され食品の供給体制がしっかりしており、
物価も低い点などが評価され、ランキングの上位は欧州諸国に独占されており、2位以下はフランス、スイス、
ベルギー、デンマーク、スウェーデンとなっており、欧州以外ではオーストラリアが上位に食い込んだ
 

日本は21位にランキングされ、「食料の価格が安定している」「インフラが安定している」「栄養不良が少ない」、「飲料水が健康」、「肥満が少ない」といった点が高く評価されたが、「食品の物価が高い」(52位)、
「食品の種類のバランスが悪い」(31位)、「糖尿病有病率が高い」(16位)などでポイントを落とした
 


健康的な食事をとっている国 トップ10
(1位)オランダ
(2位)フランス
(3位)スイス
(4位)デンマーク
(5位)スウェーデン
(6位)オーストリア
(7位)ベルギー
(8位)アイルランド
(9位)イタリア
(10位)ポルトガル
・・・
(21位)日本


今回のランキングで順位を落としたのは日本、米国、ニュージーランド、ブラジル、カナダなどで、
いずれも「糖尿病が増えている」と「肥満が増えている」という点が共通しており、特にメキシコ、フィジー、
ヨルダン、クウェート、サウジアラビアなどは、糖尿病の増加により大きく順位を落とした
 

オックスファムの事務局長のウィニー ビヤニィマ氏は「農業による食料生産がしっかりしており、供給体制が整備されている国は、食料の生産量が増える傾向があります。そうした国では、食品の多様性が守られており、糖尿病や肥満の増加も抑えられている傾向があります」とコメントしている








昨日のブログで言い足りなかったこと

でも僕はキレイな娘がキライです

なぜなら、彼女達は人生の中で、自分のして欲しいことは男が何でもしてくれ続けてきたから
自分で言わなくても男がしてくれるものだということが頭・心・体に染みついて、
それが本人達も知らない間に当たり前になっているから

そして、それをしない男はダメな男だと彼女達の中で無意識的に決まってしまうから
そして健気な男達は、彼女達が口にしなくても、彼女達が「してほしいであろうと思う」ことをする
そしてそれは本当に彼女達がしてほしかったこととは異なる場合が多く、結果、

「あの男は全然女心が分かってない」「全然私のことを分かってくれない」







・・・違います
「気持ちは言わなきゃ伝わらない」んです
彼女達はいつも、後になってから
「なんであの時〇〇してくれなかったの!?」「あなたが〇〇だったらこんなことにならなかったのに!!」

・・・じゃあ、なんでその時に言葉で伝えなかったんだよ

確かに女性が言いづらく、男性が察してあげなきゃいけないことはあります

が、キレイな娘は男が察することを求めます

女を磨くことはとてもいいことです

でも、結婚を考えた時に中身が磨かれてないと結婚しても互いに苦労するだけです

反対に

「外見だけで女を判断する男は本当バカ!なんで中身を見ないのよ!!」

と言っている、もう何年美容室に行ってないのか分からない、ジュース・お菓子が大好きだけど運動がキライらしく、服の上からでも分かる腹の肉付きで、なぜかファッションだけは気を使ったつもりなのか可愛らしいミニスカートをはいているが足が太いため、もう他人への嫌がらせにしか思えない娘もいます

女を疎かにしている娘はどんなに中身が磨かれていても女性としてみれないんです

結婚して、嫁としては素晴らしくても女としては・・・じゃあダメだと思います

僕が生きてきて、思うことの一つとして世の中バランスが大事だと思うんです

子供の頃は
「白黒ハッキリしてる方がカッコイイ」「人生0か100だろ!」「99%ムリでも1%の可能性に賭ける!」
というカッコイイ人生にしたいと思っていましたが、そればかりじゃ人生って生きにくいみたいです

バランスがとれなくなり、どうしていいかも分からなくなった時は「白黒つける」ようにすればいいんでしょうね

なんて言ってる僕自身は男としてどうなんだという疑問を抱きつつ、
健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です<前フリ長!

では意識して運動をする時間をつくることが大切だと言います

「女性は一般的に、35歳をピークに筋肉の量が減り、体力が低下していきます。閉経後の女性では、特にこの傾向が強くなります。座ったまま過ごす時間が長いと、若いときのような筋力や身体機能を取り戻すのが、ますます難しくなります」と、
研究を主導した米コーネル大学ヒューマン・エコロジー学部のレベッカ セガン氏(栄養学)は話す
 

現代は豊かな生活を享受しており、体を動かす機会が減ってきていて、移動は車や電車やバスで、
掃除や洗濯などの家事を体を使わず電化製品で賄うのが当たり前になっているので、
意識して体を動かす時間を作り、それを増やしていくよう対策しないと、体力は衰える一方
 

少しの違いを積み重ねることが、年月が経つと大きな違いとなり、体に大きな影響を及ぼすことになる

「中年になったら、意識して運動をする時間をつくることが大切です。若い頃から対策することで、歳をとってから深刻な病気を発症しない体をつくることができます」と、セガン氏は指摘する
 

