けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2016年05月

check チェック 確認 サイン sign 赤い チェック項目 チェックリスト れ点 必要 重要 大事 大切 作業 ビジネス 予定 スケジュール 手帳 カレンダー 管理 チェックイン 調べる 調べもの 印

先日もブログったのですが、子供達はゲームのこととなると自分から行動したりルールを守ったりしますよね

今日も今日とてアプリゲームの時間指定イベントが朝からあって、それをやる為に二人とも早起きしてきました

・・・なんだかなぁ・・・

でも、つまり本人達がやりたいことや、やると心に決めたことについてはキチンとやり遂げることの証明です

同じように生活リズムや勉強・宿題であったり、彼らが人生をかけて熱中できるものを探すことなどにその力を向けることができれば・・・いいんですけどねぇ・・・それが出来たら苦労しないんだろうな~

親と呼ばれる立場に居るすべてのおける共通の悩みを見つけた気がした宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

9 糖尿病教室に参加する

 
糖尿病療養を支援する糖尿病教室は各地で開催されています

糖尿病について分からなかったことを理解する良い機会になります

あなたがいる近辺で開催される糖尿病教室について、医療スタッフに聞いてみましょう

糖尿病の患者会も各地にあるので積極的に利用しましょう

糖尿病の治療に取り組む仲間同士の語らいや情報交換から、治療の助けとなる情報を入手できます

チェックリスト ペン ぺーパー 紙 面接 アンケート リスト ビジネス 就活 リクルート 営業 スケジュール 文房具 チェック 確認 事務 仕事 ボールペン イメージ イエス ノー 選択 選ぶ 解答 正解 回答 赤 丸 英語

ポケモン映画の前売り券を買うと、水と火の相反する属性を持つ最強ポケモン「ボルケニオン」が手に入るらしく、子供に頼まれてセブンイレブンに買いに行きました

ボルケニオンをゲットするにはプレゼントコードというものをゲーム機に入力しなければならないのですが・・・
そういうことに関しては子供達も分からないことに対して必死で答えを求めます

・・・その気持ちを勉強に向け・・・とは言いませんが、せめてゲーム以外のものに向けてほしいと切に願う宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

8 心理的なサポートを受ける

 
糖尿病は一度発症すると完治することはなく、治療の中心となるのは患者自身の自己管理(セルフケア)です

患者の主体的な取り組みが必要となりますが、これを実行するために大きな感情的負担が伴います

「糖尿病の治療が一生続くかと思うと憂うつになる」「長い間頑張ってきたが、もう疲れ果ててしまった」という人は少なくありません


こうした感情的負担を抱えた患者が自己管理を継続できるように、心理的なサポートが必要となります

糖尿病を受けとめられず悪戦苦闘している患者が、不満や自分の感情をありのままに受けとめてもらえ、
共感してもらえ、糖尿病を自分自身の病気として受け入れられるよう支援する体制が必要です

慢性疾患をもつ患者の心理的サポートについての専門的な治療も進歩しています

患者が治療に取りかかる動機づけを起こさせることも医療の現場の大きな課題です

チェックリスト チェック リスト 表 一覧表 やること やることリスト TODO ToDo todo ビジネス 仕事 会社 企業 業務 本日 今日 本日の業務 処理 案件 未処理 処理済 処理済み チェック済み 済み 済 完了 備忘録 ノルマ クリア

南海トラフ地震が来る気がするので災害に備えている宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

7 管理栄養士に相談する

 
糖尿病と診断されたその日から、多くの場合で食事の調整をしなければならなくなります

しかし、誤解が多いのですが、糖尿病の食事療法は食べたいものを我慢することことではなく、
食事のカロリーと栄養バランスを適切にコントロールすることです

糖尿病の治療を続けていても、食事を楽しめなくなることは決してありません

そのために管理栄養士のアドバイスが必要です

体重をはかることも大切です

体重の増減が大きい場合は、健康に影響を及ぼす要因が隠れている可能性があります

体重コントロールの目標のある人はウエスト周囲径も測り、得られた値について管理栄養士に相談しましょう

やることリスト スケジュール帳 備忘録 チェックリスト 業務予定 活動予定 日程 プラン 手帳 システム手帳 ピックアップ 項目出し ビジネス 仕事 業務 作業 リストアップ 優先順位 忘れる ビジネスツール 道具 勉強 学習 一日の計画 今日の予定 todo TODO ToDoリスト 背景素材 社会人

