けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2016年06月

静物 背景 余白 影 スナップ 模写 置く 物 物体 デッサン 練習 習作 白い 錠剤 薬 飲み薬 サプリ サプリメント 研究 開発 医療 医薬 薬学 薬剤 理科 実験 臨床 カプセル 風邪 安静

感覚過敏のある人にとって鬱陶しい選挙戦が始まりましたね

投票日に行くのは面倒なので、自分のタイミングで行こうと期日前投票初日の6月23日に行きました

でも立候補者のマニフェストが新聞に載っていたのは一昨日でした

・・・どうせなら期日前投票初日より前に新聞に載せてほしかったです

頼むぜ山陽新聞社さんよ~

立候補の予定は無いのに立候補したい宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

血糖が下がりすぎる低血糖に注意
 
血糖値を下げる作用が効き過ぎ、血糖値が低くなり過ぎることがある

薬をいつも通り使用していても、ふだんと違って食事を抜いたり、食事の量が少なかったり、
運動量が多いときなどに、低血糖は起こりやすい


低血糖になると、まず空腹感、脱力感、冷や汗、震え、動悸などが現れる

血糖値がさらに下がると、頭痛、吐き気、目のかすみ、集中力の低下などが起こる

さらに下がると、意識障害、痙攣などが起こる


米国で実施されたACCORD試験では、2型糖尿病の治療で厳格な血糖コントロールを目指すと、
重い低血糖が増加し、
遷延性意識障害や交感神経系の過度の興奮に続く致死性不明脈が起こるおそれがあることが示された

この教訓を受けて、現在の糖尿病の治療では、重い低血糖を避けながら高血糖を改善し、
血糖変動が小さく保たれた良好な血糖コントロールが目指されている

医療 病院 病気 健康 治療   薬 くすり クスリ 医薬品 処方箋  瓶 ビン 容器 スプーン 液体 水薬 シロップ    飲み薬 内服薬 薬局 ドラッグ 薬物   サプリメント 市販薬 白バック 白背景 スタジオ撮影 アップ

今日も強烈な雨でしたね

長男の中学校付き添いから帰って来た時には超ウルトラスーパーハイパーミラクル土砂降りでした

家に着いて車を停めて長男が急いて家の中に入り、私は外の倉庫で仕事をしていたら土砂降りの中、
長男が倉庫に来て

「仕事終わったら家ん中入るんじゃろ?濡れるからこのタオル使ってや」

と、頭から被れるくらいのタオルを渡してくれました

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

いや、もうホント・・・

ウチの子はサイコーでしょ!

世界一幸せ者な宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

糖の吸収や排泄を調節する薬

SGLT2阻害薬


「SGLT2阻害薬」は、腎臓に作用する薬で、
血液中のブドウ糖を尿の中に多量に排出させることで血糖値を下げる

2014年に登場した薬だが、これまでにない新しい作用をもつ薬として注目されている


「SGLT2阻害薬」を使うと、ブドウ糖を利用できなくなるため、脂肪がエネルギー源として使われ、体重が減る

肥満があり、体重を落としたい人に向いている薬だ


「SGLT2阻害薬」は脱水、血液が産生になってしまうケトアシドーシスなどの副作用が起こることがある

単剤使用では低血糖が起こりにくいが、
「スルホニル尿素(SU)薬」や「インスリン」などと併用した場合に低血糖がおこることがある


α-グルコシダーゼ阻害薬


「α-グルコシダーゼ阻害薬」は、小腸に作用し、
食べたものに含まれる糖質がブドウ糖に分解される速度を遅くする薬

ブドウ糖がゆっくり吸収されるため、食後の急激な血糖値の上昇を抑える


毎食前に飲む必要があり、作用機序から食事時のインクレチンの分泌促進も期待できる

副作用としてお腹の張り(腹部膨張感)があらわれることがある

イメージ 医療 治療 病気 健康 風邪 風邪予防 医療器具 体温計 電子体温計 計測 測る 白色 白バック 熱 健康管理 衛生 衛生用品 予防 インフルエンザ 花粉症 花粉 花粉対策 マスク 水色 医薬品 薬品  薬 くすり 錠剤 飲み薬  水 グラス コップ 風邪 風邪薬


車のタイヤに大穴が開いてしまい、車のことならメサイアオートに頼みました

すると、なんということでしょう!