運動を習慣として行うだけでなく、筋力を向上させるレジスタンス運動も必要で、
運動は消費エネルギーを増やすとともに、筋肉量を増やして基礎代謝を高める効果もあるので、
特に閉経後の女性は、筋肉量を増やす運動を意識して行うことが必要だという
 

立ったり歩いたり姿勢を維持したりといった日常の動作の保つのに必要な筋肉は、
重力に対して立位の姿勢を維持する働きをすることから「抗重力筋」や「姿勢維持筋」と呼ばれ、
座ったままの時間が長いと、この抗重力筋が衰えてしまうと、研究者は指摘している








キレイな娘と付き合っても結婚まで至りませんが、中の下くらいの娘からは「結婚してくれ」くらいの勢いで迫られます
キレイな娘と一緒に居ると、カッコ悪いトコ見せらんないから無駄な力が入って常に不自然に振る舞ってしまいますが、中の下くらいの娘といると自然でいられます
とっても楽です
でもキレイな娘は、やっぱり好きです
こんなオレはどうすりゃいいんでしょうかねぇ
療養食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

今日は衝撃の事実座ったまま過ごす時間が長い女性は心臓病の死亡率が27%上昇です
この研究は、女性の健康増進の方策をさぐる目的で、
米国立衛生研究所等が1991年に開始した大規模研究「女性の健康イニシアチブ」の一環として行われた

調査は、閉経後の50~79歳の米国人女性9万2,234人を対象に行われ、座ったまま過ごす時間が長いと、
死亡率にどれだけ影響があらわれるかを調べたところ、1日に11時間を超える女性では、
4時間未満で活動的な女性に比べ、全ての原因による総死亡率が12%上昇しており、死因別に比較した所、
脳卒中などの脳血管疾患(CVD)は13%、心筋梗塞などの冠動脈疾患(CHD)は27%がんは21%
それぞれ死亡率が高くなっていた
 

調査前に、座ったまま過ごす時間が長くても、1日のどこかで運動をする時間をつくり活動的に過ごせば、
死亡リスクを低減できると考えられていたが、運動をしている人でも、座ったままの時間が長い女性では、
死亡につながる深刻な病気の発症率が高いことが判明した








下唇の痺れで歯科医院に行ったら「そんなことは有り得ない」と言われました
現代医学では治せない謎の奇病なのか!?
療養食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

今日は昨日の続きで約10万人の女性を8年間追跡して調査の結果です

研究では、約8年の追跡期間中に、3,491人の女性が新たに糖尿病の診断を受け、
筋力トレーニングに取り組んだ女性の割合はNHSでは19%、NHSIIでは33%に上った一方、
スロートレーニングを行った女性の割合はNHSでは28%、NHSIIでは38%に上った
 

データを解析した結果、筋力トレーニングとスロートレーニングは、
ともに独立して2型糖尿病の発症リスクの低下に関係していることが明らかになった
 

もっとも糖尿病の発症の少なかったのは、週150分以上の有酸素運動を行い、
加えて週60分以上の筋力トレーニングをしていた女性で、
ふだん運動をしない女性に比べて発症リスクは平均で70%近く低下していた
 

糖尿病の発症リスクは、筋力トレーニングのみを行っていた女性では40%低下し、
スロートレーニングのみを行っていた女性では20~30%低下していた

いずれの運動も、1週間の運動時間の合計が長いほど、糖尿病の予防効果が強まることも分かった
 

「運動に筋力トレーニングを取り入れると、糖尿病を予防する効果を得られることが分かりました。運動ガイドラインにある通り、有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせて、週に150分の運動を行うのが理想です」と、
ハーバード公衆衛生大学院のアンダース グロントヴェト氏はアドバイスしている








前の彼女が静岡旅行の土産を買ってきてくれたのを受け取るついでに、
一緒に最上稲荷に商売繁盛祈願に行ったら、方位学でいうところの僕の四緑木星が、
今年は「八方塞がり」という最悪の年だったようで、運気向上の祈願をしてきました

・・・商売繁盛はどうなったんだろうか?
療養食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

スロートレーニングで筋力を増強

この研究は、ハーバード公衆衛生大学院などの研究チームによるもので、
米国で行われている大規模研究「看護師の健康に関する研究Ⅰ・Ⅱ」で得られたデータを解析した
 

36~81歳の女性9万9,316名を対象に有酸素運動筋力トレーニングスロートレーニングに取り組んだ時間と、糖尿病の発症との関連を調査した結果を「PLOS Medicine」に1月14日付けで発表した
 

運動にはウォーキング・水泳等の有酸素運動とバーベルを上下して筋力を鍛える「筋力トレーニング」があり、組み合わせて行うと2型糖尿病の予防効果を得られ、
糖尿病患者では血糖値コントロールが改善することが知られている
 

実際、筋肉に軽い負荷をかけるスロートレーニングだけでも糖尿病予防効果を期待できる事が判明した

スロートレーニングとは、筋肉の発揮張力を維持しながらゆっくりと行う運動のことで、運動をしている間、
ずっと軽い負荷で筋肉の緊張を保つことにより、筋肉量が増え、筋力を増強することができる

このページのトップヘ