運転中にかかってきた電話に出る為に使うハンズフリーが嫌いです

詳しく言えば、ハンズフリーを耳に掛ける為のイヤーフックが嫌いです

もっと言えばイヤーフックのついたハンズフリーを販売している会社が嫌いです

なぜなら、イヤーフックはすぐに折れるからです

そして新しいハンズフリーを買うのも勿体ないのでイヤーフックだけ買おうとしても

イヤーフックだけの商品が無いんです

これってズルくね!?

ハンズフリーという唯一無二の商品だからって調子に乗って、
イヤーフックが折れてイヤーフックだけの商品を販売するより、
新しいハンズフリーを買わせた方が儲けになるからイヤーフックだけの商品を販売してないんじゃねーの!?

何そっち都合で商品販売してんの!

消費者側の立場になって考えたら明らかにイヤーフック単品販売するべきでしょ!

運転中の携帯電話使用が道交法違反になる以上、最早ハンズフリーはインフラと言えます

インフラだからって調子に乗って、そういう殿様経営してると後で痛い目にあうぞ!

2016年の家庭への電気小売り自由化で民間企業が相次いで参入してきてアタフタしてるガス・電力会社営利企業の二の舞になっちまうぞ!

確かに利益を追求するのは当たり前だし、それをせずに倒産してしまえば、
商品を販売してお客様の役に立てなくなります

だからって「利益を追求する」ことに比重を置いてるのがあからさまな経営は見るに堪えません

・・・ま、他の会社の文句を言う前に自分のトコのことだけ考えていくことに変わりないので、
正直どうでもいいです

・・・だったら書くなって自分で自分に思った宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

高血圧や糖尿病が脳の白質病変の危険因子

研究チームは、瞑想をする習慣のある50人と、瞑想をしていない50人の脳を調べた

瞑想をしている参加者の平均年齢は51.4歳で、男性28人、女性22人からなり、
瞑想の期間は平均19.8年間だった
 

参加者の脳をMRIを用いて調べたところ、瞑想をしているグループでは瞑想をしていないグループに比べ、
灰白質の減退が少ないことが確認された
 

クルト氏は「白質病変には高血圧や糖尿病などの生活習慣病や、生活スタイル、遺伝的な要因などさまざまな因子が影響しています。今回の研究だけでは、瞑想と灰白質保護の直接的な関連を示すのは不十分です」としながらも、「瞑想が脳の老化に良い影響をもたらすという科学的なエビデンスは増えています。今後の病理学的な解明を期待しています」と述べている