氷は電子レンジで温めても溶けません
高齢者食・治療食の宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

女性の糖尿病患者は脳卒中を発症しやすい

この研究は、米ペニントン生物医学研究センターのウェンフイ ツァオ氏とガン フゥ氏らによるもので、
欧州糖尿病学会(EASD)が発行する医学誌「
ダイアビトロジア」に発表された

男性の患者に比べ、
女性は脳卒中の発症リスクが高いことは、過去の研究でも指摘されており、
米国では2010年に7万7,109人の女性と5万2,367人の男性が脳卒中が原因で死亡しており、
女性が6割
を占めている

研究結果についてフゥ氏は「糖尿病をもつ女性、特に閉経後や55歳以上の女性は、脳卒中のリスクが高い。良好な血糖コントロールと、関連する要因を積極的に治療することで、脳卒中を予防・治療する必要がある」と、コメントしている
 

高齢の女性で脳卒中が増える要因として、女性ホルモンであるエストロゲンの減少を挙げていて、
「女性の体はエストロゲンによって守られている。特に閉経後の女性ではエストロゲンが急減し、糖尿病のような脳血管疾患リスク因子の攻撃を許してしまう」と解説している
 

研究チームは、「ルイジアナ州立大学病院ベース縦断研究」(LSUHLS)参加した、
脳卒中の危険性の高い2型糖尿病患者3万154人(男性 1万876人、女性 1万9,278人)を対象に調査した
 

平均6.7年の追跡期間中に約2,949例が脳卒中を発症したデータを解析すると、
女性患者ではHbA1c値が高くなると脳卒中の発症率が上昇することが判明し、
HbA1cが6.0~6.9%のグループに比べ、8.0~8.9%のグループで19%、9.0~9.9%のグループで32%、
10%以上のグループで42%、それぞれ脳卒中が増えていた
 

また、55歳以上の女性糖尿病患者では、55歳未満に比べて発症リスクが大幅に高くなっていて、
こうした糖尿病と脳卒中の関連は男性では認められなかった
 
なぜ糖尿病の女性の方が男性より脳卒中を発症しやすいのだろうか?フゥ氏は以下の要因を指摘している

・ 女性の方が男性よりも平均寿命が長いので、脳卒中を罹患する確率が高い
・ 女性の方が血圧や脂質のコントロールが良くない傾向がある
・ 男性の糖尿病患者は心血管疾患の発症リスクが高いので、アスピリンやスタチン、
  降圧薬などで治療
を行う可能性が高い
 

「脳卒中リスクの高い女性患者は、より積極的な糖尿病の治療と、その他のリスク因子の管理を行うことで、脳卒中を減らすことができるだろう」と述べている