けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2015年02月





いいケツしてまんな~

宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

野菜を食べると血糖コントロールが改善

 

2型糖尿病の人が野菜を多く食べると、血糖コントロールが改善する
という調査結果も発表された
 

この研究は米ジョージ ワシントン大学などによるもので、解析の対象となったのは、
治療を受けている平均年齢42.5歳の2型糖尿病患者255人

野菜など植物性食品のみを食べる菜食主義の食事スタイルを4週間以上続けると、
血糖コントロールにどのような影響があらわれるかを調べた
 

菜食主義の食事スタイルに切り換えた結果、1日の食事の摂取カロリーは140kcal減少し、脂肪分は12%、
コレステロールは173mg、それぞれ低下
した

食物繊維の摂取量は7.0g増えた
 

参加者のHbA1cは7.2~8.2%だったが、菜食主義の食事スタイルによりHbA1cは平均して0.39%低下した

また、空腹時血糖値は6.4mg/dL低下した

「野菜を食べる食事スタイルは、糖尿病に関わるさまざまな検査値を改善しました。菜食主義を続けた人は体重が平均して5kg以上減少し、多くの場合で肥満が解消されました」と、
ジョージ ワシントン大学医学部のニール バーナード氏は言う

野菜などの植物性食品に含めて乳製品や卵などを食べる「ラクト オボ ベジタリアン」では、
特に血糖コントロールの改善効果がみられ、HbA1cは平均0.7%低下した
 

野菜を多く食べることで、体のインスリンへの反応が良くなり、インスリン抵抗性が改善する

食事のはじめに野菜を食べることで、食後血糖値も改善するという
 

「野菜を食べることで、糖尿病治療薬であるα-グルコシダーゼ阻害薬に似た効果を期待できますが、血圧値やコレステロール値、体重も改善できるので、菜食主義はよりメリットが多いと言えます」と、
バーナード氏は指摘している






なんとか乗り切った感があります

宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

野菜・果物を食べると死亡リスクは低下

研究チームは、1980年の「国民健康・栄養調査」に参加した30~79歳の男女9,112人を24年間追跡調査し、
野菜と果物の合計摂取量と、脳卒中と心臓病などの循環器疾患による死亡リスクとの関連を解析した
 

24年間の追跡期間中に、823人が脳卒中や心臓病で死亡したが、性別、年齢、飲酒習慣、喫煙習慣、
食塩や他の食品摂取量などの交絡因子を調整して解析したところ、
野菜・果物の摂取量が多いほど死亡リスクは低下することが明らかになった

参加者を野菜と果物の合計摂取量で4群に分けたところ、
もっとも少ない群(Q1)の摂取量は1日275g(野菜4皿)、2番目に多い群(Q3)は1日486g(野菜5皿と果物1皿)、もっとも多い群(Q4)は1日652g(野菜7~8皿と果物1皿)だった
 

もっとも少ない群(Q1)に比べ、2番目に多い群(Q3)で28%、もっとも多い群(Q4)で26%、
それぞれ循環器疾患の死亡リスクは低下した
 


健康増進を目的に国が推進する「健康日本21」(第2次)では、
「野菜 350g」「果物 100g」を1日の目標摂取量に定めている

Q3の摂取量はこの目標量とほぼ同じだった


野菜料理の1皿分の量はおよそ70g

たとえば「青菜のお浸し」「野菜サラダ」「カボチャの煮物」などの小皿を1日5皿食べると、
350gを満たせるという

また、果物1皿分はリンゴであれば、2分の1個に相当する
 

野菜のみの摂取量で比較したところ、やはり野菜を多く摂取している群では死亡リスクは低下した

1日300g以上の野菜を摂取している群では、最も少ない群(1日170g)と比べて死亡リスクは19%低下した
 

「食塩摂取量を抑えながら、野菜を毎食、果物を1日1回、毎日食べることで、将来の脳卒中や心臓病を予防できる可能性が示されました」と、奥田准教授はアドバイスしている







連帯保証人には何があろうとなってはいけません

宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

野菜の目標量を満たしていない日本人

研究は、人間総合科学大学健康栄養学科の奥田奈賀子准教授らの研究グループが、
厚生労働省研究班が実施している大規模研究「NIPPON DATA研究」のデータを解析したもの
 

