太る ダイエット 男性 ビジネス 会社員 スーツ 中年 お腹 ボディ 脂肪 カロリー 晩酌 お酒 運動 病気 ヘルスケア


今日は瀬戸内市教育委員会へ行ってきました

用件はもちろん、保護者の言う事なんて聞く耳持たない教師への指導願いです

何度か教師とやり合った内容は絶対忘れないようにケイタイのメモ機能に残していたので、
それを元に分かり易いよう話す順番をまとめて、一言一句漏らさず伝えてきました

なんなら今度からボイスレコーダーを学校に持って行って、やり合いになったら録音してやろうと思います


・・・いやはや、しかし気合入れ過ぎたのか、おかげで今日はかなりの疲労を感じます


疲れた~・・・と思ってたら学校から電話が・・・

なんだろうと電話に出たら




担任、別の学校に行くってよ




もう何年も今の学校に居たから、あまりにも長く居すぎたんでしょう

さすがに異動になったそうです



・・・ん、今日の疲れ・・・意味ねーじゃん!!!(*ノωノ)

宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

「小胞体ストレス」がインスリン抵抗性を引き起こす

食生活の欧米化にともない、肥満をともなう糖尿病患者が増加しており、大きな社会問題となっている

肥満になるとインスリンの効きが悪くなる「インスリン抵抗性」が生じ血糖値が上昇する

「インスリン抵抗性」は糖尿病のみならず、メタボリックシンドロームの基盤病態としても重要だ


研究グループは今回、肥満した脂肪細胞では「CHOP」と呼ばれるタンパク質が増加することを発見

「CHOP」は、
細胞内でタンパク質合成などが過剰な状況で起こる「小胞体ストレス」において劇的に増加するタンパク質だ


細胞小器官のひとつである小胞体は、さまざまなタンパク質の合成に関わっている

小胞体の中に役割を終えて不要になったタンパク質や、異常なタンパク質が蓄積すると、機能障害を起こす

これが「小胞体ストレス」だ


「小胞体ストレス」が「インスリン抵抗性」を引き起こす背景として、
炎症を引き起こすマクロファージの作用がある


「インスリン抵抗性」は、肥満状態の脂肪組織に白血球の一種であるマクロファージが入り込み、
炎症を起こすことによって引き起こされることが知られている


マクロファージは、炎症を強める性質をもつ「M1型」と炎症を抑える性質をもつ「M2型」とに大別され、
肥満になると脂肪組織で「M1型」が増加し、肥満時の炎症やインスリン抵抗性の原因となる