マツコデラックス
健康管理食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山です
 
今日は

心筋梗塞 ~回復期から慢性期の血行再建療法~

についてブログります

急性期を乗り越えれば回復期から慢性期になるので、冠動脈造影を行って、PCICABGの適応を考えます

一般に3枝(冠動脈の3つの血管)病変ならCABG、それ以下ならPCIが行われますが、
器材や技術の進歩は目覚ましく、患者にとって侵襲の少ないPCIの適応は絶えず拡大しつつあります

また、心室瘤が心不全・不整脈や動脈塞栓の原因となる場合、
外科的に心室瘤を切り取ってしまう心室瘤切除術が行われることがあります

そのほか、心筋梗塞の合併症として弁を支える乳頭筋の断裂で起こった僧帽弁閉鎖不全に対しては、
人工弁置換術中隔穿孔に対しては、その閉鎖術が行われます