熱い男ですが暑い男でもあります
でも配達する食事と人柄は温かい宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

「食後1時間後」と「食後3時間後」では血糖値の下がり方に差が出る

運動すると血液中のブドウ糖が減少、脂質も下がり、インスリン抵抗性改善、インスリンが効き易くなります

運動を行うことで、糖尿病合併症の発症予防、さらに高血圧、高脂血症も改善し、心筋梗塞、
脳血管障害などを引き起こす動脈硬化の予防にもつながります
 

運動療法には急性と慢性のふたつの効果があります

急性効果では、運動し筋肉が働くことにより、筋肉中のブドウ糖や脂肪酸が消費され、それを補うため、
血液中のブドウ糖や脂肪が減ります
 

今回の実証実験では、慶應義塾大学スポーツ医学研究センターの勝川史憲先生に監修いただき、
52歳の2型糖尿病患者「たけさん」に協力してもらいました
 

腕時計型脈拍計をつけてもらい、「食事の1時間前」、「食後1時間後」、
「食後3時間後」の3つの時間帯に運動を行った場合と、運動を行わない場合、合計4通りを測定しました

運動を行う時間帯によって、また行わなかった場合を比べて、
時間の進行にあわせて血糖値の上昇がどのように変わっていくかを測定しました
 

ブドウ糖と脂質の代謝をともにバランスよく改善させるのは、中等レベルの運動、つまり、
ややきつい」と感じる程度の運動です

汗ばみ、運動しながら会話ができるくらいが適切です