本屋さんで、えっちぃ本を買うと、中身が他の人に見られないように店員さんが黒い袋に入れてくれます

今日本屋で子供用の少年ジャンプと自分用のカバチとがんぼ~ナニワ悪道編~を買いました

そしたら黒い袋に入れられました

・・・なんで!?

納得のいかない宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

いつまでも若く 瞑想が脳の老化を防ぐとの研究

瞑想は認知症のリスクを低下するのに効果的という調査結果を、
米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームが発表した
 

先進国で1970年代に比べ平均寿命が10年以上長くなったのは良いことだが、
寿命の延長と高齢者の増加は認知症などの脳疾患の増加という新たな問題をもたらした
 

「マインドフルネスを取り入れた瞑想は、加齢にともない増える精神疾患や神経変成疾患といった脳の病気のリスクを減らすのに効果的である可能性があります」とUCLA脳マッピングセンターのフロリアン クルト氏は言う
 

脳には神経線維が集中している「灰白質」と呼ばれる部位がある

高齢者がコンピューター断層撮影(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)といった検査を受けると、
灰白質の異常がみつかることがあり、多くは、部分的に血液が行き渡らなくなる虚血性病変

灰白質の異常が重度になると、脳機能障害や生活能力の低下が引き起こされ、認知症のリスクが高まる
 

「瞑想を習慣として行っている人では、加齢に伴う脳の白質病変の度合いが少ないことは、過去の研究で確かめられています。今回の調査で、瞑想が神経細胞を含む脳の灰白質を保護する可能性が示されました」と、
クルト氏は言う