けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2015年07月

はじめましての画像(プリ画像)

今日は私の誕生日です

今日で精神年齢14歳に低下しました♪

めでたく中二病の仲間入りです

男は歳じゃない宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

"喫煙習慣があるが健康"は誤り
 
「喫煙者の半数は呼吸器疾患を発症しており、その多くは初期のCOPDであることが判明しました。そして、その多くは一般的な健診では見逃されています」と、レーガン氏は言う
 

喫煙は身体機能と生活の質の両方を低下させる

1日に30分以上の喫煙を続けている人には、肺のCTスクリーニングが必要で、
COPDや肺がんを早期発見できれば、死亡率を20%低下できる可能性があるという
 
米疾病対策センター(CDC)によると、米国の喫煙者数は約4,200万人に上るという

CDCは、国内の予防可能な疾患と死亡の原因の第1位に喫煙を挙げている
 

「今回の研究で、"喫煙習慣があるが健康"という俗説は誤りであることが明らかになりました。喫煙による長期的な悪影響や肺疾患を予防するために、禁煙を促す対策がいっそう必要であることが浮き彫りになりました」と、レーガン氏は指摘している

no titleの画像(プリ画像)


先週くらいから肩と胸の痛みと意識の薄れと脱力感に気持ちの落ち込みが激しいのが続いています

そんな中で思うのは「ハダカの姉ちゃんで埋め尽くされた25mプールに飛び込みたい」という願いでした

・・・前向きなのか後ろ向きなのか元気なのか疲れているのか分からない宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

健診で「異常なし」と判定された人の半数以上で呼吸器障害を発見
 
喫煙者と長期の喫煙経験のある人のうち、健診の一般的な肺検査で「異常なし」と判定された人を対象に、
胸部CT検査、スパイロメーター(肺活量計)検査、歩行検査、
呼吸器に関するQOL(生活の質)の聞き取り調査などでより詳しく調べたところ、
半数以上で呼吸器関連の障害が認められることが判明した
 

発見された肺の異常の多くは「慢性閉塞性肺疾患」(COPD)で、
肺がんなどの進行性の疾患の早期段階とみられる患者も多いという
 

喫煙率の低下により、米国では肺がんによる死亡数が減少しているが、
「肺がんは依然として大きな脅威であり、禁煙に向けたさらなる対策が必要とされています」と、
全米ユダヤ医療センターのエリザベス レーガン氏は指摘している

レーガン氏らは、1日に1箱以上の喫煙を10年間続けていた45~80歳の8,872人を対象に調査を行った

半数は広く行われている健診の肺検査で「異常なし」と判定されていた
 

だが、身体的な機能障害、呼吸器症状、CT検査、投薬状況、
呼吸器が関連する生活の質に関する問題などの検査をした結果、
55%に何らかの呼吸器機能障害が認められることが判明しました」と、レーガン氏は言う
 

一般的な健診で「異常なし」と判定された人を対象に、CTスキャンで詳しく調べたところ、
42%で肺気腫や喉頭炎が発見された
 
また「息切れがする」と答えた人は、非喫煙者で3.7%だったのに対し、喫煙者では23%に上った

さらに、6分間歩行テストを行ったところ、350m未満の異常が認められたのは非喫煙者では4%だったが、
喫煙者では15%
に認められた

外国 海外 屋外 野外 自然 人物 1人 外国人 白人 セルビア人 大人 若い 女性 女 女の子 胸から上 横向き ブルネット 黒髪 セミロング まとめ髪 ひっつめ髪 無造作ヘア 普段着 青緑の服 ノースリーブ キャミソール ネックレス ペンダント レザーコード ブレスレット アクセサリー 眼鏡 メガネ めがね ペットボトル 水 飲む 空 雲 健康的 水分 脱水症状 熱中症