NIPPON DATA研究は、循環器疾患の基礎調査を目的とした、
日本を代表する大規模な長期追跡研究(コホート研究)だ
 

野菜・果物を食べる事で循環器疾患をどれだけ防げるかを、20年以上継続して調査したのは今回が初めて

研究成果は「欧州臨床栄養学雑誌」(European Journal of Clinical Nutrition)に発表された
 

野菜は低カロリーで、食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含む

主食、主菜、副菜をそろえて食べる和食は、本来は野菜を多くとりやすい食事スタイルだ
 

しかし、日本人の野菜摂取量の平均は、2013年の調査によると30歳代で249g、40歳代で245g、
50歳代で286gだった

いずれも10年前に比べ減少しており、目標摂取量の350gに達していない

特に緑黄色野菜や葉物野菜、海藻などの摂取量は減っている傾向があるという







法律を守らないと罰せられるので「法律は絶対守れ」と世間の大人達は言います

が、そんな大人達は車を運転している時に40キロ制限の道路を50キロで走ったりしています

道路交通法違反です

大人は自分の言葉に責任を持たなきゃいけないですよね

「シングルファーザーにプロポーズされたら承諾しなければならない」という法律を作ってほしい宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

玄米を活用すれば糖尿病リスクを下げられる
 
2型糖尿病の原因のひとつは、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞の量が減少すること

変性タンパク質が過剰に蓄積すると小胞体ストレスが亢進し、β細胞が細胞死(アポトーシス)し、
インスリンの産生量が減る
 
高脂肪の食事をとり続けると、摂食中枢で小胞体ストレスが起こり、高脂肪食への依存性がさらに高まる

研究チームは過去の研究でγ-オリザノールにこの小胞体ストレスを低下させる効果がある事を解明していた
 

研究チームは今回の研究で、γ-オリザノールが小胞体ストレスを抑えβ細胞の細胞死を抑制し、
インスリン分泌能を高める作用をする
ことを突き止めた

γ-オリザノールはβ細胞に直接的に作用してインスリン分泌を促進するのに加え、
血糖値を上げるグルカゴンの分泌も抑制するという
 

マウスに高カロリー食のみを13週間与え続ける実験を行ったところ、
インスリン分泌量が少なくなり血糖値が上昇した

糖尿病のマウスではβ細胞の細胞死が起きていることを確認

別のマウスに、高カロリー食とγ-オリザノールの両方を摂取させたところ、β細胞の機能は正常に保たれ、
インスリンの分泌量も増えていた
 

生活習慣病ではない糖尿病を想定し、
ストレプトゾトシンを投与し膵臓を破壊し糖尿病にしたマウスを使った実験でも、
γ-オリザノールを与えるとβ細胞の数が増え、インスリンの分泌量が増えることを確認した
 
γ-オリザノールを豊富に含むのは玄米に限られるという

研究チームは、ヒトを対象とした臨床試験も計画しており、
γ-オリザノールを有効成分とする医薬品や機能性食品の開発にも着手している
 

「沖縄で古くから食べられてきた玄米の研究を行い、β細胞の減少を抑え、回復する作用があることを世界ではじめて明らかにした。玄米の価値を見直して活用することで、糖尿病治療の改善に貢献できるのではないか」と研究者は述べている






性欲を力に変える男、宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

玄米に含まれる「γ-オリザノール」が糖尿病を改善

琉球大学などの研究チームは、玄米に含まれる成分「γ(ガンマ)-オリザノール」に、
膵臓のβ細胞の減少を抑えインスリンの分泌を促進し、
血糖値を下げる効果がある
ことを世界ではじめて明らかにした
 

研究は、琉球大学大学院医学研究科の益崎裕章教授と、
同大学院医学研究科所属で日本学術振興会特別研究員の小塚智沙代氏らの研究チームが、徳島大学、
大阪大学と共同で行ったもの

米国内分泌学会が発行する医学誌「Endocriniology」に発表された
 

沖縄県では古くから玄米が食べられており、
玄米を食べ続けると血糖値の上昇が抑制されることは従来から知られていた

メタボリックシンドロームの人を対象に行われた過去の研究でも、玄米をよく食べる人では体重の減量、
血糖値の低下、血管の改善などの効果を得られることが明らかになっている
 

しかし、どのようなメカニズムでそうした結果になるのか、詳しくは分かっていなかった

そこで、研究チームは玄米の胚芽に含まれる「γ-オリザノール」という成分に着目した
 

細胞小器官のひとつである小胞体は、「タンパク質の加工工場」と呼ばれており、
さまざまなタンパク質の合成に関わっている

小胞体の中に役割を終えて不要になったタンパク質や、異常なタンパク質が蓄積すると、
機能障害を起こすのが「小胞体ストレス」だ
 

小胞体ストレスを抑制する「4-フェニル酪酸(4PBA)」と呼ばれる化学物質がある

γ-オリザノールの化学構造式は、4PBAに似ているという

研究チームは、γ-オリザノールは4PBAと同様に小胞体ストレスに対して抑制的に働くと考えた

このページのトップヘ