牛窓西小学校の生徒は横断歩道を渡る時、押しボタンを押して青になったら横断歩道を渡り、渡り切った時に、それを待ってくれていた車が居たら、車に向かって一礼をしてくれます

これをやられると、ついこちらも一礼してしまいますし、気分がイライラしてても、かなり和らぎます

何がスゴイって、一礼をしてくれるのが生徒全員なんです

人当りの良さそうな子も大人しそうな子もヤンキー的な子も、みんな一礼してくれるんです

しかも、誰一人として面倒くさがる様子もなく、いい加減な礼をすることもなく、
キチンと運転手を見て腰から体を曲げ、深々と一礼して行くんです

牛窓西小学校の先生達は一体どうやって生徒全員に定着させたんでしょうか

牛窓西小学校の先生達に配食業界トップに定着させてもらいたいお弁当の配達サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

睡眠の質が低いと脳が縮小しやすくなる

睡眠不足が続くと、血圧値や血糖値が上昇しやすくなり、高血圧、糖尿病、
高脂血症などの生活習慣病や心筋梗塞や脳血管障害のリスクが高まる
 

また免疫力を低下させ、インフルエンザなどの感染症や、がんの発症も増えることが知られている
 

これらに加えて、睡眠の質が低い状態が続くと脳が縮小しやすくなるという、気になる研究も発表された
 

研究は、オックスフォード大学によるもので、平均年齢54歳のノルウェーの男女147人が参加し、
研究開始時と平均3.5年後にMRI(磁気共鳴画像)による脳の検査が行われた
 

その結果、睡眠の質が低い人では、推論や計画、記憶、
問題解決に関与する脳の3つの部分に萎縮や変質がみられたという
 

睡眠の質が低い人の脳の縮小は、60歳以上の男性でより強くみられた

過去の研究で、睡眠障害が記憶力低下と脳容積減少に関連することが報告されており、
今回の研究はそれを裏付けるものとなった

「睡眠によって脳の回復と修復が促されます。睡眠をとるということは、"脳の清掃"を行っているようなものです」と、研究者は述べている
 

「質の悪い睡眠がもたらすさまざまな弊害を断ち切るために、睡眠の質を高めるための対策を施すべきです」とアドバイスしている