白バック 白背景 外国人 女性 女 ブロンド 金髪 美容 ビューティー エステ リラクゼーション スキンケア マッサージ パック 美肌 ボディパーツ フェイス キレイ 綺麗 美しい 憧れ オレンジ 柑橘系 柑橘類 みかん 隠れる 隠す 脇 デコルテ 持つ 挟む 谷間 バスト 顔 mdff116

冬休み真っただ中ですね

日頃は生徒達が学校の終わる午後3時からしかゲームをしてはいけないというルールの横山家

休みの日はそれが適用されないので、心置きなくゲーム出来る子供達

平日は朝起きるのが遅いのに休日は朝6時くらいから起きている時もあります

・・・ま、そんなもんでしょうね(^^;)

宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

脂質異常症や非アルコール性肝機能異常症のリスクも低下
 
農研機構果樹研究所は、浜松医科大学健康社会医学講座、
浜松市(旧三ヶ日町)と合同で2003年度から継続して栄養疫学調査「三ヶ日町研究」を実施

この研究では、温州ミカンに多く含まれるβ-クリプトキサンチンや緑黄色野菜に多いβ-カロテン、
葉物野菜に多いルテインなどのカロテノイド色素とさまざまな健康指標との関連を調査している


研究チームは、調査開始から10年間で追跡調査が完了した910人について、
β-クリプトキサンチンをはじめとする血中カロテノイド値と2型糖尿病などの生活習慣病の発症リスクとの関連について縦断的に解析した


まず、調査開始時にすでに2型糖尿病を発症していた被験者を除いて、血中β-クリプトキサンチン濃度について、低いグループから高いグループまでの3グループに分け、各グループの2型糖尿病の発症率を調査

その結果、血中β-クリプトキサンチンが高濃度のグループにおける2型糖尿病の発症リスク(ハザード比)は、
低濃度のグループを1.0とした場合0.43となり、有意に低い結果となった


また同様に、血中β-クリプトキサンチンが高濃度のグループにおける脂質異常症の発症リスクは、
低濃度のグループを1.0とした場合0.66となり、有意に低い結果となった


さらに、血中β-クリプトキサンチンが高濃度のグループにおける非アルコール性肝機能異常症の発症リスクは、低濃度のグループを1.0とした場合0.51となり、有意に低い結果となった

どの関連も、喫煙・運動習慣や総摂取カロリー、
アルコール摂取量などの影響を取り除いても統計的に有意だったという


つまり、温州ミカンに含まれるβ-クリプトキサンチンを摂取することで、
2型糖尿病などの生活習慣病の発症リスクを抑える効果を得られることが明らかになった


カリウムやビタミンC、β-カロテンの豊富な温州ミカンは、
風邪の予防や疲労回復など多くの健康効果があることが知られているが、
またひとつミカンを食べる楽しみが増えた