けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2014年04月







ドコモのカケ・ホーダイってさぁ、結局無料通話で通話料金賄えてて基本料金2000円台のプランでいけてるなら、カケ・ホーダイにする意味ねーじゃん
真心も配る配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

薬局でHbA1c測定 結果が出るまでの時間は6分

これまでは薬局で血液検査ができるかという課題があった

臨床検査技師法によると、通常の血液検査は都道府県に登録した衛生検査所で行うことになっている

微量の自己採血による検査はこれに当たる可能性があり、地域ごとに解釈や判断が異なるなども、
取り組みを広げる際のハードルとなっていた
 

矢作氏らは、内閣府の規制改革ホットラインに規制緩和を要請

今回の改定により、薬局での自己採血検査に関して、衛生検査所としての登録は不要となった

改定は4月1日付で適用される

医師法や薬事法との関係も整理したガイドラインも近く示される予定だ
 

プロジェクト代表の矢作直也・筑波大准教授は、「糖尿病は初期には自覚症状に乏しいため、検査を受けなければ見つからず、重症化してから発見されることも少なくない。薬局での自己採血検査は今後、いっそう普及していくだろう」と述べている






「採血 イラスト」とヤフー検索したら↑の画像が出てきました
炎の配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

薬局でHbA1c値を測定し糖尿病を早期発見 自己採血が解禁

4月より薬局などでの自己採血検査が正式に認められることになった

薬局でHbA1c値を測定し糖尿病を早期発見するプロジェクトが東京都足立区徳島県で実施されている

今後はこうした活動が全国に広がりそうだ

3月31日に厚労省より臨床検査技師法に基づく告示改正が公布され、自ら採取した検体について、
診療の用に供さない生化学的検査を行う施設が新たなカテゴリーとして新設された
 

これは、身近な薬局で簡易検査を行うことで、
糖尿病の早期発見・治療につなげようというプロジェクト「糖尿病診断アクセス革命」の成果などを受けたもの
 

これまで薬局等での自己採血検査は法的位置づけが不明確で、いわゆるグレーゾーンとして扱われてきた

これが解消されたことにより、地域の健康拠点として、薬局の取り組みに弾みが付くと期待されている







約束はいらないわ~♪果たされないことなど大嫌いなの~ぉ~♪
本能で生きている配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

糖尿病合併高血圧の降圧目標は130/80mmHg

糖尿病合併高血圧の降圧目標は、130/80mmHg未満(家庭血圧では125/75mmHg未満)に据え置かれた

血圧が140/90mmHg以上ではただちに降圧薬を開始するとした
 

欧米では収縮期血圧を140mmHgに緩和する動きが広がっており、米国糖尿病学会(ADA)は昨年、
降圧目標を140/80mmHg未満に緩和し、ESH-ESC2013ガイドラインでも140/85mmHg未満となった
 

「日本は、心筋梗塞よりも脳卒中の発生が多い。心筋梗塞の多い欧米とは疾病構造が異なり、エビデンスの解釈も脳卒中予防に重点をおく。糖尿病合併高血圧患者では厳格な血圧管理が求められ、脳卒中を主体とした心血管病を予防するにはやはり130/80mmHg未満を目指すべき」と島本氏は説明した
 

