けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2016年08月




今日で夏休みも終わりですね

長男は夏休みの宿題終わらせました♪

もちろんほとんど習ってない教科の宿題はムリですけど、
それでも英語なんて分からないハズなのにドリル全部終わらせましたから(*^▽^*)

頑張ったな♪

お疲れさま♪

そんな長男の親の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

2型糖尿病患者の80~85%が運動不足


米国糖尿病学会(ADA)が2015年に発表した新しい治療ガイドラインでは、
座らないで立ったまま過ごす時間を1日に1時間30分増やすことを奨励している

多くの人が1日の大部分の時間を座ったまま過ごしている

1日に8~13時間をデスクワーク、パソコンやインターネット、テレビの視聴、
車の運転などの座業中心の生活に費やしている

しかし、体を動かさないで座ったまま過ごすことが、健康に対する重大な障害を引き起こすおそれのあることに、多くの人が気付いていない

ADAは「糖尿病をストップしよう」(Stop Diabetes)というキャンペーンを2010年に開始した

そこでは、2050年までに米国の成人の3人に1人が糖尿病を発症するというショッキングな予測をしている

糖尿病の問題を解決する効果的な手段のひとつは、座業時間が長くなったら、
意識して椅子から立ち上がって体を動かすことだ

昼食時間にはウォーキングをし、手足を伸ばしてストレッチをし、
休憩時間には下の階まで階段を昇降し水を飲み、通勤には車ではなく公共交通を使い、
移動はなるべく徒歩や自転車で行うなど、「1日の座位時間を1時間30分減らす工夫」が必要だ

トロント大学の研究チームは、
座ったまま過ごす時間が長いと糖尿病リスクが2倍に上昇するという研究結果を発表している

運動不足は肥満や2型糖尿病の最大の危険因子だ

英国では、2型糖尿病患者の80~85%が運動不足で、
血糖コントロールの改善を妨げる要因になっているという

運動不足が原因で2型糖尿病を発症する危険性の高い人は500万人に上る

「糖尿病を予防・改善するために、中強度のウォーキングなどの運動を150分行うことが必要で、1日に10分は活発な運動を含めるべきです」と、イエイツ氏はいう

「しかし、運動をする習慣がない人が“今日からウォーキングを始めよう”と考えても、実行するのはなかなか難しいものです。位置情報ゲームを利用すれば、容易に目標となる運動量を満たすことがで可能です」としている

「ポケモン 画像 ...」の画像検索結果


そろそろ始業式ですね

今回は木曜日が始業式なので、
いつもなら木曜日は放課後デイサービスを利用しているので長男も次男も登校してません

しかも放課後デイではマンガ読もうがゲームしようが職員さんと遊ぼうがオールOKなので、
尚更楽しそうに通ってます

そんな中、担任から電話がきて

「せっかく始業式の日なんで、少しだけでも登校できませんかね?」

と言われまして

「その日は放課後デイなのでムリですね」

と答えると

「あ、10時から1時間くらいでいいんですよ。始業式終わってからなんで」

とのことなので

「もし良ければ放課後デイが終わってからでもいいですか?」

と聞くと

「あ~、それでもいいですよ~」

ってことなので

「じゃ、長男に聞いてみます」

・・・ま、学校より放課後デイの方がいいに決まってるわな~・・・と思いつつ長男に聞いてみると




「・・・じゃ、10時から行くわ」

「・・・え?」

「じゃから10時から1時間くらいじゃろ?」

「いや、そうじゃけど・・・放課後デイに行ける時間が1時間減るんで?」

「うん、ええよ」

「・・・お、おう」



どうやらもう長男の中で学校というものは確固たるものになってるようです

感慨深い宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

ウォーキングはもっとも基本的な運動
 
「ポケモンGO」は、スマートフォン向けゲームアプリで、部屋にこもりがちな人々を外に連れ出すことに成功し、
社会現象を起こしている


スマートフォンなどの情報端末は、自らの位置を知らせる位置登録システムが付いているものが多い

「位置情報ゲーム」は、スマートフォンなどの位置登録情報を利用したゲーム

位置登録で得られる位置情報によってゲームを進めていく


「ポケモンGO」をプレーすると、スマートフォンの画面上に地図が表示され、
その地図上にさまざまな情報が表示される

外出しないとスマートフォンに表示されるモンスターを捕まえられない、
ポケストップに行かないとアイテムを獲得できない仕組みになっている


その効果は抜群で、「ポケモンGO」を始めると1日に数kmを歩くようになる

歩けば歩くほど、経験値が上がり、モンスターを多く捕らえられ、レベルを上げるチャンスを得られる


「自宅で過ごすときは、テレビの前の椅子やソファーに座ったままでいるという人が多くいます。ゲームが、立ち上がって外出して、ウォーキングを始めるきっかけになれば、運動療法をサポートする“革新的な解決策”となる可能性があります。ウォーキングはもっとも基本的で気軽に実行できる運動ですが、過小評価されています」と、
英国のレスター大学糖尿病センターのトム イエイツ氏は言う

