けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2016年03月

[   HM   ]の画像(プリ画像)

ダブルで明るい不登校なウチの長男次男

学校に行ってないからか、宿題というか勉強というか、学習はするものの、イマイチ出来ないことが多いです

もちろん私の教え方が悪いかもですし、本人が嫌々やっているからかもですし、学習障害かもしれません

なので、ひとつずつ原因を潰していかなければならないのですが、学習障害かどうかのチェックとして、
本人がどんな見え方をしているかなどの検査をしたいと思っています

・・・が、やはり本人が学習に対して前向きじゃない為、どんなに困り感があっても検査なんて受けようとしません

みんなはどうやってるのか教えてほしい宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

青菜類を毎日食べると緑内障を予防できる?
 
ホウレンソウやキャベツ、コマツナなどの青菜類を毎日食べると、
緑内障リスクが最大で20%以上も低減するという研究が発表された


米国のハーバード大学医学部とブリガム アンド ウイメンズ病院などの研究チームは、
看護師や医療従事者を対象とした研究に参加した約10万5,000人のデータを分析

25~28年間の追跡調査から青菜類の摂取量と緑内障の発症リスクとの関係を調べた


 
対象者はいずれも40歳以上で、調査開始時点で緑内障はなく、2年ごとに眼の検査を実施した

追跡期間中に約1,500人が緑内障を発症した


その結果、青菜類をもっとも多く食べていたグループ(1日に約1.5カップ)では、
もっともく少なかったグループ(1日に約0.3カップ)に比べ、緑内障リスクが20~30%低減していた


なぜ青菜類を食べると緑内障の発症リスクが低下するのか?

研究チームは青菜類に「硝酸」が多く含まれていることを指摘している


緑内障の原因のひとつは視神経への血流の障害だ

この血流をコントロールする因子のひとつが「一酸化窒素」

一酸化窒素には血管を拡張し、血流を促進する作用がある


青菜類は一酸化窒素の前駆物質である硝酸が含まれており、多く摂取すると体内の一酸化窒素も増加する


「食事で硝酸を摂取するだけで緑内障を予防できると説明するには限界がありますが、食事では全体のバランスを考えながら、野菜を十分に摂ることが重要であることは明らかです」と、研究者は述べている

no titleの画像(プリ画像)


発達障害者は発達に凸凹があります

その凹の部分を補うとともに凸の部分をしっかり伸ばしてやることが大事です

・・・が、なかなかそう上手くはいきません

凹の部分を補うことの方が本人も支援する側もエネルギーを大量に消費するので、
凸の部分にまわすエネルギーが足らないことが往々にしてあります

また、こだわりが強いことを良い方向に向けてやることで、大人になってから偉業を達成する人も居ますが、
そのこだわりが仕事に生かせるこだわりだと良いのですが・・・なかなかそうは上手くいきません

いやはや・・・発達に凸凹があったりこだわりがあるのだったら、どうせなら激しく凸凹があった方がいいですね

もどかしさに震える宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

早期発見のために40歳を過ぎたら年に1回の検診が必要
 
しかし課題もある

緑内障の特徴として初期の自覚症状が非常に少ないということだ

緑内障を早い段階で見つけるためには、検査を定期的に受ける必要がある


緑内障の初期の段階では、視野の欠損が小さく両目で見ると正常に見える場合が多く、
自分ではなかなか気づかない

「読書がしにくい」「まぶしく感じる」「文字が書きづらい」「うまく歩けない」
といった症状に気付いたときにはかなり進行してケースが多い


こうした障害を感じた場合は、速やかに眼科を受診することが重要だ

特に、発症リスクの高くなる40歳以上の人、緑内障を発症した血縁者がいる人は、
年に1回検査を受けることが勧められている

目の画像(プリ画像)


発達障害といっても程度はピンキリです

知的障害や身体障害を伴っていれば療育手帳をもらえて、支援を受けることが出来るのですが、
ウチの子達のように程度が軽いと療育手帳は発行されません

ですが、軽いからといって学校生活に馴染めるかといえば、そうではありません

事実、ウチの子達は二人とも不登校です

今後の一例として、このまま就職ということになれば就労支援事業所などではなく、
一般就労ということになりますが、正直、健常者に比べて苦労の数や程度は数倍キツいでしょう

何をするにしても苦労はあるでしょうが、特に対人関係などはヘタしたら地獄のような日々になるかもしれません

環境にある私としては、彼らのような、発達障害の中でもグレーゾーンな子達への支援制度ができることを切に願っているのですが・・・まだまだ発達障害に対しての理解が浸透してない世の中のことを考えると、
彼らのもとに支援が届く日は・・・まだまだ遠そうです

切なさと切なさと心切なさを抱えた宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

わずかな異常が分かるOCT検査が普及
 
緑内障の検査は眼圧検査が基本だが、眼底検査や視野検査も行われることが多い

診断の現場では近年、「OCT」と呼ばれる新たな検査も広がっている


「OCT」とは近赤外線の光線を眼底へ照射し光の干渉を利用する事で網膜の断面をみる検査

放射線や造影剤を使うことなく光を当てるだけで検査でき、
患者に負担をかけることなく精度の高い像が得られる


OCTによる眼底検査の普及により緑内障の診断率は大きく向上した

わずかな網膜の異常が分かるので、病気を早期に発見でき、治療の経過も容易に分かる

緑内障のほか「黄斑浮腫」「加齢黄斑変性」「黄斑円孔」などの病気の検査にも用いられる


緑内障の治療は進歩しており、点眼薬による治療も選択肢が増え、
より眼圧レベルをより低く保つことが可能になっている

緑内障手術も進歩しており、
日本緑内障学会は「早期診断された緑内障が高度視機能障害をきたす確率は大幅に低下」としている

#19 ☞の画像(プリ画像)

