人物 女性 外国人 外人 外人女性  外国人女性 20代 30代 黒髪 スタジオ撮影  白バック 白背景 ポーズ 表情 カジュアル キャミソール ズボン ジーパン ジーンズ ボタン チャック とめる とまらない ウエスト 太った ダイエット 肥満 太る お腹  mdff072


発達障害があっても正しい支援次第で何とかなることがたくさんありますよね

でもウチの長男がそうなのですが、正しくない支援であってもムリして頑張ってしまうので、
間違った支援であっても稀に出来ちゃったりするんです

ただ、本人はかなりムリして出来ていることなので、見てくれは支援が成功したように見えますが、
実際は間違ってます

がしかし、支援する側は「支援が正しかった」と思ってしまいます

発達障害児は大人しく優しい子が多いので、自分に対して色々してくれた相手を傷つけると思うと、
本当のことを言えない子が多いように思います

もちろんその間違った支援がいつまでも有効なワケがないので、
また次に同じ場面で同じ支援をされると思うと、気が進まなくなるのは当たり前のことです

なので、支援者は「正しい支援」かどうかを毎回確認していく必要があります

そして、日頃からその子の顔をよく観察していれば、
その子がムリしているかどうかは分かるハズです

・・・ま、親なら分かるくらいですが、そうでないなら難しいんだろうけど・・・ね('◇')ゞ

宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

インスリン抵抗性が引き起こされる機序が明らかに
 
研究グループは、「CHOP」の欠損したマウスでは、肥満により脂肪組織のマクロファージは増えるが、
炎症を抑える「M2型」が多く、インスリン抵抗性や糖尿病になりにくいことを明らかにした


痩せた状態の脂肪細胞はマクロファージの炎症を抑える「M2型」に誘導する「サイトカイン」を分泌するが、
肥満した脂肪細胞ではこの「サイトカイン」の産生・分泌が減少する


「サイトカイン」は、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質で、炎症に関係している

「CHOP」を欠損した脂肪細胞ではこの産生減少が起こりにくいことが明らかになった


このことから、肥満→脂肪細胞の小胞体ストレス→CHOPの増加→Th2サイトカインの減少→脂肪組織M1マクロファージの増加→慢性の脂肪組織炎症→インスリン抵抗性→糖尿病とつながる機序が明らかになった