けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2015年08月

リンパ 毛細血管 血液 健康 マッサージ リンパ腺 流れ デトックス 美肌 冷え症 血行 免疫 改善 治療 エステ リンパ管 リンパ液 老廃物 血管 リンパ節 むくみ 肩こり 脇 ダイエット エステティシャン 運動不足 ストレス 日本人 ケア 女性

性格は変えられます

かのレオナルド・ディカプリオは某映画で「強迫性障害」の男性の役をすることになり、
役作りの為に精神科医や医学書から情報を仕入れ、実際に精神病院の入院患者病棟に3か月間、
精神病患者と共に生活をしながら役に入り込んだ結果、
本当に強迫性障害ではないかと思わせる演技をみせました

そして映画はクランクアップしたのですが、ディカプリオは演じた強迫性障害の症状が治まらなかったそうです

変に思った監督と共に精神科を受診した結果、ディカプリオは強迫性障害と診断されました



もちろん、その後通院し、障害は完治しました


このことからも分かるように、脳も体と一緒で、鍛えたり訓練することによって変えることができるんです

ただ、すぐにすぐ変えることは不可能ですが、毎日繰り返すことによって、人間は変わるんです

「私は〇〇だから・・・」

と思ってるそこのアナタ

長い長い人生の内のたった半年でいいから理想の自分に足らないものや、
自分に欠けている人間性を修復するために脳を訓練してみてはいかがでしょうか

よく「お前小学生の頃と全然変わらんな~」と言われる宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

運動不足の生活が続くと認知能力が低下しやすい


若年成人の冠状動脈疾患の発症リスクを調査した「CARDIA」研究は、
1980年代半ばに18~30歳の男女数千が参加して行われた


参加者に健診を受けてもらい、コレステロール値や血圧値などを測定した

さらに運動負荷試験を行い、運動能力を測定するテストを行った

それから30年後に48~60歳となった3,200人の参加者を対象に再び、
生活スタイルのアンケート調査と、作業の記憶、実行能力、
処理速度などを測る認知機能テストを行った

調査の結果、18~30歳の時点からずっとテレビの視聴時間が長かったり、
運動不足の生活を続けたりしている人は、認知能力が低下しやすいことが明らかになった

「テレビの視聴時間が1日に4時間を超えている」という条件が当てはまる人は11%、
「座ったまま過ごす時間が長く、低強度の身体活動を1日に50分しか行わず、消費カロリーが300kcal以下」といった条件が当てはまる人は17%、両方が当てはまる人は3%だった

2つの条件は揃う人では、そうでない人に比べ、認知機能の低下が2倍以上認められることが判明した

駅 階段 エスカレーター 混雑 込み合う 通勤 通学 ダイエット エクササイズ 日ごろの運動 なまけもの 怠け者 ものぐさ 楽 電車 ホーム コンコース バリアフリー 移動 移動手段 太る

将棋って、日本人の「許す精神」が現れていると、NHK知恵泉の西郷隆盛編で聞きました

西郷は戦に勝利した後、敵軍と敵対関係を続けるのではなく「許す精神」で同盟関係を結ぶ事を信条としていたそうです

これに対し他国は戦に勝利した後、敵軍は植民地にするのが当然でした

これはチェスや朝鮮将棋にも現れています

チェスや朝鮮将棋は敵駒を取ったら、その駒は使えなくなりますが、
日本の将棋では敵駒を取ったら仲間になります

日本人のこういった精神・・・大切にしたいですね

口ゲンカで勝利した後、完膚なきまで叩きのめす宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です<許す精神全くねーじゃん

