なんとか乗り切った感があります

宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

野菜・果物を食べると死亡リスクは低下

研究チームは、1980年の「国民健康・栄養調査」に参加した30~79歳の男女9,112人を24年間追跡調査し、
野菜と果物の合計摂取量と、脳卒中と心臓病などの循環器疾患による死亡リスクとの関連を解析した
 

24年間の追跡期間中に、823人が脳卒中や心臓病で死亡したが、性別、年齢、飲酒習慣、喫煙習慣、
食塩や他の食品摂取量などの交絡因子を調整して解析したところ、
野菜・果物の摂取量が多いほど死亡リスクは低下することが明らかになった

参加者を野菜と果物の合計摂取量で4群に分けたところ、
もっとも少ない群(Q1)の摂取量は1日275g(野菜4皿)、2番目に多い群(Q3)は1日486g(野菜5皿と果物1皿)、もっとも多い群(Q4)は1日652g(野菜7~8皿と果物1皿)だった
 

もっとも少ない群(Q1)に比べ、2番目に多い群(Q3)で28%、もっとも多い群(Q4)で26%、
それぞれ循環器疾患の死亡リスクは低下した
 


健康増進を目的に国が推進する「健康日本21」(第2次)では、
「野菜 350g」「果物 100g」を1日の目標摂取量に定めている

Q3の摂取量はこの目標量とほぼ同じだった


野菜料理の1皿分の量はおよそ70g

たとえば「青菜のお浸し」「野菜サラダ」「カボチャの煮物」などの小皿を1日5皿食べると、
350gを満たせるという

また、果物1皿分はリンゴであれば、2分の1個に相当する
 

野菜のみの摂取量で比較したところ、やはり野菜を多く摂取している群では死亡リスクは低下した

1日300g以上の野菜を摂取している群では、最も少ない群(1日170g)と比べて死亡リスクは19%低下した
 

「食塩摂取量を抑えながら、野菜を毎食、果物を1日1回、毎日食べることで、将来の脳卒中や心臓病を予防できる可能性が示されました」と、奥田准教授はアドバイスしている