薬 クスリ くすり カプセル 薬剤師 処方箋 医薬品 サプリメント 医療 錠剤 ヘルスケア メディカル ドラッグ 健康 ケア 治療 粒 服用 回復 内服薬 病院 医院 診療所 薬局 タブレット


今日は児童精神科の受診に行ってきました

んで長男の短期記憶障害について聞きまして

私「宿題する時に、隣りのページで解いた問題をもう忘れてるんですよ。多分黒板の問題をノートに書き写す時にはもう忘れてるってパターンじゃないですか?」

医師「そうですね~」

私「こういう時の対策ってどうすればいいんでしょう?」

医師「答えを見て写しちゃえばいいんですよ。要は宿題をやったという達成感が得られればいいんですから。」

私「・・・そ、そうですか」



いやはや・・・そりゃ達成感は分かりますが、短期記憶の障害があるんだから答え見てもそれを書き写す間に忘れちゃうでしょ!

切なさを抱きつつもブログる宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

薬剤師による介入が心疾患予防を向上
 
心疾患のリスク因子を十分にコントロールできていない人は、
薬剤師の助けを借りることで将来のリスクを低減できる可能性があることが、カナダの研究で示された


今回の研究では、訓練を受けた地域の薬剤師が心筋梗塞と脳卒中リスクが高い人を募集し、
半数には薬剤師との連携による「薬物療法管理」を、残りの半数には通常の治療を行った

その結果、3カ月後では、薬剤師による介入を受けた群は、
通常治療を受けた群に比べて将来の心臓イベントリスクが21%低下した

また、介入群では、試験開始から終了までの3カ月で将来の心疾患の推定リスクが5%以上低下したのに対し、通常治療群ではほとんど変化はみられなかった


アルバータ大学(カナダ)教授のRoss Tsuyuki氏らによるこの研究では、
複数の心疾患リスク因子を保有する患者に対し薬剤師が助言し、必要な薬剤を処方して用量の調節を行った

心血管疾患は、米国のみならず世界中で死亡原因の首位を占めており、
このような介入が公衆衛生に大きなベネフィットをもたらす可能性があると、同氏らは結論づけている


付随論説を執筆した米ハーバード大学医学部(ボストン)のLarry Weinrauch氏は、「この研究は、とくに多剤併用を要する高リスク患者に対する医療供給の問題点を浮き彫りにした。こうした高リスク患者を抽出し、よりよい医療を届けるシステムの構築が必要であり、ここでは医療を提供するのが誰であるかは重要ではない」と指摘している


Tsuyuki氏は、変化を起こすには「政治的決定」が必要だが、
薬剤師の人数や疾患にかかるコストを考慮すれば、
この医療モデルは米国にとって有益であるとの見解を述べている

米国では、薬剤師は医師とは異なり、
医療の「提供者」とはみなされないため医療費を直接請求することはできないが、
本研究が行われたカナダのアルバータ州では、
薬剤師が薬歴調査や通院に対する医療保険の償還を受けることができる


今回の研究では、56カ所の地域の薬局で723人の患者を登録した

3カ月後には、介入群では、高血圧患者の収縮期血圧値が平均で9.4mmHg有意に低下し、また、
糖尿病患者のHbA1c平均値は、研究開始時点の8.6%から3カ月後には7.6%へと有意に低下したほか、
HbA1c目標値(7%以下)の達成率も通常治療群(25%)に比べて介入群(42%)で高いこともわかった

さらに、介入群では、通常治療群に比べてLDLコレステロールの目標達成率が有意に高く、
喫煙率も大きく低下した


この研究の限界には追跡期間が短いことが挙げられるが、
高リスク患者に通常治療を提供しつづけることに薬剤師が懸念を示したため、
3カ月後からは対照群の患者にも薬剤師による介入プログラムを案内したと、同氏らは説明している

ネコ ねこ 猫 子猫 子供 動物 ペット 生き物 愛猫 保護猫 野良猫保護 寝る 雑種 眠る 寝る子は育つ 寄りかかる 横になる 寝転ぶ 寝そべる 睡眠

ウチの長男は自転車に乗れません

乗る練習をすればいいんでしょうが、乗れるようになるまでに挫折します

友達が自転車に乗っているから、じゃあ自分も練習して乗れるように・・・とは、ならないようです

ウチの次男は文章を読むのにハンパなく時間が掛かります

おそらく学習障害のせいでしょうが、じゃあ適切な支援をしてくれたら読むよ・・・とは、ならないようです

多分ですが「面倒くさい」んだと思います

そんな努力をするくらいなら今のままでいいというのが彼らの考えだと思うんです

じゃないと、努力するハズですし、何と言っても私が子供の頃に超ド級の面倒くさがりでしたから

よく分かるんですよホント・・・まるで自分の子供の頃をみているように思えるんです

よく「子供の考えてることは何も言わなくても親にはバレてる」というのは、きっとこういうことなんでしょうね

だからって、このままでいいワケないので何とかして努力する人になってほしいんですが良い方法が分からない宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

