気温が低くなってきたので、今まで履いてなかったソックスを履こうとしたら腹がつかえて履けなかった次男をもつ宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

理想的な睡眠時間 男性7.8時間 女性7.6時間

日本人にとっても気がかりな調査結果がフィンランドから寄せられた

十分な睡眠をとっている人は、仕事の能率が上がり、欠勤も減ることが明らかになった
 

調査に参加したのは、フィンランドの30歳から64歳の男女3,760人

参加者に、睡眠状況について自己申告でアンケートに答えてもらった

また、医師による健康診断を行い、睡眠と健康状態の関連性を調べた
 

その結果、睡眠時間が6時間未満もしくは9時間を超える人たちは、病欠率が高いことが判明した

病欠のリスクがもっとも低かったのは、睡眠時間が男性で7.8時間、女性で7.6時間の人たちだった
 

また寝つきが悪い、夜中に目が覚めてしまう、眠りが浅いといった睡眠障害の症状も、
仕事の病欠に影響する
ことが確認された
 

研究者は、もしも従業員の睡眠問題を解決できたなら、
フィンランドのビジネスに大きな影響があるだろうと予測している

十分な睡眠をとることで、仕事の欠勤による経済的な損失の28%をカットできると計算している