こにゃにゃちわ
高齢者食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山です

今日は

心臓弁膜症 ~手術による治療~

です

手術の方法は弁の変化の程度によって選ばれます

弁の変化が軽い場合、壊れた部分だけを修復する弁形成術が行われ、
変化の程度が強いと、壊れた弁を人口の弁に取り換える弁置換術になります

弁狭窄症では、弁形成術の一つとして、弁が十分に開くようにする交連切開術が行われることがありますが、
この交連切開術を手術ではなく心臓カテーテルの技術を応用して行うのが、バルーンによる弁形成術です

この方法はバルーン付カテーテルを弁の位置まで進め、
バルーンを膨らませることによって弁狭窄を取り除こうとするものです

手術に比べ簡単に済みますが、弁の変形の仕方や程度によってはできないこともあり、
弁逆流を生じさせてしまうことがあるなどの問題点もあります

どの治療法を選択するかはこれまでの病状の経過診察の所見
心エコーを始めとする検査結果年齢体力社会的な環境など色々な要素を総合的に判断して決められます