寝過ぎも寝不足も男性の糖尿病リスクを高める
 
男性では、過眠と睡眠不足のどちらも糖尿病リスクを高めることが、欧州の新しい研究で示された

一方で、女性ではこうした傾向はみられなかったという


「たとえ健康であっても、寝過ぎや睡眠不足は健康に有害でありうる。今回の研究では、健康の鍵を握る“糖代謝”に、睡眠の質がどれほど重要な役割を担っているのかが示された」と、
研究を主導したアムステルダム自由大学医療センター(オランダ)のFemke Rutters氏は述べている


今回の研究では、欧州14カ国の健康な成人800人近く(平均年齢44歳、女性が約6割)を対象に、
睡眠時間とインスリン感受性や膵β細胞機能との関連を検討した

対象者の1日の平均睡眠時間は7.3時間であった


その結果、男性では、睡眠時間が1日7時間と平均レベルであった人に比べて、
睡眠時間が最も長かった群と最も短かった群では、ともにインスリン感受性や膵β細胞機能が低下しており、
これらが糖尿病リスクの上昇につながることがわかった


しかし、女性では逆に、睡眠時間が平均レベルだった人に比べて、睡眠時間が最長あるいは最短だった群では、インスリンへの反応性が高く、膵β細胞機能も高まっていることが判明した

これらの知見から、睡眠障害は、女性では糖尿病リスクを高める要因とはならない可能性が示唆されるという


同氏らによると、この研究は、
睡眠障害が糖尿病リスクに及ぼす影響には性差があることを示した初めてのものだが、
睡眠障害と男性の糖尿病リスク上昇との因果関係を証明したわけではないとしている


社会や生活習慣の変化に伴って、1日の平均睡眠時間は、過去50年間で1.5~2時間短くなっており、
糖尿病の有病率はその間、倍以上に上昇していると、同氏らは指摘している

「表示 画像 無料」の画像検索結果

長男の英語の宿題を一緒にやってました

が、さっき解いた問題と同じ解き方の問題が出題されてるのに、全く解けない長男

マンガやゲームのことはビックリするくらい昔のことも覚えているから、学習障害の症状はない(一概には言えませんが)ハズなのに・・・なぜ?って思いながらも、とりあえず終わらせました

その後私がフロから上がったら、いきなり長男が「短期記憶と長期記憶って知ってる?」と聞いてきました

ん?・・・まさか自分にそういう障害が有ると気付いたのかなと思い、

「知っとるけど、なんか思い当たるフシがあるん?」

と聞くと

「いや、別に」

と沢尻エリカ級のリアクションを返してきました

でもやっぱりその後も宿題に限っては短期記憶障害の特性が出てきてる様子・・・

これも発達の偏りなんでしょうか・・・

それとも、ただ単に勉強が嫌いなだけ・・・(^^;)?

ま、もしもの時のことを考えて「短期記憶障害の特性があるかも」ということを念頭において、
今後も支援していこうと思う宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

消費者からは分かりやすい情報提供を求める声が強い
 
「機能性表示食品」については、消費者からはもっと分かりやすい情報提供を求める声が強い

専門家からは「科学的に信頼できるかを消費者が製品ごとに読みこなすのは困難」という意見も出ている


「消費者市民社会をつくる会」は今回の評価結果について、「機能性表示食品は食品であり、その効果は医薬品に比べて極めてマイルドだ。そのような微弱な効果を的確に評価するのは難しい。そこで、今回の評価の目的を"表示の科学的根拠の程度"とした。具体的には、届出の機能性表示の根拠となる論文が何報あるのかで根拠の程度を判断する方式を採用した」と説明


「必要な時期だけ摂取する医薬品と違い、機能性表示食品は長期間にわたって毎日飲み続けることが多い。ビタミン剤を長期間飲み続けている多数の人たちを疫学調査した結果、長期摂取するとむしろ悪影響がある可能性が示されている。機能性表示食品の安全性についても、将来的には疫学調査などによる詳細な検討が必要」と指摘している


「機能性表示食品制度」は、同会のような消費者庁や事業者以外の意見によって改良されることで、国民の健康維持・増進に真に寄与できるようになる、柔軟性をもった制度だといえる

このページのトップヘ