足 脚 女性 パーツ 靴下 冷え性 モコモコ ふわもこ 冬 寒さ 冷え 暖か 白バック コピースペース


ちょい前に放課後デイサービスの管理者さんとお話する機会がありました

その時に知ったことなんですが、学校の特別支援学級の担任教師は、
元々は通常学級の教師で、支援学級の担任に着任するに当たっての特別な教育や研修は受けてないそうです

・・・マジっすか!?

私は初めて知りました・・・

通常級の生徒と違い、特別な支援が必要な生徒達が所属する学級だというにも関わらず、
そんな生徒達の特性についての教育や研修などの義務は一切無く、担任する教師に一切を任せているようです

こんなん会社で言ったら、部署が変わったのに仕事のやり方は前の部署のやり方でやるようなもんですよ

ヘタしたら、通常学級をまとめることのできなかった教師が、
人数が通常学級より少ないという理由だけで特別支援級の担任になることもあるそうです

・・・

・・・・・・特別支援級をまとめることは通常級をまとめることより難しいに決まってんだろ・・・

日本の教育に対してさらに不信感を高めた宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

こうすれば冷え性を改善できる

 
寒さを感じると体内の熱を外に逃がさないように末梢の血管が収縮し、体が緊張状態になり、冷えにつながる

次に、血行が悪いと体内の熱を末端までうまく運べず、手足に冷えを感じるようになる

また、筋肉の量が少ない人は、体内で十分な熱がつくられず、体の芯から冷えを感じるようになる

1 栄養バランスの良い食事

 
体には37度より低い温度の飲食物を摂取すると体熱放散を少なくし体温を上げ、
37度より高い温度の飲食物を摂取すると、皮膚表面の血管を拡張させ体熱放散を増やし、
体温をもとに戻す仕組みが備わっている

こうした体温の恒常性を保つメカニズムを良好に維持するために、栄養バランスの良い食事が必要だ

体を冷やす食品を控え、体を温める食品を積極的にとると冷え性を解消できるという考え方があるが、
実際には冷えをすぐに解消できる食品はない

例えば体を温める食材として知られるトウガラシは、
その主成分である力プサイシンが体温を上げる作用をもつ

しかし、トウガラシを含むカレーなどを食べて一時的に体温が上昇しても、発汗により体温を下がってしまう

また、身体を温めるといわれているショウガは、成分にジンゲロールを多く含み温感を高め血流を増加させるが、その働きは一時的なもので大量に摂取しても冷え性は改善しない

特定の食品にこだわらず食事全体の栄養バランスを整えることが、冷え性を解消するために効果的だ

例えば野菜や果物は葉・茎・皮など丸ごと食べると、その食材がもつ栄養素を無駄なくとれる

ただし、冷たい食品や飲料を大量にとると、
内臓が冷やされ一時的に胃腸障害が起きることがあるので気を付けよう