no titleの画像(プリ画像)

シンデレラは王子様と幸せに暮らしました

・・・これはシンデレラのラストシーンです

本編はこれで終わりですが・・・もし、この話にもう1ページだけ続きがあるとしたら・・・

あなたならどんな続きを想像しますか?

一旦読むのを止めて、深く考えずに想像してみて下さい









考えましたか?









ホントに考えてますか?










一旦読むのを止めて考えるのが面倒だからって、めっちゃスクロールさせてませんか?









・・・そろそろ読者様が怒りそうなので、この辺にしときます

ところで人間には「成功回避傾向」というものがあるのをご存知ですか?

心理学で定義されているものなのですが、人は大きな成功を手に入れることが出来そうな時、

「こんなに成功したら誰かに嫉妬されて嫌がらせに遭うんじゃないだろうか」
「成功し過ぎて、今後悪いことがたくさん起こるんじゃないだろうか」
「自分なんかがこんな成功を手に入れていいのだろうか」

と考えてしまい、目の前の成功をわざと手に入れないようにしたり、成功から逃げようとしたり、
むしろ失敗することを望んだりする傾向があるんです

この傾向が自分にどれくらいあるかは、先ほどのシンデレラの続きの想像から分かるんです

答えは概ね3つに分かれると思います

①シンデレラはその後、王子の家庭内暴力に遭って心も体もボロボロ、
  財産もすべてギャンブルに使ってしまい、最終的に覚醒剤に手を出し、廃人となりました

・・・のように、その後不幸になってしまうと想像したアナタ

あなたは「成功回避傾向」がかなり高いと思われます

転落する人生を想像したことから、無意識的に成功を避ける傾向があることが予想されます

「オレは・・・私は・・・本当は成功したいんだ!」と日頃から思うよう心掛けることをオススメします

②シンデレラはその後も順調に結婚生活を過ごし、愛する王子との間に子供もでき、
  平和な国で幸せに過ごしました

・・・のように、その後も変わりなかったと想像したアナタ

あなたは「成功回避傾向」が高くもなく低くもないと思われます

順調な人生を想像したことから、無意識的に安定を求める傾向があると予想されます

それはそれで素晴らしいことなのですが、たまには思い切って行動するのも良いんじゃないでしょうか

③シンデレラはその後、政治・外交・貿易・経済の活性化などの才に目覚め、国の発展に大いに貢献した結果、
  国は世界一の経済大国となり、何不自由なく楽しい生涯を過ごしました

・・・のように、その後大成功を収めたと想像したアナタ

あなたは「成功回避傾向」がかなり低いと思われます

結婚という順調な幸せの後に大成功すると想像したことから、
目の前の成功を臆することなく手に入れようとするタイプです

基本的に問題はないのですが、時には周りをみて、近しい人達から憎まれない様に調和を図るのも大切です

一度切りの人生、せっかくだから目の前にある成功は確実にゲットしたいものですね

成功回避傾向は自分の心掛け次第で高くも低くもなるので、成功回避傾向が高い人もあきらめないで下さい

ちなみに①は私の想像した答えでした

・・・超絶切なくなった宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

ダイエット飲料を利用していても安心はできない
 
ダイエット飲料を飲む人は、低カロリーの食品を利用することで摂取カロリーを多く減らした気になって、
かえって高カロリーの食品を食べてしまう傾向がある
ことが、米国のイリノイ大学の調査で明らかになった

研究チームが2万2,513人の米国成人男女のデータを解析した結果、ダイエット飲料をよく飲む人は、糖分、
塩分、脂質、コレステロールを多く含む不健康な嗜好食品を食べ過ぎている傾向があることが明らかになった

イリノイ大学のルオペン アン教授(運動生理学・地域医療学)らは、
米国健康・栄養調査(NHANES)の20年分のデータを解析した

調査の参加者は2回にわたり、その日に摂取した食品全てについて記録した

米農務省の食品データベースでは、主要な食品カテゴリーに収まらない、
身体を維持する為に必須でない食品は嗜好食品として分類されている

嗜好食品は661品目あり、クッキーやアイスクリーム、チョコレート、ケーキ類、フライド・ポテトのような、
高カロリーで栄養価の低いもの
が含まれている

調査に参加した90%以上が、この嗜好食品を1日1回以上摂取しており、
その平均摂取カロリーは1日482kcal
だった

また、参加者が報告した飲料は次の5つのタイプに分類された

ダイエット飲料、加糖飲料、コーヒー、紅茶、アルコール

参加者の97%が5つの種類の飲料のどれかを1日に1回以上摂取しており、41%は2種類以上を、
25%以上が3種類以上をそれぞれ摂取していた

摂取カロリーがもっとも多い飲料はアルコールで、1日の平均384kcalを摂取していた

次いで加糖飲料の226kcal、コーヒー108kcal、ダイエット飲料69kcalの順に多かった