車のことなら瀬戸内市邑久町山田庄のメサイアオートに預けてたった1日で発注したタイヤを新品交換してくれました!

しかも車のことなら安心・安全・安価で信頼第一のメサイアオートの虫明社長がオイル交換とエレメント交換までしてくれました!

さらに車のことなら岡山県下随一のメサイアオートは車内清掃と洗車もしてくれました!

もうホント、メサイアオート無しじゃけんたくんは生きていけません

メサイアオートがあればゴハン3杯食べれます

みなさんも車のことならメサイアオート!

そんな私は宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

インスリン分泌を促し血糖値を下げる薬
 
インスリンの分泌を促進し血糖を下げる薬には、
「DPP-4阻害薬」「スルホニル尿素(SU)薬」「速効型インスリン分泌促進(グリニド)薬」がある


DPP-4阻害薬

 
「DPP-4阻害薬」は、食後の血糖値が上昇しそうになったときだけ、インスリンの分泌を促進させる

食事をして小腸からブドウ糖が吸収されると、
インクレチンというホルモンが「血糖値が上昇した」というサインを膵臓に送り、インスリン分泌が増える

「DPP-4阻害薬」などのインクレチン関連薬にはその働きを高める作用がある


インクレチン関連薬には飲み薬の「DPP-4阻害薬」と注射薬の「GLP-1受容体作動薬」がある

血糖降下作用がより大きいのはGLP-1受容体作動薬だ


SU薬やビグアナイド薬を使えない高度の腎臓の障害のある患者にも使える薬も出ており、
「DPP-4阻害薬」を利用する患者は増えている


「DPP-4阻害薬」は単剤使用では低血糖が起こりにくいが、
「スルホニル尿素(SU)薬」や「インスリン」などと併用した場合に低血糖がおこることがある

併用する場合はSU薬の容量を減らすなどして調整する必要がある


スルホニル尿素(SU)薬


 「スルホニル尿素(SU)薬」は、膵臓に働きかけて、インスリン分泌を促進させる

血糖値が高くても低くても、同じように働くため、副作用として低血糖を起こすことがある


古くから使われている薬剤で、安全性が確かめられており安価で、
インスリン分泌を刺激する強力な作用を得られるが、低血糖には十分な注意が必要となる


速効型インスリン分泌促進(グリニド)薬

 
「速効型インスリン分泌促進(グリニド)薬」は、すぐに効き、効果がすぐに消える作用時間が短い薬

食後の血糖値が高くなっている人に適している


「スルホニル尿素(SU)薬」「速効型インスリン分泌促進(グリニド)薬」では、低血糖が起こるので、
高齢者は特に慎重に使うべきとされている

薬 錠剤 丸薬 タブレット 錠 薬品 飲み薬 医薬品 メディシン 処方薬 病院 ホスピタル 病気 病魔 疾病 病 患う 患者 治療 治す 診察 サプリメント 健康 ヘルス 予防 効能 効果 飲み方 飲む 処方箋 薬箋 白背景 手 持つ 水 water ウォーター ぬるま湯 白湯 女性 女 10代 20代 30代 girl ガール woman ウーマン 女子 カプセル

