食事 団らん 食卓 朝食 食べる ミルク サンドイッチ サラダ フルーツ 牛乳 コーンフレーク 家族 親子 ファミリー 父 母 お父さん お母さん 子供 こども 子ども 男 女 男性 女性 男の子 小学生 兄弟 オレンジジュース 人物 日本人 食べ物 飲食 家庭 生活 暮らし ライフスタイル mdmk003 mdmk004 mdfk003

ここのところ、脳が全然休んでくれなかったので心療内科の薬を一つ増やしました

せっかく一つ減ったと思ったのに・・・な~

ま、容量は着実に減ってるからヨシとせねば

リラックスしようと思っても脳がしてくれないから精神障害なんだよな~

おかげで常に頭痛に悩まされてるので、仕事とフロとメシ以外の時間は寝てなきゃ体がもたない宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

「食事バランスガイド」は食事を振り返るためのツール

 
「何を」「どれだけ」食べたらよいかをコマのイラストで示した「食事バランスガイド」は、
2005年に厚生労働省と農林水産省が合同で策定した

食事のバランスが悪くなると倒れてしまうこと、コマは回転(運動)することでバランスが確保できることから、
食事と運動の両方が大切であるというメッセージが込められている

「食事バランスガイド」では毎日の食事を「主食」「副菜」「主菜」「牛乳」「乳製品」「果物」の5つの料理グループに区分し、区分ごとに「つ(SV)」という単位を用いて1日の目安を示している

これは「1つ」「2つ」と数えやすい「つ」と、
1回あたりに提供される食事の標準的な量である「サービング(SV)」という単位が組み合わされたもの

まずは大雑把にとらえて各料理区分の「つ(SV)」を覚えてもらい、
1日の食事のバランスを振り返るためのツールとして日常生活に取り入れ活用してもらうことを狙っている

主食はごはん・パン・麺などで、副菜は野菜・いも・海藻・きのこを主材料とする料理、主菜は魚・肉・卵・大豆・
大豆製品を主材料とする料理をさす

成人(高齢者を除いた身体活動レベルがふつう以上の成人女性や身体活動レベルが低い成人男性)の場合、
コマのイラストにあるように主食は5~7つ(SV)、副菜は5~6つ(SV)、主菜は3~5つ(SV)、
牛乳・乳製品2つ(SV)、果物2つ(SV)が1日の目安になる(エネルギー摂取量は2200±200kcalに相当する)

各料理区分の「つ(SV)」の量的な基準は、主材料の栄養素量や重量にもとづいている

主食であればごはん小盛(100g)、食パン1枚は「1つ(SV)」、ごはん中盛(150g)は「1.5こ(SV)」、
麺類は「2つ(SV)」のように、誰にでもわかりやすい量になるように決められている

野菜・いも・海藻・きのこを主材料とする副菜であれば、小鉢1個分が「1つ(SV)」となる

肉・魚・卵・大豆製品の料理である主菜は、卵であれば1個分使った料理が1つ(SV)、
魚料理は標準的な1人前が2つ(SV)、肉料理は1人前が3つ(SV)となる

なお食事の「どれだけ」の目安は人によって異なるので、
対象の特性(性別・年齢)や身体活動レベルによって3段階に分けられている

各料理区分の詳細な説明などは、厚生労働省の「食事バランスガイド」のホームページで確認できる