けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2015年01月







よく「オマエみたいな人生は歩みたくないわ~」と言われますが、
これはこれで楽しいですよ♪

退屈しないですしね^m^

前向きなのか何も考えてないのか自分でもわからない宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

「野菜を食べよう」キャンペーンを開始


糖尿病のリスクは年齢とともに上昇すると考えられていたが、実際に調査すると、
男性では若い人も中高年もほとんど変わらず内臓脂肪の多い人が増えていることが判明


さらに野菜の摂取量が少ない人ほどリスクが高くなることが分かった
 

足立区が2014年に行った調査では、
「野菜から食べることに糖尿病の予防効果がある」ことを知っている人の割合は73%と高かった

しかし、野菜の1日の摂取量の目標が350gなのに対し、区民の野菜摂取量の平均は254gで、
全国1位の長野県の約7割にとどまり、東京都の平均と比較しても低い水準にある
 

糖尿病を予防するため、若い男性に野菜を食べてもらいたいと考えた足立区が目をつけたのが外食産業だ

あだち ベジタベライフ~そうだ、野菜を食べよう~」をキャッチコピーに掲げキャンペーンを開始した
 

野菜には食物繊維が豊富に含まれ、野菜から食べると血糖値の急激な上昇を抑えられる

また、野菜をよく噛んで食べることで食べすぎを防ぎ肥満防止につながる
 

野菜が食べやすくなる環境づくりに協力する小売店や外食店を、
「足立区ベジタベライフ協力店」として認定する取り組みを開始し、昨年12月までに517店舗を登録した
 

さらに、若い世代が食事や運動の習慣が身につくよう子供の保護者などに対して継続した啓発を行っている

食育やおいしい給食の中で野菜摂取の効果を伝え、野菜から食べる習慣を身につけることで、
子どもの頃からの糖尿病予防に取り組んでいる







私と結婚することにおいて何も問題がない女性は居ないのでしょうか(T_T)

結婚障害の診断でも下りたのかと思っている宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

糖尿病有病者の4割が治療を受けていない

足立区は糖尿病関連の医療費が1人あたりいくらかかっているかを東京23区で比較した

40~74歳の国保被保険者で、糖尿病を主傷病としたレセプト(医療費の明細書)1,000件あたりの件数は、
23区でもっとも多い48件だった
 

1人当たりの医療費も1,150円と上位にあることが判明

介護を必要とせずに生活できるという「健康寿命」は、東京都の平均より2歳も短かかった
 

また、40~59歳の区民を対象に行った調査では、
特定健診でHbA1c値が治療が必要とされる7.0%(NGSP値)以上だった人の4割は治療を受けていなかった

危機感を覚えた足立区は10年ほど前から、糖尿病予防の対策をとってきたが、なかなか効果が出なかった
 

そこで、区は2013年に糖尿病対策に重点を絞り、
健康寿命の延伸と医療費の抑制する目的で「足立区糖尿病対策アクションプラン」を策定した
 

糖尿病治療が必要であるにもかかわらず未治療の区民に対して、個別勧奨や相談会を設けるなどして、
糖尿病を重症化させない取り組みを進めている







初診料と検査料が無料になるクーポンを発行

東京都の足立区は、区民1人あたりの糖尿病関連の医療費が23区でもっとも多い

糖尿病が重症化するおそれがあるのに経済的な理由で治療をためらっている人がいるとして、
内科と眼科の初診料と検査料を負担する無料クーポンを渡すキャンペーンを開始した
 

対象となるのは、区内のさまざまなイベント会場に設置する測定コーナーでHbA1c値6.5%以上とされ、
内科受療中でない20~59歳の区民

 

クーポン利用分の費用はNPO法人「足立区糖尿病対策推進協議会」が国の補助事業を活用して負担する
 

HbA1c値5.6%から6.4%までの人は、
メール・電話でのアドバイスを通じて自力で生活習慣改善を試みる「生活習慣改善プログラム」を利用できる
 

昨年12月には、区内のスーパーで看護師が希望者から採血し、血糖値を無料で測定した

104人にHbA1c値測定を行い、7人がプログラムの対象となった
 

参加者の中には、すぐにでも医療機関の受診が必要な人もいたという

「お金や仕事などを理由に、受診に結びつかないケースも多い」と、
同区の衛生部こころとからだの健康づくり課の担当者は話す
 

参加者からは「自覚症状が出ないと、医療機関に行く気にならない。検査を受けはじめて糖尿病のリスクがあると分かった」といった声が寄せられた

みなさんごきげんよう♪
全般性不安障害です(^^)/

なので常に焦り、落ち着きがないので何をするにも、ムダに力が入ってしまいます

例えばヒゲ剃り

私のアゴはヒゲが豊富に生い茂っていますので、電動ではなくT字カミソリを使っています

もちろん少しずつ、ヒゲの生え方に沿ってゆっくり力を入れずに剃っています

その結果が

P1010397




















です

・・・って、なんで血まみれやねん!