子供の児童精神科への通院(と言っても子供は来ない)と自分の心療内科の通院に行き、
終わってから長男の中学校(今日から期末)へ付き添ってきました

が、通院に行っていたので配達が出来ていなく、出来ることなら長男を置いて配達へ行きたいところ・・・

まぁテストだから一人でも大丈夫かな~と思いつつ一緒に車から降りると長男が

「仕事あるんじゃろ?行って来てエエよ。オレ教室行ってくるから」

とのこと

・・・いやはや、子供って短期間で成長するもんですなぁ

というわけで初めてオレの付き添い無しで帰りの会まで終えた長男

オレも負けてられない宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

インスリン抵抗性を改善し血糖値を下げる薬
 
糖尿病の重要な原因のひとつである「インスリン抵抗性」は、インスリンが効きにくくなった状態をさす

過食や運動不足などを続けて肥満になると、糖を筋肉細胞に取り込ませるインスリンの働きが阻害されて、
食後に上がった血糖値が下がりにくくなってしまう


インスリン抵抗性が認められる場合は、これを改善する薬が使われる

このタイプの薬には「ビグアナイド薬」と「チアゾリジン薬」がある


ビグアナイド薬

 
「ビグアナイド薬」は主に肝臓に作用する薬だ

空腹時に肝臓はエネルギーを供給するため、血液中にブドウ糖を放出する

糖尿病のある人では、このブドウ糖の放出が過剰になることがある

これを抑えることで血糖値を下げる効果を得られる


血糖値を上昇させるグルカゴンの分泌を抑制する効果もあることが明らかになった

「糖尿病データマネジメント研究会」の調査によると「ビグアナイド薬」を併用している患者は増えている


「ビグアナイド薬」はインスリン分泌を増やさないので、単剤使用では低血糖はほとんど起こらない

しかし、まれにだが「乳酸アシドーシス」という重い副作用が起こることがある

吐き気や腹痛などの胃腸症状、倦怠感、筋肉痛、過呼吸などの症状が現れる

腎臓や肝臓の機能が低下している場合や、心臓や肺に病気がある患者、高齢者には処方されない


チアゾリジン薬

 
「チアゾリジン薬」は、主に脂肪組織に作用する薬

肥満があると、脂肪組織からインスリンの働きを悪くする物質が分泌される

この薬はこれに働きかけ、脂肪組織の質を変えて、この物質の分泌を抑える

その結果、全身でインスリンが働きやすくなり血糖値が下がる


「チアゾリジン薬」は体液貯留を促し、足などがむくむ副作用が起こることがある

イメージ 医療 医薬品 薬品 治療 病気 薬 くすり 錠剤 飲み薬 健康   風邪 風邪薬  青色 青バック 内服薬 処方箋 カプセル 黄色 オレンジ 白 白色

今日はさすがにクラスメイトは遊びに来ませんでした

やっぱり友人の家に遊びに来て全く相手にされなかったら、そりゃ来ませんわな

何が普通かはハッキリ分かりませんが、友達が遊びに来たら「友達と何をして遊ぶか」を考えたり、
事前に決めていたりしますよね

がしかしウチの子達は昨日、自分のやりたいことだけをやって過ごしていたようです

クラスメイトが「○○やりたい」と言っても、
自分のやりたいことじゃないのでOKするワケでもなく断るワケでもなく・・・
仕舞いには鬱陶しいのか、部屋を出て別の部屋でゲームしていたみたいです

ま、今後どうなるか分かりませんがどんなカタチになろうと見守っていこうと思った宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

第59回日本糖尿病学会年次学術集会
 
糖尿病の治療で使われる経口薬(飲み薬)は7種類に増えた

治療効果を引き出すためにも、安全に治療するためにも、それぞれの薬の効果や副作用について、
知っておく必要がある

糖尿病の経口薬(飲み薬)は7種類に増え、糖尿病の治療は進歩している

全国の糖尿病専門医が参加している「糖尿病データマネジメント研究会」の調査によると、
日本人の2型糖尿病患者のHbA1cは2013年に7%を切り、年々改善している


 
2型糖尿病患者の3分の2以上が経口薬を併用しており、
「DPP-4阻害薬」と多剤を併用するケースが増えている

ただし薬による治療では副作用に十分に注意する必要がある

どのような副作用があるかを患者が事前に知っておけば、
副作用が起きたときに医師や医療スタッフに相談しやすくなる

このページのトップヘ