おはヨーグルト

ウチは配食サービスですが、日常生活の困りごとも無料で承ってます

某お客様の家で

「亡くなったお婆ちゃんが布団が好きでねぇ・・・でももう不要になっちゃったから持って帰ってくれる?」

との要望があったので

まあ布団だけならそんなに場所もとらないし、可燃粗大ゴミの日にでも捨てればいいや

と思って引き受け、毛布と敷布団を持って帰りました

次の週、そのお宅に配達に行くと

「今日はこれだけ持って帰ってちょうだい」

と、掛布団と枕が準備されてました

その次の週、そのお宅に配達に行くと

「今日もこれだけ持って帰ってちょうだい」

と、敷布団2組と掛布団が準備されてました

そのまた次の週、そのお宅に配達に行くと

「今日もなんだけどこれだけ持って帰ってちょうだい」

と、敷布団2組と掛布団と毛布が準備されてました

またまた次の週、そのお宅に配達に行くと

「今日もお願いね」

と、敷布団4組が準備されてました

そして今週配達に行った時

「たくさんありがとうね。最後にこれだけお願い」

と、敷布団3組と掛布団2組と毛布2組が準備されてまし・・・ってどんだけお婆ちゃん布団好きやねん!?

想像を絶する量の布団でしたが、今日が可燃粗大ゴミの日なので捨てに行く予定でしたが、

朝起きるとオカンがけんたくんの仕事場で何かやってました

まさかと思い、声をかけると

「布団捨てといたよ~」

と。

・・・心の底から「ありがとう」という気持ちが言葉になって出てきました

家族はもちろん、身近な人には必ずお世話になっているものですが、
日頃の感謝は感じていてもなかなか言葉にするのは照れ臭いものです

ですが、その一言で相手はとても喜んでくれますし、自分が言われたとしても嬉しいものです

私は

「ありがとう」

という言葉が好きです

老若男女、親と子、友人、仕事仲間、恋人、どんな関係の人同士であっても

「ありがとう」

という言葉だけは言われて不愉快になる人は居ない、言われて嬉しい言葉なんです

もっともっとみんなの「ありがとう」が増えてくれば、世の中も少しは明るくなるんじゃないかなって思います

って言ってる本人も「ありがとう」と伝えるのは正直照れ臭い宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

要点を抑えて上手に楽しむ

年末・年始は「」の誘惑が増す時期です

「この時期だから仕方がない」とあきらめるのではなく、ちょっとした工夫で乗り越え、
年末・年始を楽しみましょう
 
昨年の年末・年始を
チェックしてみましょう
  • 普段よりアルコールを飲む機会が多かった。
  • 1日3食以上の日があった。特に年末。
  • 夜遅くに食べる・飲むことが多かった。
  • 1日2食の日があった。特に年始。
  • ~ながら食い」をすることが多かった。
  • 体重が増えた(何kg?)。
  • 年明けの検査で、血糖値、HbA1cが高くなっていた
  • 風邪を引いた。
  • どんなイベントがあったか、誰とどんな食事をしたか覚えていない

1 昨年の年末・年始を思い出す

  今までと違う1年のスタートにするためにも昨年の様子を振り返りま       
  しょう。右表の項目では何個あてはまりますか?
  今年はあてはまる数が減るように心がけましょう。


2 年末・年始こそ、計画的に!


  食事会や宴会は、「いつ・誰と・どのような会が・何回あるのか」を確         
  認しておきましょう。回数が多かったり、連日になってしまうと血糖コ      
  ントロールが乱れるだけでなく、疲労もたまります。体重チェックも忘    
  れずに。増えてしまった体重は早いうちに手を打って元に戻しましょ
  う。


3 特別な日の食事は記録する

  記録といっても、何を何グラム食べたという食事記録ではありませ
  ん。写真でもメモでも何でもかまいませんから、いつ・どこで・誰と・ 
  何を・どのくらい食べたかを記録し、感想もメモするといいでしょう。ま
  た、血糖自己測定を行なっている方は、食べすぎたなと思ったらチェックをしてみるなど、「食べ過ぎ」を常に
  意識し、その対策を考えましょう。