また、糖尿病合併高血圧患者における降圧薬として、ARB、ACE阻害薬を第一選択薬として推奨した
 

JSH2014は、日本高血圧学会公式サイトで公開されるほか、より簡便にしたダイジェスト版や文献集、
患者向けGLの発行も予定されている







今週からのお客さんで、某店の店長さんから電話があり「おえ、酒2本買ぉてきてくれぇ」と言われました
・・・いや、ウチ酒屋じゃねーし

確かに「次回配達時に部屋の片付けや日用品の買い出し等の軽作業も無料で承ります」って謳ってますが、
酒だけ買って持って行くのって、ただのパシリじゃん

なので「あくまで配達のついで」ということを説明すると、
「日本語の解釈なんて皆違おぅが。ワシは買ってくるもんじゃ思うて言うとんじゃ。ええから買おてけぇ。」

と、ほざくので100兆歩譲って「では、午後の配達の時にお持ちしますんで。」というと、

「遅せぇわ。ワシャ今欲しいんじゃ。」

と、ぬかしてケツかるので、お断りすると、

「・・・もうエエわ。」

と、電話を切りやがりました

いやはや、お客さんの為と思って色々してると、中には勘違いする人もいるんですなぁ・・・

ってか、曲がりなりにも店長という立場の人がこんなこと言っちゃダメでしょ

健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です


高血圧治療ガイドライン2014 糖尿病の降圧目標は130/80mmHg
日本高血圧学会は「高血圧治療ガイドライン2014」(JSH2014)を公表した

日本高血圧学会GL作成委員会(委員長:島本和明氏)が都内で開催した記者発表会では、
学会のGL作成委員と査読委員、内部評価委員、
関連14学会ならびに日本医師会や日本薬剤師会などからも協力を得て、計151人の委員が策定にあたり、
最新のエビデンスにコンセンサスも取り入れたアップデイトな内容」にしたことを強調した

今回の改訂では、高血圧の診断基準(降圧薬治療開始基準)は従来の「収縮期140mmHg以上、
拡張期90mmHg以上
」を維持した

一方、血圧を下げる努力目標である降圧目標を「若年・中年者高血圧」の場合、
130/85mmHg」から「140/90mmHg」に改訂し、診断基準と統一した(診察室血圧)

後期高齢者(75歳以上)は「140/90mmHg」から「150/90mmHg」に変更した(診察室血圧)
 

JSH2014の要点は以下の通り――


(1)序章でディオバン関連文献の扱い、ジェネリック医薬品の扱いなど、次回改訂への課題を含めて、
   作成過程を詳しく紹介した

(2)主な変更点を46項目で前付けして、変更を理解しやすくした

(3)後付けの降圧薬一覧に副作用の表を付け、1冊で診療に必要なほとんどの知識を網羅できるようした


特に重要な変更点は次の通り――


1. 「家庭血圧」は、朝夕2回測定し、1機会で2回測定の平均を原則として、
  「診察室血圧」と評価が異なる場合は、家庭血圧の評価を優先する


2. リスクの階層化で「正常高値血圧」を除外し、初診時の高血圧管理の図と整合性をとり分かりやすくした


3. 第1選択薬は、β遮断薬を除き、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、ACE阻害薬、Ca拮抗薬、
  利尿薬(サイアザイド系利尿薬、サイアザイド類似薬)の4剤にした。併用もこの4剤で行うが、
  β遮断薬は心不全、頻脈、狭心症、心筋梗塞後では第1選択薬として推奨する


降圧目標では、中年者で診察室血圧140/90mmHgとするなど事実上の緩和とみられる改訂も行われたが、
島本氏は「高血圧の診断基準値と降圧目標値を統一し、治療開始値との"ギャップ"という矛盾を解消する措置をした。ただし、130/85mmHgを目指した方がいいのは変わらず、降圧目標の緩和を意図したわけではない」と説明した







初夜勤ガンバレ~
宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

食べたいだけ食べるのは体に毒

アカゲザルの食事を制限し寿命にどけだけ影響するかを調べた実験は、米国立老化研究所も行っている

その実験では「カロリー制限により寿命は延びない」と報告された
 

NIAとWNPRCの実験が異なる結果になったことについて、「NIAでの実験では、国立科学アカデミーが作成したヒトを対象とした標準食のチャートのデータをもとに、一定の量のカロリー制限を行いました。それに対して、WNPRCの実験では、アカゲザルに食べたいだけ食べさせて、そこから30%のカロリー制限を課した点が異なります」と、コールマン博士は説明する
 

「NIAの場合は、結果として対照群でも10%程度のカロリー制限がされており、寿命延長の差にあらわれなかったのではないか」と述べている
 

今回の実験により、食事のカロリーを制限することが、加齢に伴い増える生活習慣病の発症を抑え、
寿命を延ばす可能性が高い
ことが裏付けられた

カロリーを制限することで、体の代謝の再プログラミングが行われる可能性が高いという
 

「ただし、人間が食事のカロリー摂取を30%減らすのは難しいことです。極端なカロリー制限は勧められません。今回の研究は、カロリー制限がどのような効果をもたらすかを、基礎生物学の分野で解明したものです。人間を対象とした場合でもさらなる解明が期待されます」と述べている

このページのトップヘ