ほっとけよの画像(プリ画像)

さっき長男が階段から落ちました( ゚Д゚)

が、下から2番目の段からだったので無傷で済みました

いや、ほんと一安心です・・・が、落ちる時に階段の飾りの支柱を掴みながら落ちたらしく、
支柱が外れてしまいました

その外れた支柱を元通りにしようとオトンがトンカチを持ってきてガンガンガンガン・・・

いや、普通ならその対応で良いんでしょうけど・・・ウチの次男は音も感覚過敏があるんだってば・・・

雷の音や花火の音にすごく嫌悪感があるの、見たでしょ

感覚過敏があることも伝えてるっしょ

知っててガンガンガンガンやってんの?

ほら~ 次男、耳塞いで「やめてぇー!」つってんじゃん

顔みてごらん

恐怖がこれでもかってくらい現れてんじゃん

「じぃちゃん・・・やめてーー!」

つってんじゃん

「すぐ終わるけえ、ガマンせい」

とか言ってんじゃねーよ

すぐ終わるからとかガマンとか、そーゆー問題じゃねーのよ

・・・ったく・・・早く再婚して嫁と2人で子供達の支援したいよ

・・・とか言いつつ、再婚する方が難しいんじゃ・・・と思う宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

妊娠糖尿病が児の自閉症リスクに
 

妊娠糖尿病の母親から生まれた児では自閉症発症リスクが高まる可能性が、
米国の大規模縦断コホート研究から示された
 

米カイザーパルマネンテ南カリフォルニア病院のAnny Xiang氏らがJAMA4月14日号に報告した研究結果

同氏は「妊娠早期の妊娠糖尿病による児の自閉症発症リスクは、
妊娠糖尿病がない母親から生まれた児に比べて妊娠1,000例当り7例多かった
」と説明している
 

検討では、1995~2009年に同院で生まれた32万人強の米国人小児を約5.5年間追跡し、
3,388人が自閉症と診断されていることを確認した
 

分析の結果、妊娠26週までに母親が妊娠糖尿病を発症していた児の場合、そうでない母親の児に比べ、
何らかの程度の自閉症を発症する率が42%高い
ことが分かった
 

母親の年齢、教育レベル、体重など影響を与えうる他の因子を調整後もリスク上昇は存続した
 

妊娠前に2型糖尿病と診断されていることと児の自閉症発症リスク上昇は関連していなかった

この理由についてXiang 氏は、
2型糖尿病の母親では血糖コントロールがより良好である可能性があると推察している
 

同研究は観察研究であって、妊娠糖尿病と自閉症の直接の因果関係を証明するものではない

この関連の背後にある機序もはっきりしないが、
Xiang 氏は、
妊娠糖尿病における高血糖状態が胎児にとって極めて重要な時期に脳の発達を阻害しているのではとして、「これから母親になる女性は、妊娠早期に血糖検査を受けるべきだ」と助言している
 

米国疾病管理予防センター(CDC)によると、米国では68人に1人の児が自閉症を発症している

自閉症の児は一般に、他人との関わりや会話に問題を持つことが多い
 

米コーエン小児医療センター(ニューヨーク州)のAndrew Adesman氏は、この研究に参加しない立場から、
結果の解釈に注意を促している
 

「妊娠初期あるいは中期における妊娠糖尿病と児の自閉症スペクトラム障害リスク上昇の関連が示唆されるが、それが本当だとしても、実際のリスクはかなり小さい。多くの研究者が自閉症の危険因子特定に努めているが、実に多様な因子が関わっているというのが実際のところだ」と同氏
 

米国産科婦人科学会のガイドラインでは、妊娠女性は通常24~28週で妊娠糖尿病の検査を受けるが、
過体重や妊娠糖尿病の既往といった危険因子がある場合には、
最初の妊婦健診時など早期のスクリーニングを考慮すべきとされている
 

なお、Xiang 氏らは、妊娠糖尿病の母親から出生した児について、
早期に自閉症スクリーニングを実施することも妥当だとしているが、Adesman 氏は、
「そうした勧告は時期尚早。両親はどんな懸念についてもかかりつけの小児科医と常に情報を分かち合うべきだ」と述べている