Good evening
健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山です
今日は、日本の古き良き伝統「七草粥」についてです

~七草粥の由来~

毎年1月7日の朝に一年の無病息災を祈り、七草粥を食べる風習があります
清少納言の「枕草子」にも出てきますが、この習慣は平安時代からあったようです
またお正月のご馳走で、疲れた胃を休めるために七草粥を食べるとの説もあります

~それぞれの特徴と効能~

せり(セリ科)・・・田んぼや小川などの湿地に生えていて、カリウムビタミンAK鉄分
            葉酸が豊富に含まれています
            貧血便秘予防風邪予防に有効です

なずな(アブラナ科)・・畑や土手などの日当たりの良い所に生えています
                別名:ぺんぺんぐさ
                セリと同じようにビタミンが豊富で、止血効果貧血予防に有効です

ごぎょう(キク科)・・・畑や土手などの日当たりの良い所に生えています
              別名:ははこぐさ
              昔は草餅の材料として使われており、痰きりの効果があります

はこべ(ナデシコ科)・・・ハコベラともいい、道端に良く生えていて、小鳥が好んで食べます
                たんぱく質ビタミンBビタミンCが豊富で、昔はよく食べられていました

ほとけのざ(キク科)・・・本当の名前は、コオニタビラコ(ここテストにでるよ♪)
                ホトケノザという同名のシソ科の植物がありますが、
                そちらは食用ではないのでご注意

すずな(アブラナ科)・・(カブ)です
               葉にはビタミンAビタミンKカルシウム葉酸が豊富に含まれています

               消化酵素のジアスターゼを含み、食物繊維も豊富なので、胃腸の働きを助けます

すずしろ(アブラナ科)
・・・大根です
                 ビタミンCと消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれています
                 根に含まれるオキシターゼという酵素は焦げなどに含まれる発がん性物質を分解                                                         
                 する働きがあるので、焼き魚の薬味などに大根おろしが添えられます
                 有害物質を排出する働きもありますので二日酔いにも良いとされています
                 胃腸の働きを助け、咳止め効果毛細血管を強くする働きもあります

駄文・長文、失礼致しましたm(__)m
ここまで読んで下さった貴方ご自身を自分で自分を褒めてあげてください^m^