若い頃から運動習慣のない人が年をとると「物忘れ」が増える
 
40歳を過ぎてから、忘れっぽくなったり、考えがまとまらなくなったと感じている人はいないだろうか

人の名前や単語を忘れやすい、あるいは鍵をどこにおいたかを思い出せない

こうした軽い認知能力の低下は中年期に起こりやすいが、人によってはかなり早くから発生する

テレビの1日の視聴時間が長く、運動不足の生活スタイルが若い頃から続いている人は注意が必要だ

そうした人は中年以降に認知能力が低下しやすく、認知症のリスクが上昇するという調査結果が発表された

この研究は、北カリフォルニア教育研究所(NCIRE)のティナ ホアン氏らが、
米国のワシントンDCで開催された国際アルツハイマー病学会の学術集会で発表したもの

米国の運動ガイドラインでは、18~64歳の成人はウォーキングなどの適度な有酸素運動を週に150分以上、
あるいは筋力トレーニングなどを取り入れた活発な運動を75分以上行う
ことが勧められている

しかし、米国疾病予防管理センター(CDC)の調査によると、
推奨された量の運動を実際に続けている人は5人に1人だという

運動不足は過体重や肥満につながり、2型糖尿病や心筋梗塞などの心疾患の発症リスクを高める

今回の研究では、運動不足が認知症などの脳の疾患にも悪影響をもたらすことが明らかになった

先着順5組までの画像(プリ画像)


プリンタの消耗品が限界に達したらしく、エラーメッセージが出たまま動かなくなりました

仕方ないのでサポートセンターに電話したら

「申し訳ありません、その商品のサポートは既に終了しております。誠にお手数ですが・・・買い替えをお願い致します。」




・・・マジっすか



いや、まだプリンタ動くんスよ!

ほら、プリンタの声が聞こえませんかぁ!

「・・・オレは・・・オレは・・・まだやれる・・・まだやれるぞぉーー!!」

「そうだ!コイツはまだ動くんだ!何とかしてくれないか!」

そして私は新しいプリンタを買ってきました

気持ちの切り替えは早い方な宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

「食べる順番」が血糖値とインスリン値に影響

 
食事療法は一生続いていきます。2型糖尿病患者は、食事でちょっとした工夫をすることで、血糖値を下げられ、必要なインスリン量を減らせることが明らかになりました」と、アロン教授は言う

今後の研究で詳しくフォローアップする必要があるが、
今回の研究は糖尿病患者の健康に好ましい影響を与えるものだという

米やパン等の炭水化物の多い食品を食べる前に、野菜やタンパク質の多い食品を食べた方が、
食後の血糖値の上昇を抑えやすい
ことは、過去の研究でも確かめられている

「我々は、糖尿病とともに生きる人が、血糖値を効果的に下げられる方法を常に探しています。糖尿病患者や糖尿病のリスクの高い人の食事について考えるときに、食事の量だけに着目するのではなく、血糖値を直接上昇させる炭水化物をどう摂取するかを考慮すべきです」と、アロン教授は指摘している

「糖尿病患者の食事を指導するときに、“食べてはいけない食品”を伝えるのではなく、“食べる順番に注意すること”をアドバイスすることで食事療法を改善できます」

ある順番の画像(プリ画像)

今日も仕事終わりに爽2つ食べようと休憩スペースに行きました

・・・ふと、久しぶりにリアルゴールドが飲みたくなり、一瞬休憩スペースの自販機で買おうとしたのですが

「・・・いや、ダメだダメだ・・・ただでさえカロリー高いの2つも食べるんだから、ここは節制しなきゃ。。。」

と思い、あきらめて席に着くと、目の前に飲みかけのリアルゴールドがありました

「こ・・・これは!!!」

・・・と思ったと同時に

「いやいやいやいや、それは飲めへんやろ」

と、冷静さを取り戻した矢先、

「・・・待てよ・・・もしかして、コレ・・・石原さとみの飲みかけかもしれない・・・岡山ロケの終わりにハローズで休憩して帰ったのかもしれない・・・ゆっくり休憩してたら帰りの新幹線の時間が迫ってきたせいでジャーマネに急かされて飲みかけのまま帰ったのかもしれない・・・ならば・・・ならば・・・!!・・・いやいやいやいや、ちょっと待てちょっと待てお兄さん!もしかしたらこれは人気番組「モニタリング!」かもしれない!岡山という田舎の庶民は誰が飲んだとも知れない飲みかけのジュースを飲むのか?みたいなのかもしれない!もしかしたらどこかに隠しカメラが仕掛けてあるかもしれない!・・・だがしかし!これを逆に捉えればこのドッキリでのオレのリアクションがキッカケで番組の準レギュラーに抜擢され、けんたくん岡山店の知名度がアップして売り上げもアップ!そして他番組にも出演し、深夜枠で持った冠番組がゴールデンに進出し全国的に有名になったオレは石原さとみと結婚するかもしれない!!!!!!!!!」

・・・って結局石原さとみかい!