ってか、毎日こんなカンジです

ムダな力が入らないように剃っているんですが、自分の意思とは無関係に力が入るのでどうしようもないんです

もちろん今日も血まみれな宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

「良い睡眠はとれていますか?」「最近、しっかり眠れていますか?」




今年2月に行われたセミナーの様子
 


このところ、医療機関での問診や保健指導では、「睡眠の質」について問われることが多くなりました

というのも、わが国では、成人の4人に1人が睡眠に関連した健康問題を抱えていると言われているためです

睡眠不足が続くと、血圧値や血糖値が上昇しやすくなり、高血圧、糖尿病、
高脂血症などの生活習慣病や心筋梗塞や脳血管障害のリスクが高まります

さらに進行すると、免疫力を低下させ、インフルエンザなどの感染症や、
がんの発症も増えることが知られています

本講演会では、「良質な睡眠確保(多休)による生活習慣病予防」をテーマに、
日本睡眠学会理事長の伊藤 洋(東京慈恵会医科大学精神神経科教授、葛飾医療センター院長)先生に、
ご講演いただきます

厚生労働省が今年3月に公表した「健康づくりのための睡眠指針2014」を解説いただきながら、
生活習慣病予防のための快眠生活について考えていきます

また、共催する公益財団法人がん集学的治療研究財団からは、
がん免疫療法の第一人者である山岸久一(京都府地域医療支援センター長/京都府立医科大学前学長)先生にご登壇いただき「免疫力の向上に役立つ多休とがん予防」をテーマにお話いただきます

1日6時間の睡眠を取るということは、人生の4分の1はベッドの中で過ごすということ

人は眠らずに生きることはできません

これを機に、睡眠について真剣に考え、生活習慣病を予防し、健康寿命を伸ばしませんか?





明日どうなるかなんて誰にも分からないんです

いくら綿密に計画を立てようが、どんな状況になっても対応できるように準備しようが、
結果として起こることのほとんどは偶然の産物です

人生何が起こるか分からない宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

「1日1万歩」を実行するためのアドバイス

運動不足が健康に悪い影響をもたらします。運動不足を解消し、ウォーキングを毎日続ければ、あなたの寿命を延ばすことができます。今回の実験では、ウォーキングを5日間それをサボっただけでも脚の血管内皮機能が損なわれ、それを元に戻すために時間がかかることが分かりました」と、
ミズーリ大学医学部のポール フェデル准教授は言う
 

「運動不足が原因となり、体重が増え肥満になりやすくなります。肥満から引き起こされるのは、血糖を下げるインスリンの効きが悪くなる“インスリン抵抗性”と2型糖尿病です。心筋梗塞や脳卒中も起こりやすくなります。しかし、効果的な対処法が明らかになっています。それは適度な運動を続けることです」と、
フェデル准教授は説明する
 

米国の健康ガイドラインでは1日1万歩以上のウォーキングが推奨されているが、
平均的な歩数は6,000歩にとどまっているという

「今回の研究で分かったのは、もしあなたが1日中座ったまま生活を続けていて、それが健康に悪影響をもたらすと知らないでいたら、生活習慣病のリスクが上昇するということです」としている
 

オーストラリアのモナッシュ大学は大学の職員や学生を対象に「1万歩を歩こうキャンペーン」を展開している

「1日1万歩」を実行するために、次のことをアドバイスしている
 


「1日1万歩」を達成するためのアドバイス
 

● 1日30分歩けば「1日1万歩」を達成できる

 10分のウォーキングを行えば、平均的に1,000歩を増やすことができる
 
 運動を習慣として行っていない人の1日の歩数の平均は6,000~7,000歩程度

 30分を多く歩けば「1日1万歩」は達成可能
 

● 日常で工夫すれば歩数を徐々に増やせる

 これまでウォーキングをしてこなかった人が、いきなり1万歩の目標を達成するのは難しい

 ウォーキングの時間を徐々に増やしていけば、やがて目標を達成できるようになる

 最初は「エレベータやエスカレーターではなく階段を使う」「1つ前の駅やバス停で降りて、歩くようにする。 慣れてくれば2つ前で降りるようにする」といった日常生活で工夫を重ねれば歩数を増やせる
 

● 歩数計を持ち歩く

 歩数計を持ち歩き歩数の記録をすることが、
 ウォーキングに対する動機付けになることが過去の研究で確かめられている

 最近の歩数計は、ウォーキング以外の身体活動を記録したり、小型の腕時計タイプのものも出ており、
 値段も安くなっている

 インターネットに接続し、歩数の記録を保存できるサービスもある

 これらの商品やサービスを上手に活用することが、歩数の増加につながる
  

● 音楽プレーヤーを活用する

 ウォーキングの時間を退屈に感じている人は、携帯できる音楽プレーヤーやスマートフォンを活用して、  
 音楽やラジオ、ポッドキャストなどを聞けば、飽きることなくウォーキングを続けられる

 ウォーキング中にスマホで目に付いた風景を写真を撮る趣味をもち運動を続けている人もいる
 

● ウォーキングの仲間をつくる

 健康増進のためのウォーキングの取り組んでいる人はたくさんいる

 ウォーキングの仲間をつくり、会話をしながら歩いたり、ウォーキングの後で歩数をレポートすると、
 飽きることなく続けられ励みにもなる

 インターネットではウォーキング関連のフェイスブックなどがたくさんあるので、
 利用するのもひとつの方法だ
 

● 不安のある人は医師に相談

 脚や関節に不安をもっている場合は、医師に相談すれば安全のウォーキングのやり方を教えてくれる

 健康のコンディションに不安のある人でも、注意事項を守ればウォーキングは可能だ

このページのトップヘ