よくテレビで「私コレやってみたい」と不意に子供が言ったのでやらせてみたら金メダルを獲った的な話があります

・・・ま、金メダルは別にして、子供達の口から「コレやってみたい」という言葉だけでも聞いてみたいものです

今まで色んな事を勧めたり体験させたりしましたが何一つとして継続してやろうと思えるものが無かったようです

相変わらずゲームやって、上手くいかないと怒って・・・みたいな日常に戻ってしまいます

何とか意味のある不登校な日々にしたいと常々思ってはいるんですが・・・なんとかならんですかねぇ・・・

悩みが尽きない宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

6 腎臓の検査を受ける

 
腎機能が低下していないか、年に1回以上は検査を受けるべきです

血液検査(クレアチニン)と尿検査(微量アルブミン)の2種類があります

クレアチニンは、腎臓が正常にはたらいていれば、尿として体外に排泄されます

つまり血液中のクレアチニンが多いということは、腎機能が障害されているということです

アルブミンは糖尿病のごく初期に尿中に少量もれてくるタンパクですが、通常の尿検査では分かりません

糖尿病と診断されている場合は少なくとも年1回、
できれば半年に1回は微量アルブミン尿検査を受けることが大切です

黒板 ブラックボード チョーク チェックリスト チェックボックス 管理 スケジュール 確認 チェックマーク 印 記号 仕事 勉強 リスト やるべきこと 箇条書き 罫線 ライン 直線 文字 説明 学校 幼稚園 子供 幼児 学習 教育 教室 板書 デザイン イメージ


中学校の支援クラスは3クラスあるので、長男のクラスの他にも2クラスあります

その2つのクラスの片方に所属する女の子がいるのですが、ほとんど教室には居なく、
時折物を投げて壊したりしています

詳しくは知らないのですが、おそらく多動性衝動性のADHDの特性がかなりキツく出ているんだと思います

月曜の給食時間、駐車場の車内でメシ喰った私が教室に戻ると、
支援級3クラスが一緒になって一つのクラスで給食を食べている教室の隅にその女の子が居て、
その周りを校長先生以下、
支援クラスの教師やそうじゃない教師まで総勢20人近くの教師が彼女を囲んでいました

その内の数人の教師は彼女が割ったであろう花瓶の片付けをしており、
3人の教師は彼女を追い詰めるように囲んで何やら話していました

校長先生を含めた残りの教師達は少し離れたところからその様子を見ていました

私は多動・衝動性のある生徒にどんな対応をするのか気になり、彼女のそばへ向かった途端、
少し離れたところから見ていた校長先生を始めとした教師達がメッチャ恐ろしい形相で私を睨み付けました

まるで「見るな!」と言わんばかりの態度でした

・・・怪しいっすね~

な~んか怪しいっすね~

私は過去に何度か教育委員会に支援級の担任達の生徒に対する対応について苦言を呈してきたので、
その話はもちろん校長以下、支援級に関わる教師達に伝わっていることと思います

もしかしたら、彼女への対応について教育委員会に私がチクるんじゃないかと危惧したんじゃないでしょうか

多動・衝動性のある人を落ち着かせる為にエスケープゾーンなどに連れていくならまだしも、
多数の教師で囲んでどうすんのさ

結局どんな言葉を彼女にかけていたのか分かりませんでしたが、多数の教師で囲むという光景がすでに間違った対応をしている証拠なんじゃないかと思った宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

5 足をチェックする

 
血糖値のコントロールがうまくできず、糖尿病を悪化させると、合併症が起こり、
障害が進むと足に潰瘍や壊疽が起こりやすくなります

足のチェックを定期的に行い、問題が起きていれば医師や医療スタッフに相談しましょう

足に異常が起きても、早期に発見し治療をすれば、潰瘍や壊疽による切断を防げます

このページのトップヘ