「もしかしたら~かもしれない」ばっかり言ってますが、ただの妄想がオーバーヒートするだけです

かもしれない運転は、しない方がいいのかもしれないです

宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

食事でちょっとした工夫をすれば血糖値を下げられる
 
「糖尿病の治療では、薬物療法が重視されがちですが、食事療法はどの患者も行うべき重要な治療のプロセスです。しかし、残念なことに長年に身についた食事スタイルを変えるのは容易なことではありません。多くの人は食事を改善するのに手を焼いています」と、
ウェイル コーネル医科大学糖尿病・内分泌代謝学部のルイ アロン教授は言う

血糖値の上昇にもっとも影響を与える栄養素は炭水化物です。しかし、多くの患者にとって、炭水化物を摂取しなかったり劇的に減らすのは、実行するのが難しいものです。血糖値とインスリン値を下げられるもっと容易な方法があります」

 
研究チームは、2型糖尿病の患者11人に参加してもらい実験を行った

参加者は全員が血糖降下薬であるメトホルミンによる治療を続けていた

食事で食べる順番が、食後の血糖値の変動にどのような影響をもたらすかを調べるために、
1週間の間をおいて同じ献立で食事をしてもらった

食事の内容は炭水化物(チャバタパンとオレンジジュース)、タンパク質と脂肪(鶏のもも肉とバター)、
野菜(蒸したブロッコリー、レタス、トマトのサラダと脂肪分の少ないドレッシング)といったものだった

参加者はまず炭水化物を含む食品を摂取し、15分後に野菜、タンパク質、脂肪を含む食品を摂取した

食後30分、60分、120分後に血液検査をし、血糖値をチェックした

次に、同じ参加者に1週間後に、食べる順番を変えて同じ献立の食事をしてもらった

まず野菜、タンパク質、脂肪を含む食品を食べてもらい、15分後に炭水化物を含む食品を食べてもらった

その結果、炭水化物を摂取する前に、野菜とタンパク質を摂取した場合は、血糖値は食後30分後に29%、
60分後に37%、120分後に17%、それぞれ低下していた


野菜とタンパク質を最初に食べた場合は、インスリン値も際立って抑えられていた

ミニオンのケーキの画像(プリ画像)



心に余裕が無かったりストレスが溜まると過食になり、アイスの爽を1日2つ食べてしまう宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です・・・誰か止めてくれぇーーー!!!!

食事に20~30分の時間をかけると効果的
 
つまり、ゆっくり食べて、レプチンをうまく働かせれば、満腹感を得やすくなり、
食べる量を減らしてエネルギーが取り込まれるのを抑制できる

さらに体のエネルギー消費を増やし、エネルギーの過剰な蓄積を防ぐことも可能になる

レプチンが視床下部に伝わるのは食事をはじめてからおよそ20~30分後以降なので、
食べるのが早いとレプチンが十分に伝わらない

過去の研究で、ボランティアにカスタードクリームとチョコレートの2種類のクッキーを好きなだけ食べてもらう実験を行ったところ、「味見のテストです」と伝えて、良く味わって食べてもらうと、
食べる量が減るという結果を得られた

「食欲を抑え、食べ過ぎを防ぐために、とにかく食事に時間をかけ、良く味わい、良く噛んで食べると効果的です」と、マクドナルド氏は指摘している







私は食事に1時間かけますが、爽を2つも食べてるからか、むしろ太っていきます( ;∀;)

このページのトップヘ