結論として、一緒にいて自分が自然で居られる相手がそばにいてくれる方がいいのかなって思います
療養食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

今日は健康な食事世界ランキング」をお送りします
 

「健康な食事」の世界ランキングが発表され、1位はオランダであることが判明した

日本は食料インフラが安定してることが評価されたが、物価が高いことや、糖尿病の増加などが足を引っ張り、米国と並ぶ21位だった

調査を発表したオックスファムは、世界90ヵ国以上で活動するNPO活動団体で、今回の調査では、
食糧農業機構世界保健機関国際労働機関の発表をもとに、125ヵ国の食料事情を解析した
 

1位になったオランダは、食料自給率が高く、インフラが整備され食品の供給体制がしっかりしており、
物価も低い点などが評価され、ランキングの上位は欧州諸国に独占されており、2位以下はフランス、スイス、
ベルギー、デンマーク、スウェーデンとなっており、欧州以外ではオーストラリアが上位に食い込んだ
 

日本は21位にランキングされ、「食料の価格が安定している」「インフラが安定している」「栄養不良が少ない」、「飲料水が健康」、「肥満が少ない」といった点が高く評価されたが、「食品の物価が高い」(52位)、
「食品の種類のバランスが悪い」(31位)、「糖尿病有病率が高い」(16位)などでポイントを落とした
 


健康的な食事をとっている国 トップ10
(1位)オランダ
(2位)フランス
(3位)スイス
(4位)デンマーク
(5位)スウェーデン
(6位)オーストリア
(7位)ベルギー
(8位)アイルランド
(9位)イタリア
(10位)ポルトガル
・・・
(21位)日本


今回のランキングで順位を落としたのは日本、米国、ニュージーランド、ブラジル、カナダなどで、
いずれも「糖尿病が増えている」と「肥満が増えている」という点が共通しており、特にメキシコ、フィジー、
ヨルダン、クウェート、サウジアラビアなどは、糖尿病の増加により大きく順位を落とした
 

オックスファムの事務局長のウィニー ビヤニィマ氏は「農業による食料生産がしっかりしており、供給体制が整備されている国は、食料の生産量が増える傾向があります。そうした国では、食品の多様性が守られており、糖尿病や肥満の増加も抑えられている傾向があります」とコメントしている