先生・・・オレ・・・バスケがしたいです
とは思わないお弁当の宅配サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

治療継続の意欲を失う糖尿病患者は少なくない

糖尿病は一度診断されると、ほとんどの場合は一生の間、医療機関を継続して通院することが必要となる

しかし、2型糖尿病の多くは自覚症状がないため、糖尿病治療への意欲を失う患者が少なくない

また、医療機関に通院していても、さまざまな理由で通院を続けるのを困難に感じている患者もいる
 

早期に糖尿病と診断され、一度医療機関を受診しても、その後通院を中断し、
重症の合併症が起こってから再度受診する場合が多い
 

そこで、厚生労働省の研究班は、糖尿病の治療中断の実態を調べるために調査を進めている

治療中断についての調査は国内外で少なく、全国規模の調査は今回がはじめてではないかとしている
 

研究は、厚生労働科学研究「患者データベースに基づく糖尿病の新規合併症マーカーの探索と均てん化に関する研究―合併症予防と受診中断抑止の視点から」(研究代表者:野田光彦氏)の成果だ