爪を切ることが異様なほど恐怖を感じる次男

おそらくいつもの感覚過敏だと思います

これまでは、エエ加減に伸びたら切っていたのですが、今回は切るまでになかなか踏み切れずにいました

おかげで爪が指先から測って1センチまで伸びてしまい、付けヅメした人並みになってました

今回はタイミングの悪いことに、爪が長いことで敵を攻撃する武器になるという、
少年にとってカッコイイものだという意識が芽生えたことで、さらに切る気持ちを萎えさせてました

とはいえ、さすがに伸ばし続けて良い事はないので、伸ばすことで起こる不都合が起こって、
本人が「こりゃさすがに切らなきゃ」と思うまで待つことにしました

すると昨日夜、親指の爪が割れ目が入ったようで「このままじゃ変な割れ方をして、とっても痛くなる」と感じた次男は「爪切って」と言ってきました

でもこのやり方は最悪「爪が剥がれる」恐れもあったので、他にいい方法があったら教えてほしい宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

20人に1人が緑内障 9割が気付いていない
 
日本緑内障学会が岐阜県多治見市の40歳以上の住民約3,000人を対象に行った大規模な研究「多治見スタディ」では、5%が緑内障と診断された

つまり40歳以上の日本人には、20人に1人の割合で緑内障の患者がいることになる

うち9割は緑内障とは気付いておらず、治療を受けていなかった

全国の患者数は約400万人と推定され、高齢化で今後も増加が予想される

緑内障は主に眼球の内側から外側にかかる圧力である「眼圧」の影響で起こる

眼圧は目の中の水分である房水の量で調節されており、房水は角膜の隅にある出口(隅角)から流れ出ていき、常に一定の眼圧がかかる仕組みになっている


 
しかし、隅角が詰まったり閉じたりすると、房水が流れにくくなり、眼圧が上がって、
視神経の出口(視神経乳頭)が圧迫され、その状態が続くと視神経が障害されて視野が欠けていく

糖尿病の合併症としてまず挙げられるのは糖尿病網膜症だが、もうひとつ怖い合併症として緑内障がある

糖尿病網膜症が悪化し、新しい血管が目の虹彩や隅角に生じ、房水の流れをふさぎ、
眼圧が上昇して起こるのが「新生血管緑内障」だ

視野や視力の低下や失明を防ぐために、糖尿病網膜症と緑内障を早い段階でみつけ、
適切な治療を行うことが重要だ

青汁 グリーンジュース スムージー 緑茶 健康 美容 朝食 野菜 サラダ 大麦若葉 ケール 明日葉 便秘 抹茶 緑茶 お茶

今日は長男の誕生日です♪

産まれてから今まで色々あったけど、こんな私が13歳の子供をもつなんて実感が湧きませんが、
これからもヨロシクな!

この先、人生で数々の決断をしなけりゃいけないことがあるけど、
とにかく後悔しない決断を選択していけよ!

その言葉は子供に言うより自分に言った方がいいと思った宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

コレステロールを低減し、内臓脂肪を減らす効果もある
東京慈恵会医科大学附属病院栄養部(監修)
 
米国では「コレステロール低減作用があり、心疾患予防の効果がある」とし、
大麦のβグルカンを一定量含む加工食品に対して健康強調表示が認められている

麦ごはんを食べる習慣は日本では江戸時代に定着したとみられている

明治時代に流行した「脚気」(かっけ)の原因は、糖質代謝に不可欠なビタミンB1の不足

海軍軍医であった高木兼寛が海軍兵の食事にビタミンB群を豊富に含む大麦を取り入れ、
脚気患者を減らすのに成功した

それ以降、大麦の栄養価の高さは実証されているが、1970年代以降、
食の欧米化が進むにつれて大麦の摂取量は激減した

戦後すぐの統計では年間100万トンだった消費量が、今では年間2万トンにまで減っている

大妻女子大学名誉教授の池上幸江氏らの研究では、大麦が食後血糖値の上昇を防ぐことが確かめられた

朝食に精白米だけを食べた人の血糖値は食後45分まで上昇し続けたのに対し、
大麦ごはんを食べた人の血糖値は緩やかな上昇を示した

研究では、主食として大麦を50%含む麦ごはん(βグルカン3.5g含有)を1日2食、12週間毎日食べると、
総コレステロールと悪玉のLDLコレステロールが低下し、内臓脂肪も減り、
ウエスト周囲径が減少することが明らかになった

精白米のみを食べたグループでは内臓脂肪面積はほとんど変わらなかった

東京慈恵会医科大学附属病院栄養部は、
大麦をとりいれたレシピを紹介した書籍「慈恵大学病院のおいしい大麦レシピ」を監修した

同病院は、創始者の高木兼寛が麦飯で難病であった脚気を予防して以来、
病院の昼食に麦飯を取り入れるなど、大麦との深い関わりを持ち続けている

このページのトップヘ