鼻血が出たのでティッシュで詰めて、そろそろ止まったかなと思って詰めたティッシュを抜いたら、
抜いた刺激でまた鼻血が出ました
健康管理食・療養食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

今朝は「糖尿病の人は肝臓がんの発症率が2~3倍に上昇」らしいです

調査は米国に在住しているハワイ系、日系、アフリカ系、ラテンアメリカ系、
コーカソイド系の米国人の合計17万人を対象に、16年追跡して行われた
期間中に約500人が肝臓がんを発症した
 

糖尿病をもっている人では、そうでない人に比べ肝臓がんの発症率がハワイ系で2.33倍、日系で2.02倍
アフリカ系で2.02倍、ラテンアメリカ系で3.3倍、コーカソイド系で2.17倍に上昇することが明らかになった
 

肝がんの多くを占めるのは、肝臓の中の細胞ががんになる「肝細胞がん」だ

まったく正常の肝臓から肝臓がんができることは稀だが、肝炎やアルコールの飲み過ぎ、
生活習慣病など何らかの背景因子のある人は肝臓がんの発症リスクが高くなる
 

最近は肥満やアルコールの飲み過ぎなどが原因となるアルコール性脂肪肝は減少しており、
非アルコール性脂肪肝」が増えているという
 

摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ると、余分なエネルギーはグリコーゲンや中性脂肪につくり替えられ、体に蓄えられる

中性脂肪は内臓脂肪や皮下脂肪に蓄えられるほか、肝臓にも貯蔵される

肝細胞の30%以上に中性脂肪がたまると脂肪肝と診断される
 

「2型糖尿病の人はそうでない人に比べ、脂肪肝の頻度が2倍高いのです。日本人は米国人に比べ肥満が少ないのですが米国で暮らしている日系米国人では脂肪肝が高い頻度でみられます」とセティアワン氏は話す
 

日本人を含むアジア人が欧米式の生活をおくり、内臓脂肪がたまりやすい食事を続けていると、
脂肪肝になりやすいという