けんたくん 岡山店

健康管理のヒントが満載!

2020年02月

入院した場合の自己負担が心配
「入院 画像 無料」の画像検索結果 







同センターが「直近の入院時の自己負担費用」について調査したところ、
自己負担費用の平均は20万8,000円となっている

費用の分布をみると「10〜20万円未満」が30.6%、「5〜10万円未満」が25.7%、
「20〜30万円未満」が13.3%、「「30~50万円未満」が11.7%となっている

資金面で苦しい時期に、入院することになると家計には大きな負担となる

民間の医療保険に入っていて良かったと思うのは入院してからだ

病気やケガはいつ起こるかわからない

例えば国民健康保険では医療費の一部負担はしてくれるが、
自己負担分や、差額ベッド代など入院にかかる費用、入院中の収入の保障はしてくれない

入院時に保証してくれる医療保険に加入すれば、保険内容によっても違うが、
病気、ケガによる入院・手術を保障してくれる

どんなことを不安に感じたり心配しているか?
 「不安 画像 無料」の画像検索結果








生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によると、
病気やケガに対して89.6%の人が何らかの不安を感じている

具体的な不安の内容は

「家族に肉体的・精神的負担をかける」(52.3%)
「長期の入院で医療費がかさむ」(51.8%)
「後遺症や障害が残る」(46.3%)
「公的医療保険だけでは不十分」(42.0%)

と続いている
 

病気や事故などによる入院やケガは、当人の負担が増えるだけではなく、金銭的にも影響することが多い

同センターは「生活設計を考えるにあたり、しっかりと考慮しておく必要があります」と指摘している

糖尿病の医療保険がなぜ必要?
「保険 画像 無料」の画像検索結果







国民健康保険や健康保険などの公的な医療保険は、加入者やその家族など(被扶養者)が、
病気やケガの治療のため病院にかかったり、入院や手術をするときに、
公的機関などが医療費の一部負担をしてくれるという制度

日本では、すべての人が公的医療保険に加入することになっており、「国民皆保険制度」と呼ばれる

公的な医療保険では、基本的には70歳未満の医療費(手術代、検査代、薬代)は自己負担3割となっている

また、制度のひとつである「高額療養費制度」により、
入院や手術によって1ヵ月の医療費が高額になっても、
一定額以上は自己負担しなくてもよいことになっている

しかし、病気やケガで医療機関を受診するときに、公的な医療保険だけでは十分ではなく、
「自分が病気や事故にあうこと」「家族が病気や事故にあうこと」などを不安に感じている人は多い

医療費の自己負担分があるので、病気やケガによる経済的な負担は避けられない

民間の医療保険をうまく活用すれば、このような経済的負担にも備えることができる

「マンガン 画像 ...」の画像検索結果












「マンガン」という栄養素をご存知でしょうか あまり聞き慣れないかもしれませんが、骨や関節を丈夫に保ったり、抗酸化作用のある酵素の成分として、
とても大切な栄養素です 今回は「マンガン」についてご紹介します
■マンガンとは
マンガンはミネラルの一種で、老化の原因となる活性酸素を分解する酵素の成分となるほか、
骨や関節の結合組織をつくるのに欠かせない成分です
■マンガンの働き
(1)SOD酵素の成分 スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)という抗酸化作用のある酵素の成分で、細胞膜の酸化を防ぎ、老化を防止します (2)酵素の働きに関与 さまざまな酵素の成分として働いたり、酵素を活性化させたり、また性ホルモンにも関わっています (3)骨の形成を促す カルシウムやリンなどと協力して、骨の形成を促します (4)代謝をサポート 糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変えるときに働く酵素の材料になり、代謝をサポートします
■マンガンはこんな方におすすめ ・細胞の老化を防ぎたい方 ・ストレスを感じやすい方 ・骨や関節を丈夫に保ちたい方
■マンガンの多い食材 全粒穀類(玄米)、豆類、ごま、ナッツ、茶葉 など マンガンは土壌中に存在しているため、植物性食品全般に多く含まれています
また必要量が微量なため、通常の食生活で不足する心配はほとんどありません

1人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策は?

■新型コロナウイルスに感染しないようにするために

(2)ふだんの健康管理

 
ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます


(3)適度な湿度を保つ

 
空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します

乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます


※マスクの効果は?


マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及び、
それらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています

咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう

一方で、予防⽤にマスクを着⽤することは、混み合った場所、
特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、
相当混み合っていない限り、マスクを着⽤することによる効果はあまり認められていません

咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、
手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう

■ ほかの人にうつさないために

<咳エチケット>

 
くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、
次のような咳エチケットを心がけましょう

・マスクを着用します
・ティッシュなどで鼻と口を覆います
・とっさの時は袖や上着の内側でおおいます
・周囲の人からなるべく離れます
 


このページのトップヘ