no titleの画像(プリ画像)


コンバンワ!全般性不安障害の横山貴光です♪

日頃から不安や焦り、社会恐怖や対人恐怖に広場恐怖を少しずつ持ち合わせている私ですので、
寝ている時以外は落ち着いていません

おかげさまで人一倍の精神的・肉体的疲れに襲われますので睡眠時間をしっかりとることが大事です

慢性の副鼻腔炎も持ってるので、体が弱ってくると鼻水が副鼻腔に溜まらずノドに直接おりてきて、
吐き気に襲われますので寝不足になると次の日は何も出来なくなります

こんな私のクセに一人で年中無休で働いていますので、そろそろ何とかしないと最悪の事態に陥りそうです

・・・どうしよっかな~

再婚しよっかな(^^)

・・・って相手がいねーや(´;ω;`)ウッ…

愛しさと切なさと心弱さに打ちひしがれている宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

糖尿病をもつ子供は成長に伴い療養行動も習得していく


糖尿病とともに生きる女性を支援する研究を行う「糖尿病と女性のライフサポート研究会」(代表:田中佳代・久留米大学医学部看護学科母性看護学准教授)は、
子どもたちのこころとからだと糖尿病のある生活」を公開しました


幼児期や小児期に1型糖尿病を発症した場合、家族は、非常に大きなストレスを受けます

特に母親の負担はとても大きいものになるかもしれません


食事の量や注射、血糖測定、低血糖や高血糖への対応など、ひとりで抱えきれないときに、
母親が自分のせいだと責めてしまうこともあるでしょう

しかし決してそんなことはありません

ますばご両親が糖尿病の正しい知識を持つことが大切です


父親や祖父母そしてお友達の母親、幼稚園の先生など私たちの周囲にはたくさん支えてくださる方がいます

協力してもらいましょう


幼稚園や保育所にも通えます

可能であれば幼稚園の先生や保育所の先生に病院に来てもらい、
治療の対応について話す時間を作ってもらいましょう