寝ても寝ても寝ても寝ても疲れが取れない宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

高血糖、脂質異常症、高血圧
リスクがあると「骨格筋のインスリン抵抗性」が亢進
 
その結果、BMIが23~25で心血管代謝リスク因子をもっていない人は、
正常群と同等のインスリン感受性だったが、
心血管代謝リスク因子を1つでももっていると骨格筋のインスリン抵抗性を認め、
そのレベルは肥満MS群と同等だった

一方、肝臓でのインスリン抵抗性には、そのような関係は認められなかった


これらの結果により、太っていなくても心血管代謝リスクを合併している人では、
骨格筋インスリン抵抗性が病態として重要である可能性が明らかになった


また、どのような因子が骨格筋のインスリン抵抗性と関連しているかを調査したところ、「内臓脂肪の多さ」や、「血中アディポネクチン濃度の低下」「体力のなさ」「日常的な活動量の少なさ」「脂肪摂取量の増加」などが関係していることが分かった

これらは肥満の人にも当てはまることだ


さらに、「脂肪肝」に至るほどではないが肝臓に脂肪が蓄積された状態や、
正常範囲内であっても肝機能検査の値が上昇した状態でも、
骨格筋のインスリン抵抗性が起こりやすいことが明らかになったという