↑の肉は食べれません
療養食・病態食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

肉類やチーズを食べ過ぎると死亡率が上昇

チーズバーガーやハンバーグ、ステーキなど、米国人は高タンパク質の食品を大量に食べているが、
そうした食品を食べ過ぎている人では、
死亡率が4倍に上昇することが明らかになったが、
65歳以上の高齢者が動物性食品を食べている場合は、むしろ死亡率は低下するという

研究チームは、米国健康・栄養調査(NHANES III)に参加した6,381人の米国人を対象に調査し、
参加者を50歳以上の中年と、65歳以上の高齢者に分け、平均18年間追跡して調査した結果、
学術誌「セル メタボリズム」に3月4日付けで発表された
 

肉や乳製品などの動物性食品から、1日の総カロリー摂取量の20%以上を摂取していた50歳以上の人では、低タンパク質の食事をとっていた人に比べ、がんや2型糖尿病の発症が増え、死亡率は4倍に上昇したが、 野菜や豆類などの植物性食品からタンパク質をとっていた人では、死亡率の上昇は抑えられていた
 

一方で、65歳以上の高齢者では、に動物性タンパク質を多く摂取していた人の方が死亡率は低く、
全死因による死亡率は28%、がんのよる死亡は60%、それぞれ低下した
 

「肉類やチーズ、牛乳などの動物性食品を大量に食べ、タンパク質を多くとると、がんや2型糖尿病の発症が増えます。今回の研究では、タンパク質の過剰摂取により、死亡率が74%上昇するという結果になりました」と、南カリフォルニア大学長寿研究所のワリテル ロンゴ教授(老年医学)は言う