この前、ウチの子と同世代の子供を持つお母さんと話す機会がありました

そのお母さんの子はウチの子と違って障害はありませんが、
子育てをしている人で悩みを持たない人はいませんよね

そのお母さんが言ってました

「・・・ウチの子なんてどうせ普通に大学行って普通の会社に就職して普通の結婚するんだろうなって思うと・・・ため息が出るわ」

私は思いました

「・・・いや・・・それでいいじゃん・・・むしろ幸せじゃん・・・」

ウチの子が普通に大学行って普通の会社に就職して普通に結婚してくれたらどんなに嬉しいか・・・

と、いうように、発達障害のある子の親は普通の子を羨みますが、普通の子の親は何でも出来る子の親を羨みます

また、貧乏人は金持ちを羨みますが、金持ちは自分より金持ちな人を羨みます

つまり人間の欲望ってキリがないってことです

だから、どんなに上を見てもキリがないんです

意味が無いんです

だったら、今できる精一杯のことをやりましょうや

上ばっかり見て、結局出来なくて後悔するよりも、そっちの方がよっぽど人生の糧になると思います




あ、もちろん人生はバランスが大事だし、過ぎたるは猶及ばざるが如しなので、
やり過ぎてもやりなさ過ぎてもダメなので「今できることしかやらない」と曲解しないようにしてくださいね

熱中症の予防・対策

「水分を」こまめにとろう
のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう

スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分
の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります
「塩分を」ほどよく取ろう
過度に塩分をとる必要はありませんが、毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう

大量の汗をかくときは
特に塩分補給をしましょう
「睡眠環境を」快適に保とう
通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中
症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう
「丈夫な体を」つくろう

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう

体調管理をすることで、熱中症に
かかりにくい体づくりをすることが大切です

熱中症かな?wwの画像(プリ画像)


↑この時期、大変ですな

宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

熱中症

熱中症は、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です

以下のような症状が出たら、熱中症にかかっている危険性があります
めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです

一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります

筋肉痛や筋肉のけいれん

「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります

筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります

体のだるさや吐き気

体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります

汗のかきかたがおかしい

ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど、汗のかきかたに異常がある場合には、
熱中症にかかっている危険性があります
体温が高い、皮ふの異常

体温が高くて皮ふを触るととても熱い、皮ふが赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです
呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする

または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっ
すぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症にかかっています

すぐ医療機関を受診しましょう

水分補給ができない

呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です

この場合は、むり
やり水分を口から飲ませることはやめましょう

すぐ医療機関を受診しましょう

美少女 feat.近隣のおばちゃんの画像(プリ画像)

障害年金不服申し立て増加 受付封じる動きも ~少人数で審理は滞留~

障害年金の不支給や打ち切りに納得できない人が増えている

不服申し立てを受けた審理件数は10年間で3.5倍増の年約6500件だが、
申し立てを審理する体制は半世紀の間、変わってない

担当者の人数が限られて審理は滞留しており、内部から改善を求める声が上がっても放置され、
受付窓口では不服申し立てを封じるような動きすら出ている

「受付件数の増加により、裁決まで平均で8か月程度を要しています」

香川県に住む身体障碍者の50代男性は今年3月、国の社会保険審査会から通知を受け取った

以前は片脚だけだった障害が病気の悪化で両脚になり、年金の増額を申請したが認められず、
再審査請求に至った

二審制となっている不服申し立ての審査に当たる担当者は驚くほど少ない

一審に当たる地方厚生局の社会保険審査官は定数が全国で102人

二審段階の社会保険審査会の委員は6人

件数は昔と比較にならないくらい増えているのに、約50年前から同じ人数だ

審査会の審理期間は2009年度には平均約5か月だったが、
今や「迅速な救済」という本来の役割を果たせていない

男性は

「8か月もかかっていたら障害の重い人の中には亡くなってしまうんじゃないか」

と憤る







「上司から『審査請求(不服申し立て)を受けるな』と言われたことがありました」

と、関西地方の年金事務所を今春退職した日本年金機構の元職員は、こう打ち明ける

「『丁寧に説明し、納得してもらうように』というのが建前だったが、申立件数を増やしたくない意図が明らかだった。国民の権利の制限になるので問題だと思った」

と語る

一方で障害者団体などには

「年金事務所で『不満があるなら審査請求して下さい』と突き放すように言われた」

という相談も寄せられている

各地方厚生局の社会保険審査官はホームページに

「審査請求を行う時は、あらかじめ年金機構などから決定の内容について詳細な説明を受けて下さい。単なる要請・陳情など不適切な審査請求になる場合があるからです」

といった案内文を載せている

しかし、機構から不支給判定などについて詳しい説明を得られることは少ない

障害基礎年金の判定事務を担うのは、機構の都道府県事務センターで、現役職員によると、
あるセンターでは判定する医師担当職員の間で判断理由などについてメモが交わされるが、
申請者への説明の為に年金事務所に書類を送る際は、メモを一切添付しないという

