けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2018年04月

「痩せる 画像 無...」の画像検索結果

女性の痩せ志向は将来に大きなダメージに
 
「日本の女性は先進国でもっとも痩せ傾向が進んでいます。日本の若年女性にみられる大きな特徴は、運動実施率の低迷と二極化です」と、順天堂大学国際教養学部グローバルヘルスサービス領域および順天堂大学大学院代謝内分泌内科学・スポートロジーセンターの田村好史氏は言う
 

田村氏によると、20歳前後の頃の体力で40~50年後の予後や疾患が予測できるという

若年女性では「食べない」「運動をしない」「痩せている」という志向性が目立ち、結果として年齢が進んでからの肥満や2型糖尿病、骨粗鬆症、
寝たきりにつながる骨折につながりかねない
 

痩せた人は肥満者と同等かそれ以上に死亡率や糖尿病の発症率が高いという調査結果がある

詳しく調べると、痩せた女性の38%が耐糖能障害で筋肉量が少ないことが関連している
 

運動不足、低BMIは骨量低下や骨折のリスクであり、
転倒・骨折・関節疾患は女性の介護となる 原因の33%を占める

栄養の充足している場合、少なくとも18歳以前に強度のある運動を行うことが、
骨粗鬆症の発症予防にもっとも効果的だ

P1010512




















え?青色だけで手抜きですって?


いえいえ、滅相もない♪


晴れの国岡山名物の青空ですわ(#^.^#)



健康維持の為には運動も大事、その運動をする時に晴れやかな天気だとモチベーションが上がります

運動は「何をやるか」が重要ですが「どこで」「どんな時に」やるかも重要なんですね



もちろん食事も重要ですので、そちらも気になる方は↓をクリック♪

健康管理食宅配サービスけんたくん岡山店
http://www.kentakun-web.com



今回は「女性のキケンなダイエット」をお届けします


「体力 画像 無料」の画像検索結果


女性の体力が過去最低を記録
 
スポーツ庁は運動実施率の向上について検討するスポーツ審議会の健康スポーツ部会の会合を開き、日本の女性は先進国の中でも運動の実施率が低く、最も痩せている傾向があることが報告された
 

「スポーツの実施状況等に関する世論調査」(2017年)によると、
女性のスポーツ実施率は50.2%で、男性の53.4%よりも低い

40歳代女性はもっともいちばんスポーツ実施率が低く、37.8%にとどまる
 

スポーツ庁の「体力・運動能力調査」によると、
新体力テスト施行後の19年間の合計点の年次推移をみると、
35歳から39歳の女性の体力が過去最低を記録した

一方で、55歳から59歳の女子の体力は向上傾向にある

30歳~40歳の女性は働き盛りで、育児や介護で忙しく、運動離れが進んでいるとみられる
 

P1010511





















今日もお客様宅の不要品を回収してきました

・・・ん~・・・なんだか分からない不要品もありますねぇ(;´・ω・)
中を開けてみないと分別のしようがないんで、処分はそれからですな



ってワケで、よく不要品の回収をお願いされる方の中で事前に分別して頂いている方もおられますが、
もちろんその気持ちはとてもとても嬉しいですが、もし難でしたらこちらで分別するので、
そのままお渡し頂いても構いませんので宜しくお願い致します



