目の画像(プリ画像)


発達障害といっても程度はピンキリです

知的障害や身体障害を伴っていれば療育手帳をもらえて、支援を受けることが出来るのですが、
ウチの子達のように程度が軽いと療育手帳は発行されません

ですが、軽いからといって学校生活に馴染めるかといえば、そうではありません

事実、ウチの子達は二人とも不登校です

今後の一例として、このまま就職ということになれば就労支援事業所などではなく、
一般就労ということになりますが、正直、健常者に比べて苦労の数や程度は数倍キツいでしょう

何をするにしても苦労はあるでしょうが、特に対人関係などはヘタしたら地獄のような日々になるかもしれません

環境にある私としては、彼らのような、発達障害の中でもグレーゾーンな子達への支援制度ができることを切に願っているのですが・・・まだまだ発達障害に対しての理解が浸透してない世の中のことを考えると、
彼らのもとに支援が届く日は・・・まだまだ遠そうです

切なさと切なさと心切なさを抱えた宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

わずかな異常が分かるOCT検査が普及
 
緑内障の検査は眼圧検査が基本だが、眼底検査や視野検査も行われることが多い

診断の現場では近年、「OCT」と呼ばれる新たな検査も広がっている


「OCT」とは近赤外線の光線を眼底へ照射し光の干渉を利用する事で網膜の断面をみる検査

放射線や造影剤を使うことなく光を当てるだけで検査でき、
患者に負担をかけることなく精度の高い像が得られる


OCTによる眼底検査の普及により緑内障の診断率は大きく向上した

わずかな網膜の異常が分かるので、病気を早期に発見でき、治療の経過も容易に分かる

緑内障のほか「黄斑浮腫」「加齢黄斑変性」「黄斑円孔」などの病気の検査にも用いられる


緑内障の治療は進歩しており、点眼薬による治療も選択肢が増え、
より眼圧レベルをより低く保つことが可能になっている

緑内障手術も進歩しており、
日本緑内障学会は「早期診断された緑内障が高度視機能障害をきたす確率は大幅に低下」としている