その為、申請者には不支給になった理由は伝わらない

この職員は「メモを出すと余計に突っ込まれるから、そうしているのだと思う」と話す

障害年金支給の申請自体は増加傾向にあるが、小幅な伸びだ

一方で不服申し立てが急増しているのは、機構の判定に不満を抱く人が増えていることを物語る

社会保険審査会の委員からは、厚労省に改善を求める声が何度も上がっていたという

ある元委員は

「機構の判定の地域差は何年も前から指摘していた。厳し過ぎる不支給判定を審査会で覆しても同様の事例が繰り返される。委員の増員要求も聞き入れてもらえなかった」

と証言

「今のままでは国民の為になっていない」

と嘆いた

という話を聞いて嘆いた宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

健康的な近隣環境で2型糖尿病発症リスクが低下
 
健康的な食品が手軽に入手できる
あるいはジムやウォーキングなどの運動がしやすい近隣環境の居住者は、
2型糖尿病の発症リスクが低下することが新しい研究で示唆された

糖尿病発症リスクは、前者の環境では12%、後者の環境では21%それぞれ低下することがわかったという
 

「2型糖尿病の予防介入の多くは、個人の行動変容への努力に大きく依存している。この研究は、こうした個人ベースの介入プログラムを補完する際に、近隣の環境を考慮する必要性を指摘するものだ」と、
研究を主導した米ミシガン大学公衆衛生学部(アナーバー)のPaul Christine氏は述べている
 

ただし、同氏は、健康的な食品が入手しやすい環境について、

単に、近所にスーパーマーケットや青果店があるだけでは糖尿病発症リスクの低下にはつながらない

とも指摘

こうした食品の購買能力があるかどうかも重要な因子だとしている

この知見は「JAMA Internal Medicine」オンライン版に6月29日掲載された
 

研究の対象は、住民ベースのコホート研究であるMulti-Ethnic Study of Atherosclerosis(MESA)に参加した、ベースライン時に45~84歳で、2型糖尿病の既往のない5,124人。2000~2012年にわたり、
健康的な食品や身体活動の資源などの近隣環境への長期的な曝露と糖尿病発症との関連を検討した
 

その結果、中央値8.9年の追跡期間中に、対象中616人(12%)が2型糖尿病を発症した

2型糖尿病発症リスクは、健康的な食品が入手しやすい住民で12%、
運動がしやすい環境にある住民では21%それぞれ低下した
 

また、新規の2型糖尿病発症者の患者背景をみると、黒人およびヒスパニック系の人種、低収入・低学歴、
過体重あるいは肥満、2型糖尿病家族歴を有する人の割合が高く、
発症者では日ごろから健康的な食生活や運動の実施頻度が低いことがわかった
 

共著者の1人で、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校健康コミュニティセンター所長のNancy Adler 氏は

「2型糖尿病の予防には社会的・行動学的な要素が重要な役割を担うのは明白だが、環境を整備するだけでは不十分であり、個々人が生活習慣是正の有用性を理解し、積極的に改善に取り組むことが不可欠だ」

との考えを示している
 

Christine 氏は

「生活習慣をより健康的なものに改善できるよう、地域の環境整備が2型糖尿病発症予防につながる」

との見解を示しているが、現実には、その実現は容易ではないことも認めている
 

なお、同氏は

「今回の研究では、2型糖尿病発症率と近隣環境との関連性が示されたが、これらの因果関係を証明するものではなく、今後のさらなる検討が必要だ」

と付言している

このページのトップヘ