相変わらず何屋さんか分からない配食サービスけんたくん岡山店はコチラ♪
http://www.kentakun-web.com


ではブログへm(__)m

グルコース測定器とワイヤレス接続が可能

「予測 画像 無料」の画像検索結果

日本において、推定100万人以上の糖尿病患者がインスリン治療を行っている

インスリンは血糖コントロールに有用な治療薬だが、副作用としての低血糖に注意が必要となる

高血糖、または低血糖になり過ぎないよう管理することは、糖尿病患者にとって極めて困難だ

重症低血糖の場合、意識喪失やけいれんが生じ、重篤の場合は死に至る可能性もある
 

 「スマートガードテクノロジー」は、
患者ごとの症状に合わせて複数の下限値を設定することができ、
糖尿病患者を低血糖から守ることを目指して設計された日本初の技術

これにより、ミニメド640Gシステムは、同社の以前のモデルに比べて、
糖尿病管理における自動化がより強化された
 

さらに、このシステムは、
PHCの自己検査用グルコース測定器「コントアネクスト Link 2.4」とワイヤレス接続が可能だ

精確性の高い血糖測定結果をインスリンポンプに送信することができ、
ボーラスウィザードやセンサの較正の際、患者の手入力によるミスを防ぎ、入力の手間を軽減する
 

「ミニメド 640Gシステム」は、ヨーロッパ、オーストラリア、ラテンアメリカ地域などの諸外国ではすでに発売され、インスリンポンプによる治療を必要とする多くの患者によって使用されている

P1010509




















コンバンワ!
配食サービスけんたくん岡山店の横山です(^^♪

テンション高いっす♪

どうしてかってゆーと、お客様から↑のお土産を頂きまして・・・
なんとまぁ京都の由緒ある伝統銘菓とのこと!

普通、お土産を買う時に「あ、そうそう、配食の人にも買っていこう」とは、ならないですよね


ん、幸せモンです

そんなお土産を買いたくなるようなけんたくん岡山店はコチラ↓
http://www.kentakun-web.com

ほなブログりますわ

「スマートガードテクノロジー」が低血糖管理の新たな選択肢に
 
「ミニメド640Gシステム」(販売名:メドトロニック ミニメド 600 シリーズ、承認番号:22500BZX00369000)は、メドトロニックの独自技術である「スマートガードテクノロジー」を搭載し、
低血糖予防に向けた新しい技術を通じて、
血糖コントロールを改善するよう設計されている
 

「ミニメド 640Gシステム」は、エンライトセンサ1によって持続的にグルコース変動をモニタリングし、
グルコース値が下限値に達する、または近づくと予測されると自動的にインスリン注入を中断し、
グルコース値の回復が確認されるとインスリン注入を再開する日本初のシステムだ
 

低グルコースや高グルコースに至る前に警告(音やバイブレーション)を発信する機能も備えている

また、次に行う操作をナビゲートするユーザインターフェースやフルカラー画面、
防水機能などを備え、患者の糖尿病管理の利便性を高めている
 

東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科の西村理明准教授は「糖尿病管理における大きな課題はインスリン治療により生じてしまう低血糖の回避と、その低血糖からの回復時にリバウンドで起こる高血糖です。しかし、今回の機器の登場は、その様相に変化がもたらされるという意味で、糖尿病デバイス治療におけるひとつの新しい流れとなるでしょう」と述べている
 

西村氏は、「ミニメド 640Gシステム」を車の自動ブレーキ機能にたとえて説明している

同システムは、
センサで測定したグルコース値が下限値に達する前にインスリン注入を中断することにより、
重症低血糖を回避することができるようになる

さらにこの新たな機能は、グルコース値が回復するとインスリン注入を再開するため、
高血糖を回避することも期待できるという

「ジュース 画像 ...」の画像検索結果

野菜や果物をジュースで摂取するのは勧められない
 
「果物や野菜は皮を含めてまるごと食べることが大切です。フルーツジュースなどは食物繊維があまり含まれていない点が気になります」と、研究者は述べている
 

果物や野菜のジュースに含まれるのは果汁のみで、また果汁に含まれる糖質は、
単糖類である果糖(フルクトース)であり、短時間に血糖値を上げやすい

一方、果物や野菜をまるごと食べると、食物繊維が豊富なために、消化吸収のスピードが遅くなり、血糖値の上昇は緩やかになる
 

ニンジン、ホウレンソウ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜と、
キャベツ、レタス、タマネギなどの淡色野菜を約半量ずつ、
これに食物繊維の豊富な根菜、海藻、キノコ類をプラスすれば、
ビタミンやミネラル類、食物繊維などを満遍なく摂れる
 

これを機に、ジュースで一気に流しこんでしまうのではなくて、じっくり甘みを噛みしめながら、
食べる楽しみを味わって、糖尿病から自分を守っていくようにしたい

このページのトップヘ