no titleの画像(プリ画像)


発達障害者は発達に凸凹があります

その凹の部分を補うとともに凸の部分をしっかり伸ばしてやることが大事です

・・・が、なかなかそう上手くはいきません

凹の部分を補うことの方が本人も支援する側もエネルギーを大量に消費するので、
凸の部分にまわすエネルギーが足らないことが往々にしてあります

また、こだわりが強いことを良い方向に向けてやることで、大人になってから偉業を達成する人も居ますが、
そのこだわりが仕事に生かせるこだわりだと良いのですが・・・なかなかそうは上手くいきません

いやはや・・・発達に凸凹があったりこだわりがあるのだったら、どうせなら激しく凸凹があった方がいいですね

もどかしさに震える宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

早期発見のために40歳を過ぎたら年に1回の検診が必要
 
しかし課題もある

緑内障の特徴として初期の自覚症状が非常に少ないということだ

緑内障を早い段階で見つけるためには、検査を定期的に受ける必要がある


緑内障の初期の段階では、視野の欠損が小さく両目で見ると正常に見える場合が多く、
自分ではなかなか気づかない

「読書がしにくい」「まぶしく感じる」「文字が書きづらい」「うまく歩けない」
といった症状に気付いたときにはかなり進行してケースが多い


こうした障害を感じた場合は、速やかに眼科を受診することが重要だ

特に、発症リスクの高くなる40歳以上の人、緑内障を発症した血縁者がいる人は、
年に1回検査を受けることが勧められている